diary
ダイアリー
日記、がんばって続けてます 日記のバックナンバーはこちら ブログはこちら 

a ・ m ・ a ・ r ・ l ・ i ・ e
a t e l i e r
アマーリエへようこそ  welcome to amarlie getting to know you・・・  + home
+ オーラソーマ英国認定スクール + 13の月の暦 + 個人セッション + ご予約・問合 + プロフィール + 日記
0.0.フナブ・クの日[2月29日(金)] フナブ・クの日

今年は閏(うるう)年・そして今日は4年に一度の閏日です。13の月の暦ではこの日を「フナブ・ク」と言います。

昨日は、13の月の暦では「銀河の月22日」でしたが、今日は「銀河の月23日」ではありません。ツォルキンでも、昨日は「KIN11・青いスペクトルの猿」(←ホゼの誕生日だね)の日でしたが、今日は「KIN12・黄色い水晶の人」ではありません。どこにも属さない日なのです。
ホゼによると、今日のお昼までに生まれた人は前日のKINとし、午後以降に生まれた人は翌日のKINとするという、とても大胆な(笑)決め方をしています。28日×13ヶ月というリズミカルな13の月の暦の中にこの日の存在を認めないと。

しかし毎年じゃないにしても、この日はこの日で4年に一度正確にやってくるわけですから、ある意味これもまたリズミカルだとも言えますよね。

フナブ・クとは、宇宙の中心であり創造主であり源(ソース)である存在?のことを言います。そしてフナブ・クは、毎回必ず「銀河の月の22日と23日の間」で起き、また必ず「青い猿と黄色い人の日の間」で起きます。

テレクトノンでは、毎月22日目で戦士の立方体の旅が終わり23日目にボロン・イクと再び出会うのですよね(テレクトノンをご存知の方は、白カメさんと黄色カメさんと緑カメさんが出会う地点です)。そこにフナブ・クがあるなんて、やっぱり時空を越えて繋ぐものってかんじです。

そして、青い猿の「魔術・遊ぶ・幻想」と黄色い人の「自由意志・感化する・知恵」。リコネクションのエリック・パールはコース中に何度も「この未知のエネルギーと子供のように無邪気に遊んでください。」と言っていました。知恵というのは、たくさんのことを知っていることではなく、知らないことに対して恐れや不安がなくただ明晰でいられることから生み出されるものだと思います。フナブ・クへの信頼とその存在をいつも感じていること。子供のように無邪気に遊ぶように向き合うことで初めてそれを知る・感じられるのかもしれません(「子供のように無邪気に」とは、エゴ・偏見・先入観・欲求・期待がないということだと私は思っています)。

さらに今年はKIN11とKIN12の間にフナブ・クがあります。これを11番ボトル(クリア/ピンク)と12番ボトル(クリア/ブルー)と置き換えてみることもできますね。

いやー面白い!ピンクからブルーへの橋渡しなんですね、フナブ・クって!
クリアは、創造主・ありとてあるもの・大いなる存在のすべて・・・と言ってもいいでしょう。そのフナブ・クを通して、私たちの内側にあるふたつの側面(ピンクとブルー)を繋いでいるのですね。ピンクの受容性とブルーの受容性。目の前にあるものをありのままに受容するピンクと、自分という存在を生み出した根源なる創造主を受容(信頼)するブルー。このふたつの受容性が内側で統合されたとき、「私」へという存在が「私」の完全なる形になるのよねー。うーむ。

そんなかんじで思いを巡らせてみるのも楽しいですね。
今日また4本選んだら、3本目に久しぶりに100番の「クリア/ディープマゼンタ」を選んじゃった。今の話に繋がりますねー。クリアの下にあるあらゆる創造の可能性だもんね。数字的にも0.0.に支えられた「1」=「私」だし、なんかフナブ・クっぽくありませんかね?100番って(笑)。ていうか100番としてとらえれば、フナブ・クのことがより分かりやすくなりますね。
銀河の月22日・KIN11青いスペクトルの猿[2月28日(木)]  部屋の管理人

新サロンはユニークな作りになっています。

普通にマンションの1室なんだけど、マンションのエントランスとは別に我が家専用の玄関があるのです。住人以外の人が出入りする部屋だということを考えたときに、専用の外玄関があるのは魅力でした。
そして、玄関には靴を脱ぐスペースがありません(笑)。外国人が住むことも想定しているということで、玄関はタイル貼り・室内も全てコルクタイルになっていて、土足のまま生活できるようになっていました。だからカーペットを貼るのが大変でした〜(そういう作業は好きだけど)。
更にこのお部屋はメゾネットタイプという作りで、1Fの玄関を入ったら階段を上がって、2Fにコース用・セッション用の部屋があるのです。この階段が、普通の階段じゃなくて螺旋階段になっているのです。

初めてこの部屋を内覧させてもらったとき、この螺旋階段にノックアウトされました。「これ、良いーーー」って。

玄関スペースは窓がないのでやや暗めに見えたのですが、螺旋階段の上からぼんやりと2Fからの光が射していて、その光に向かって上がってゆく感じがとても神秘的に思えたのです。「スピリチュアルなことをするスペースに向かって上がっていくには、この感じはぴったりなんじゃないかしら」なんて。
そしてその形状が螺旋だということも大きなポイントでした。
アメリカのインディアンの聖地として有名なセドナにもある「ボルテックス」。ボルテックスとは渦巻きを意味する言葉で、大地からのエネルギーが螺旋状に渦を巻きながら、宇宙に向かって上昇しているポイントのことです。ボルテックス地点は非常に波動が高いと言われていて、そこでは病が治るとか気づきが起きるとか多次元と繋がりやすい等と言われているのです。

私は、最初にこのお部屋の玄関を入って螺旋階段を上がりながら、あたかもボルテックスの中を上昇しているかのような気分になってしまったのです。

それらを含めて、このお部屋にピンときてしまったというわけ(笑)。

段々と、このお部屋ならではのエネルギーが形作られてきているのを、日々ひしひしと感じます。これは来てくださる方たちのおかげでもあります。
こういうふうにしてみんなでスペースを作ってゆくのね。まさにオリーブグリーンの共同創造です。私の役目は、この部屋の住人というよりも管理人かな。住人は来てくれる方たちなんですね〜。私は、住人の方たちが暮らしやすいようにエネルギーを調整したり整えたりする感じ。
銀河の月21日・KIN10白い惑星の犬[2月27日(水)] リコネクティブヒーリングとロイヤルブルーの考察

昨日は赤い月の日でした。どうも私は赤い月の日は感受性が強まるっぽいのよね〜。だから急に産土神社へ行ったのかしら。


今日はリコネクティブヒーリングデーとでも呼んでよいくらい、リコネご予約のお客様が多い日でした。

リコネクティブヒーリングのエネルギーが、オーラソーマボトルの0番・ロイヤルブルー/ディープマゼンタと繋がるっていうのが、最近やっていてなんとなく分かる気がしてきました。
セッション中に第三の目(ロイヤルブルー)のあたりがムズムズするという人がとても多いんです。私自身もセッションしていて第三の目あたりに手をかざしていることは多いです。あの辺ってやっぱりエネルギーが渦巻いてる感じなんですよね。鳴門の渦のように。

もしリコネクティブヒーリングのエネルギーがここを活性化するのだとしたら、それは私たち人間が持っている潜在能力みたいなものを開くことに繋がるのでしょう。もともと私たちはその能力を持っていたのに文明の発達に反比例してそれを使わなくなり、使わなくなったのでどんどん退化してしまったのかもしれません。だとすればやはりそれは「再結合」なのでしょう。「再び繋がる」なんですね。ここを通して私たちは「宇宙の知性」とでも呼ぶものと繋がれます。
リコネクティブヒーリングをここまでやってみての私の個人的な感想ですが。

でももっと言えば、それは第三の目というよりも後頭部のあたりに存在するというコーサルチャクラを活性化する感じがするんですよね。

思えば去年の夏ギリシャへ行く前に、あるチャネリングできる方(生徒さんでもある)に、今回の旅に良いクリスタルのブレスレットを作ってもらいました。そしたら以外!なことにカイヤナイトのブレスレットになったんです。
そのときは分からなかったけど後で調べたら、カイヤナイトはコーサルチャクラを活性化する作用があるそうで、確かにギリシャから戻って私はパンドラの箱(としか表現できない)が開き、怒涛のエネルギーに導かれてリコネクションを受けるという一連の流れがあったのです(この辺の話はその時期の日記にさんざん書いているので省略)。
カイヤナイトはアトランティスでよく使われていたクリスタルでもあるそうで、アトランティアンである私にすればなじみの石でもあるし、確かにギリシャのエネルギーはアトランティスを思い出させるものがありました。ギリシャというかエーゲ海だな。ギリシャ本土は全然違ったから。

あああ、エーゲ海、また行きたいな〜。アトランティスの思い出に浸りたい。何万年も前のことだけど昨日のことのように思い出します。
ね、メキシコのことはついぞ思い出さないのだけど、なんででしょうね?
銀河の月20日・KIN9赤い太陽の月[2月26日(火)] 産土神社はへその緒だ

今日は夜しか仕事がなかったので、先日行って大感激した産土神社に、今回の引越しの報告と無事再オープンできたことのお礼を言いに行ってきました。
でもやっぱり・・・産土神社サイコーーー!

前回は快晴でしたが今日は曇っていました。
私の産土神社は山の中腹にあり、竹薮の中の古びた木の階段を延々と登ってようやくたどり着きます。
鬱蒼と生い茂る竹薮の中の道だから、前回の快晴時でも木漏れ日くらいしか光は届かないのです・・・が、今日その階段を登っているとき、やけに前方が明るいのです。私の常に2,3M先くらいに懐中電灯でも照らされているかのような明るい空間があって、歩みとともにその光も前方に移動してゆくのです。なんだか誰かが私のゆく道を照らしてくれているよう。
あまりにも不思議で何度も目をこすりましたが、それでもやっぱりその光はあるんです。

それは神社の中でも変わりませんでした。曇り空で自分の影も見えないのに、目の前の景色はセピア色の柔らかい光に包まれているのです。太陽の光なら上からくるんでしょうけど、その光はなんというか空間そのものが光っているみたいでした。

夕べ使った55番のキリストボトル(むしろいつも以上にすぐ眠れました、笑)と、その他に今使っている94番のミカエルと74番の勝利のボトルを持っていったので、灯篭の上に並べてみたりしました。そして私は何を思ったか、キリストのオイルをシェイクしキャップを開けて、そのまま地面にぽたぽたと撒き始めました。なんだかそれがすごく良い感じで、あっという間に全部撒いちゃった。
そのとき!さらにパーっとその場が光り輝き始めたのですー!まさに「光(クリア)を地上に降ろす(レッド)」瞬間を目撃してしまいました。すごいすごい!打ち上げ花火を間近で見るよりもすごかったよー!

それからホーリーグレイルのクイントエッセンスを、誰もいないのを良いことに思いっきり大きく手を動かしながら使いました。これまたものすご〜く気持ちよかった〜。ニューサロンとこの産土神社とデヴオーラとあと一箇所(これは秘密)をペールオリーヴの光で繋ぎました。
あとで思ったけど、こういうのをグリッドワークというのかもしれませんね。グリッドワークはミカエルのお仕事だと言いますが、この2ヶ月ミカエルを使い続けている私もいつの間にかそんなお仕事をしていたのかもしれません。

今日感じたのは、(キリストを使ったせいか)産土神社を通して自分は全てと繋がり広がってゆくんだなということでした。大地に根を下ろすことができる場所。
産土神社は、私にとっての「へその緒」みたいなものかもしれません。
この地上で生きるために必要なものがそこを通じて運ばれる。そして私たちは、そこから運ばれてきたものによって作られているのです。
私たちが生まれたときにへその緒は切られますが、この産土との緒は繋がり続けていて、今までもこれからも生きるために必要な栄養や知恵や愛を運び続けてくれているのかも知れません。

・・・と書いていて、産土神社ってオレンジのエネルギーな感じがしてきました。今日の産土行きは昨日急に思い立ったのですが、そういえば昨日の3本目にオレンジ選んでるし。
・・・あー、そうなるとメキシコに行く前後でやはりオレンジを使っていた理由が分かってきたぞー。あーーーーー分かったぞーーーーー!
すみません。書きながら気づきがあったので、リアルタイムで興奮しております(笑)。

自分の産土神社がどこかを知りたい方は、2月6日の日記にそれを見てくれる井上さんのメルアドを載せていますので、アポとってみてくださいませ。
銀河の月19日・KIN8黄色い銀河の星[2月25日(月)] イエローの花束

引越し以来なんとなくボトルを選ぶ気にならなかったんだけど、今日ついに?ボトルを選んでみました。その順番は・・・

3番(これはいつもどおり)→55番(おー!)→26番(おー!)→74番(あ〜そういうことね〜納得)

引越し直前まで使っていたのは74番。でも実際に引っ越してからパタリと手が止まってしまって、使う気にならなかったんです。今日のボトルを見ていて、どうしても55番が使いたくなってしまったので、今から使うわ〜(レッドのボトルは寝る前は使わない方がよいと言うけど、かまうもんか、笑)。

真ん中の2本を眺めていて心に浮かんだのは、「今の私って、まさに「今・この瞬間」を生きてるんだなー」ということでした。
たしかに引越しが決まってからは、今日のことを考えるので手いっぱいですし、今日に全精力を注いでいる感じです。でもそれってすごく良いことです。

さらにボトルから感じたのは「今が踏ん張りどころで、ここで学ぶべきことをちゃんと学べたら、この先何があっても乗り切っていけるくらいの力と知恵を得られるよ」ということでした。

何かを学習するときに集中力ってすごく大事だと思います。例えば試験勉強だってだらだらと2時間やるより、集中して20分やる方が絶対に身につきます。

今の私は確かに毎日とても密度の濃い時間を過ごさせてもらっています。この貴重な時を、ただなんとなく過ごしても時は過ぎるけど、集中して(目覚めた意識で)過ごす方が、たくさんのものを得ることができて良いに決まってます。だから「今・この瞬間」なんだと思います。

オレンジの26番はメキシコ旅行前後にも使っていたけど、あのときは少々痛い感じがありました。でも今回のオレンジは全然違います!とてもポジティブでやる気満々で伸び盛りな感じです。「生きるって最高ー」に見えます。過去の苦しみも未来の不安も今・この瞬間の中でしか癒せないのです。
あ、なんか今、アトランティスとマルデクと12本のDNAとオーラソーマのオレンジコーラルが繋がっちゃった!なるほどね〜(ひとりで納得)。

そして4本目の74番(ペールイエロー/ペールグリーン)が何故納得かというと、それはサロンオープン以来いただくお花の色と関係しているのです。

今サロンの中にはイエローのお花がたくさん飾ってあります。何故かみんなイエローばかりくれるのよ。面白いですね。
74番の下層のグリーンはスペース。そして上層のイエローはみんながくれるお花の色。みんながこのサロンに何を期待してくれているのかが、なんとなく分かったように思います。そして私はそれに応えたいです。その表れが4本目の74番なのかなと思ったらすごーく納得できたのです。

そして74番をシェイクしてできるペールオリーブが、まさに私が新しいサロンのテーマにしようと決めた色でもあるし。
「自分が自分らしく在りながら、同時に周りと調和して、みんな仲良く楽しく生きる方法はあるのよ」
銀河の月18日・KIN7青い共振の手[2月24日(日)] 神楽坂のヴィッキーズガーデン

新しいサロンにはまだなじみきれていません。先日から日記に書いているように、新しい制服はまだ今の自分には大きいのです。
そのせいなのか、最近思うのは「もっと自分を広げないとな」ということです。物理的なこともあるけど、それよりも人としてもっと成長しないと・・・「しないと」というよりも「したい」ですね。もっと成長して、このサロンに相応しい人間になりたい。
更に言えば、成長しているのは私だけじゃなくて、ここに集まってくれる生徒さん・クライアントさんたちもそうなんです。みんなで大きくなっている(笑)。ようし、こうなったらこのままジャンジャン育っちゃおうぜ!

なぁんてことを考えていたら、周りに対する感謝の気持ちがうわ〜っと沸いてきて、今日の夜サロンでひとり涙してしまいました。

昨日から新サロン初のコースも始まり、珍しく緊張していました。更に昨日今日は朝から夜遅くまで仕事づくしで、今日の夜のお客様が帰ったときに緊張の糸がぷつりと切れたようです。
ここのところあまりにも忙しくて疲れたな。なかなか思うようにいかないところもあって焦るな。自信を失いそうだな。不安だな。孤独だな。辛いな・・・と同時に、みんなからの笑顔や励ましやお祝いや喜びや期待がうれし過ぎて、いろんな感情がまぜこぜになってグッときてしまったようです。

緊張と不安が(特に仕事に関して)あるとき、私はいつもヴィッキー・ウォールの伝記本を読みます。もう何度読み返したか分かりません。あの本全体から伝わるヴィッキーの人となりや愛情に触れると、本当に癒されるのよね〜。やっぱりヴィッキーってすごいな。
私はヴィッキーとヴィッキーを通してもたらされたオーラソーマがホントに大好きです。世界中にたくさんの人がいれどもヴィッキーに目をつけたなんて、大いなる意志とやらもなかなかやるじゃん!なんて超ナマイキなことを思うのですよね(笑)。

イギリスのオーラソーマの本拠地・デヴオーラには、ヴィッキーズメモリアルガーデンという小さなお庭があります。そこはいまだかつて世界中私が行った中で一番好きな場所のひとつです。
そのお庭のベンチにひとり座っているとき、確かに私はヴィッキーの声を聞きました。「あなたはあなたのままでいいのよ」。

それ以来、私はアマーリエを「神楽坂のヴィッキーズガーデン」にしたいと思っているのです。

できるかな〜。それにはもっと自分が大きくならないといけないよな〜、ヴィッキーみたいに。
あ、ヴィッキーズガーデンのこと思い出したらまた泣きそうだ。最近涙腺ゆるいんだよね、やっぱり疲れてるワ。
銀河の月16日・KIN5赤い倍音の蛇[2月22日(金)] やっぱりボトルは自然光

なぁんか東京は春めいてきましたね〜。

今日は昼間空き時間があったので、新サロンの産土神社へ報告がてらお参りに行きました。サロンから徒歩5分もかからないのですが、歩きながら見上げるとハート型の雲がたくさん浮かんでいました。
私は、神楽坂にあるいくつかの神社の内そこの神社が一番好きで、時々行っては「新しいサロンはぜひオタクの管轄?に行きたいので、ぜひよろしくお願いいたします」とお参りしていました(笑)。今回願いが叶ったのでお礼を言ってきたのです。
その神社の何が好きかというと、なんとなくのエネルギーみたいなものとしか言えないのですが、高台にあるから遮るものがなくて空が高くて広いところとか、ぽつりぽつりとだけど人が来るから静かだけど寂しい雰囲気がないところとか、日向ぼっこをしているときのような心地良さが常にあるところとか、開放的で受容的なところとか、です。とても優しいエネルギーで、空と大地とその間に在る「私」をひとつにしてくれるところなのです。

お参りしながらペールオリーブの光が広がってゆくのを感じました。いいね〜ペールオリーブ。「ひとりは全てのために・全てはひとりのために」の精神ですね。

昨日からサロンをオープンしました。まだダンボールとか置きっぱなしだけどいつまでも準備してても仕方ないし、始めちゃった方が片づけにも身が入るし、お尻をたたかれないと腰を上げない私にはその方が良いと思い、とりあえずスタートしました。でも綺麗じゃないところをお見せしてしまい、あとまだ部屋の温度の取り方とか明るさとかの段取りが悪くて、昨日今日いらしてくださった方、すみません。でもありがとうございます。

今度のお部屋は窓が広いから部屋に日が入ります(前の部屋の唯一気になった点は日当たりが良くなかったことでした)。昨日ボトルたちをスタンドに並べたとき、感動しちゃいました。やっぱり自然光が入る明るいところで見るボトルはきれーーーーーーーい!

生徒さんたちにはこれを見せたかったのよ〜。「ライトスタンドがないと・・・」なんてことはないのよ。
ビルのテナントなどに入っているお店に飾ってあるボトルがライトスタンドに並べられているのは、ああいう場所では自然光が入らないし、あとはまあたしかに見栄えもするしという理由だと思います。
でも個人的には自然光で見る色の方が好きです。ボトルたちもその方がうれしそうだし。私がライトスタンドの明かりをこまめに消してしまうのは、省エネもありますが(笑)、ボトルたちを蛍光灯の間近にさらしておくのが気の毒だからです。あ、でもこれは私の個人的な考えですから、別にそうしなくちゃいけないということじゃありませんよ、お間違いなく。

あああ、美しい〜見とれる〜ボトルに惚れ直した〜。

※でも直射日光はいけませんよ
銀河の月14日・KIN3青い電気の夜[2月20日(水)] 着替え

2月17日の日記に「幼稚園に入学したときはだぶだぶだった制服が、卒業の頃には着られなくなっているような感じです。そろそろ新しいもっと大きな制服を作らなくちゃいけない時が来たのです。」などと書きました。
私の場合も、以前のサロンが手狭になってきたので、もっと広い場所に移動したのです。
それは、生徒さんが増えてきたりコースが変わったりという物理的・実際的な問題でもありますが、「私」の意識の拡大でもあると感じていたのです。意識的なものと物理的なものってやっぱり連動してるんだなーと、今回の引越しを経験しながら実感していました。

でもそうしたらね、引っ越してからのこの3日間、毎日新サロンにいるうちに強く感じたのは、「ひ、広い。広過ぎる」でした(笑)。
こんなに(私にしてみれば)広い場所にしちゃって、私はそんな器の人間だろうか。それに相応しいだけのことをやれるだろうか。経済的にもやっていけるだろうか等等・・・段々と現実的な不安が生じてきて、今朝からは頭痛と肩こりが発生しています。これはストレスがあるときの私の定番である肉体的な反応パターンです。
慌し過ぎるのもあるでしょう。それにワクワク感だってもちろん今でもありますヨ。でも体は正直です。

しかし!今日、気づいたのです。

考えてみればサー、前の制服がキツくなって新しいのを作り直すときには、やっぱりやや大きめに作りますよね。そうしないとまたすぐキツくなっちゃうから。だから新しい制服を着るときって、いつでも最初は大きくて体にフィットしなくて当たり前なんですよ。
それでも体の成長はいつかはおさまるけど、意識の成長は死ぬまで(死んでも)続きますから、
意識に着せる服はホントは常に作り直していくものなのね。でも家を毎日作り直すわけには行かないから、だから新しいサロンが今の私に広く感じるのは自然なことなんだ、と気づいたのです。

それでも不安はやっぱりあるけど、不安になるのも無理はないと思えた・つまり不安がっている自分を否定しなくなったので、随分気持ちが楽になりました。

家とか服って固体だから変わらないでしょ。それに比べて生き物(人間や人間の意識)は常に変わってゆくから、例えば服がぴったりで最高に着心地が良い時って、ほんとに一瞬しかないんですね。だって毎日服を作り直したりしないもんね。「昨日食べ過ぎて1キロ太ったから今日のための服を作りましょう」なんて、やれたらいいけど。
銀河の月13日・KIN2白い月の風[2月19日(火)] シャンデリア点灯

昨日今日と、いつも以上に早起きの日々。
昨日朝9:00に引越し屋さんが来るということで、8:30には旧サロンに行って(ああ、もう「旧」なんだなぁ)スタンばっていました。今日も、朝8:00に宅急便が届くかもしれないということで、「新」サロンでスタンばっていました(結局来たのは10:30くらいでしたが)。

昨日、新サロンに荷物を運び終わってまずやったのは、家中をセラピスベイのペイントアディティブで水拭きしたことです。天井以外の全て・壁から床から戸棚の中までやりましたねー。でもやってみてホントに浄化(クレンジング)され綺麗になったんですよ。そして光に満ちました。清清しいわぁ。
こうして徐々にこのスペースにオーラソーマのエネルギーがなじんでゆくのね。

そして今日のメインイベントは、シャンデリアの取り付け作業でした。

ベルバラ好きな私にとっては、シャンデリアのある家は憧れでした(貴族的なものが好きなのです)。でも一応身分をわきまえてますから、自分の家がそれに相応しいかどうか位は分かってしまうわけなので、自分の部屋にシャンデリアを飾ったことはありませんでした(涙)。
でも今ってシャンデリアブームだから、ホテルの宴会場のような豪勢なものじゃなくて、もっと普通のお家にもはまるサイズの安価で可愛いシャンデリアがたくさんあるのよね。
そんな中で以前から目をつけていたあるブランドのシャンデリアがありました。でもインテリアって「可愛い」だけの理由で買えるものでもないし・・・だからこの機会に購入し、今日届いてワクワクしながら取り付け開始したのです。「やっと憧れのシャンデリアのあるお部屋に暮らせる(暮らしはしませんが)」。

それは、骨組み部分以外のほとんどのパーツは、自分で取り付けるようになってたんですねー。
ガラスの細工が細い針金でネックレスのように繋がっていて、それを骨組み部分に繋いだりぶらさげたりする作業を、手伝いに来てくれた友人と二人がかりで開始しました。
しかし細工が細かくて予想をはるかに上回る面倒くささ(苦笑)。どのパーツをどこに繋げるだの、落としてガラスを割って悲鳴をあげたりだの、手早く繋ぐコツをつかんだのつかまないだの、学園祭前の学生のようでした。楽しかったー。
そんな感じでわーわー言いながら悪戦苦闘すること約1時間で完成しました〜。

オーラソーマのコースでも毎朝必ずキャンドルに火を灯しますが、そのノリで「さあ、今から点灯式よ」なんて大袈裟にスイッチを入れた瞬間・・・きれー。しばし見とれてしまいました。「お母さん、我が家にもシャンデリアが来たよ」なんて、意味もなく母に感謝してみたりしました(笑)。

・・・でも今日はそれだけで日が暮れてしまった・・・。のんびりしている場合じゃないのに。明日がんばろ。
銀河の月11日・KIN260黄色い宇宙の太陽[2月17日(日)] 最後の日

私はどちらかというと未来より過去の回想に耽る性格です。起きた出来事を、それが良いことであれそうでないことであれ、なかなか忘れられなくていつまでも思い出している方です。
ところが、去年の夏のギリシャ旅行とその後リコネクションを受けたあたりから変わってしまって、過去を全く振り返らなくなってしまいました。未来へ未来へと意識が向いているのです。だからメキシコ旅行のことはもう思い出すことすらしないのです。何故かは分かりません。

今回の引越しでもそうでした。
今のサロンも私は大好きで、もうすぐお別れねと今までなら寂しくなって相当おセンチになるはずなんです。なのに今回それが全然ない!
そんなことを思う暇もないほど慌しかったからかもしれません。でも絶対それだけじゃないと思うのです。寂しいとは思うけど気持ちはすっかり切り替えられていて、後ろ髪を引かれる思いはないのです。

今日の夜遅く、ようやく荷物をまとめ終わってがらんとしたサロンで、初めて少し寂しい気持ちになりました。ここにもう来ないことを実感したのです。そこで部屋の真ん中に大の字に寝転がって、しばし別れを惜しんでいました。スペースとコミュニケーションをとるのですね。

なんかもう優しくてね〜(笑)。ピンクとゴールドの76番なかんじでした。そこに涙はなく笑顔で見送ってくれてるの。卒業してゆく私を、お部屋は笑顔で暖かく見送ってくれるのです。

このお部屋でサロンを始めたとき、私はなんの実績もない・コネもない・お金もない状態でした。でも始めて・・・だから前しか見ていませんでした(後ろを向いたってなんにもないし、笑)。この約4年の間、一生懸命やったな〜、最高に充実していたし最高に楽しかったし最高にたくさんの素敵な出会いがありました。なんか、ここでやれることはやりきった感があるのです。だから涙はないのかも。

幼稚園に入学したときはだぶだぶだった制服が、卒業の頃には着られなくなっているような感じです。そろそろ新しいもっと大きな制服を作らなくちゃいけない時が来たのです。それは寂しいけど嫌なことではないはず。胸はずむ出来事です。

私とお部屋は親友でした(と、今日気がついた)。親友だから卒業してもトモダチだよと、お部屋も言ってくれました。
ありがとう!本当にありがとう!

明日からまた新しいツォルキンが始まりますよ〜。
銀河の月10日・KIN259青い水晶の嵐[2月16日(土)] ツォルキン

明日で260日のツォルキンも周期がひとつ終わりますね。そして明日で現アマーリエもその周期がひとつ終わります。
そして明後日・新たなツォルキンの第1日目にお引越し決行です。さらに2月21日の新オープンの日は、満月と月食がダブルの日です。

これ、偶然なんですよ(まあ、すべては必然なのでしょうが)。

まだ入居審査の結果も出ていない1月中旬くらいから、もし引っ越すなら・・・とスケジュール帳を調べた結果、もうこの日しか予定が空いていなかったんです。ここでやるしかない!決まり!・・・で、この日って何の日?と、ツォルキンとか月齢とかを調べてみたらたまたまそんな日に全てかかっていたというわけです。
私は特に弦を担ぐ方でもありませんが、やはり大事には担いでしまうものなんですかね〜。


そして昨日は私のツォルキンバースデー(白いスペクトルの鏡)でもありました。特になにかがあったわけではありません。いつものように仕事をして終わりました。
しかし!21:00頃帰宅して、いつもならまた事務作業の仕事に入るのですが何故か急に睡魔が襲ってきて、そしてどこかで「眠れ〜」と言われてるようで(笑)、「今日中にやらなきゃいけない仕事があるから、じゃあちょっとだけ寝よう。「検索ちゃん」までには起きよう(結局テレビかよ)」と、ゴハンも食べず一旦ベッドに入りました。そして朝までぐっすりでした〜。

いや〜、でも夢・・・すごかったです。スペクトルじゃなくてスペクタクルでした。寝て正解だったかもしれません(でも仕事が・・・あ、でもこの夢を見たことが仕事なのかも・・・あれ?言い訳?)。

未来世の夢だからあまり詳しくは言いませんが、UFOに乗ってあちこち連れて行ってもらいました。いろんな時間と空間のいろんな場面を見せられ、いろんな可能性を教えてもらいました。それは私個人の未来というよりも人類の未来って感じです。
起きる直前に見ていた場面では、何故かホルストの惑星の「ジュピター」がBGMにかかっていて(平原綾香じゃありません!原曲の方です)、新天地を目指して人々が長い列になって歩いていました。その列の中に私もいるのですが・・・あああ、切ない。ここから先はあまりにも切なくて言えないわ。

これが私のツォルキンバースデーでした。「解放・溶かす・解き放つ・果てしなさ・映し出す・秩序」。

夢はもうひとつの現実だとういうのは本当だと思います。
物理的には、夢の場所と起きたときの場所は全く違います。繋がりはありません。けれど感情的には、起きたときの自分は夢で味わっていた感情がそのまま残っているんですもの。意識の上では、起きたときの自分は夢の続きを生きているんです。

そんなわけで今日は1日中切なかったです。言えないけどあえて言えばエヴァンゲリオン的な切なさでした(あ、またオタクな発言が・・・)。
銀河の月8日・KIN257赤い惑星の地球[2月14日(木)] 前へ前へ

今週になって急に車を運転し始めました。大きな物を買いに行くために必要だからです。

大都会・東京の街中をひとりで車を運転し、車線間を縫うように走り追い抜き(追い抜くのが大好きなんです)、ちょっと路肩に止めて買い物し、大きな荷物(今日は脚立と照明等を購入した)を自分で運び車に乗せドアをバタムと閉め、新居では自分でブレーカーを上げ荷物を片付け、同時にあちこちと打ち合わせをする・・・。もちろん仕事もしてます。

今日はさすがに自分でも「あたしすごいじゃん」と思いました。なんか、なんでも自分のことは自分でできる自立した女って感じで(笑)。
ファーのロングコートを着たまま、脚立を肩に担いで運ぶってなんかいいじゃん!なんて、自画自賛だよこりゃ。
荷物を車に載せて運転席に座ったとき、久々にタバコ吸いたくなりました、もう10年以上吸ってないし吸いたいとも思わないけど、たま〜にあるのね。

なんとなく「ああ、私はこれからもこうしてひとりで生きてゆくのね」なんて感慨に耽ったりしてました。だんなさんがいるのですが(笑)。

それでも今日も失敗もあり。
照明器具をカードで購入したのですが、荷物だけ持ってカードを受け取るのを忘れてしまいました。店員さんが後ろから追いかけてきてくれて良かった〜。
最近このようにいろんな人に迷惑をかけてしまっています。自分のことはなんでも自分ででき・・・ないじゃん〜。何言ってるんだ、私。
銀河の月7日・KIN256黄色い太陽の戦士[2月13日(水)] 佳境

引越し準備も佳境です。
ありがたいことに、以前の生徒さんたちから「最後にもう一度」的なご予約をいただいているおかげで、この時期にしては想定外に昼間のご予約が一杯になっているのです(アマーリエを愛してくれて本当にありがとうございます〜うる)。結果的に作業は夜中になっております。
さらにちょっとした空き時間をぬって役所関係の手続きや不動産屋さん、家具を買いに行ったりと、寒い中を歩き過ぎたのか昨日から持病の坐骨神経痛が出始めました。この数年出てなかったのに久しぶりに出ちゃった。本格的な力仕事はこれからなので、悪化しないようにおしりにカイロを貼らなくちゃ(まだ貼ってないけど)。あとはフィジカルレスキューですね。

昨日今日も、やっぱり小さな間違いを犯してしまいました。

昨日、セッションが終わってクライアントさんがお帰りになるときに、外は雨でとても寒かったのに「今日は暖かいですね〜」と声をかけてしまいました。何を思ったか暖かいと思い込んでいたのです。ブーツを履きかけていたクライアントさんの手が止まり目がパチクリしたのを見て、間違いに気がつきました(恥)。
そして今朝も、引越しに使う荷物の宅配便が届いたときに、パジャマのまま応対しました。それは私としてはいつものことなんですが、今朝はパジャマの上に「かい巻き」をつけたまま出てしまったのですよ。後から気がついてやっぱり恥ずかしかったですぅ。

ところで「かい巻き」ってご存知ですかね?

冬場は、寝るときにどうしても肩が寒いですよね。かい巻きは赤ちゃんがつけるよだれかけ(ケープ)みたいな形をしていて、それをつけたまま寝ることで肩の冷えを防ぐものです。私は特に肩が冷えるのが苦手で、冬はいつもタートル&マフラーな人です。
かい巻きというものがこの世にあることは数年前に義理母に聞いて初めて知りましたが、「こんな優れものがあったとは!」と感動し、それ以来毎冬愛用しているのです。「かい巻き」というネーミングもダサカワでお茶目。
大人がかい巻きを着けた姿はけっこう笑えるのよね〜。でも見られちゃった。


今日とても奇妙なことが発覚しました。人に関わることだから詳しくは言えませんが、何故今の時期にそれが起きるんだ?ってくらい、(決して良いことではないけど)ベストなタイミングなのです。

まだ分からないけどなんなのかしら。
銀河の月5日・KIN254白い共振の魔法使い[2月11日(祝)] 目を覚ませ〜

毎週取っているあるメルマガの今日届いた今週分の冒頭に書いてあった言葉。

「忍耐をもって何かをしているとき、あなたはその時間を無駄にしていません。あせって、落ち着きのない心や体で何かをするとき、あなたは確実に時間を無駄にしています。」

が〜ん。なんてタイムリーなお言葉!

引越しが決まってからのこの1週間あまりにも目まぐるしくて、精神的に焦ってしまっています。そのせいか仕事でミスを連発してしまう始末です。引越しは自分で決めたことだしむしろ喜ばしいことなのに、この数日はワクワクよりもイライラする気持ちが勝ってしまっていて、自分でもいけないと感じていたのです。

今日もコースが終わってから、必要な家具を購入しにとあるお店に行きました。そこでは、家具だけでなくカーテンにも可愛いのがあって、購入しようかどうか迷いました。というのも、先日別のお店で素敵なカーテンを見つけていて、どちらにしようか決められなかったのです。
そこで、お店のスタッフさんに「とりあえずカーテンの見本を写メに撮らせてもらってもいいですか?それを見ながら家でじっくり検討したいのですが」と聞いたら、「いいですよ」と言ってくれたので、写メを撮ろうとしたのですが・・・。携帯をカメラに切り替える方法が思い出せないのです!!その携帯でもう何度も写メを撮っているのに・・・どうしても思い出せない・・・。焦って携帯をいじる私。待つスタッフさん。いじる私。待つスタッフさん・・・そうしているうちに閉店時間になってしまい、スタッフさんに謝りあきらめて撮らずに帰りました。わーーーん(泣)。

帰りに寄ったカフェでもう一度トライしたらあっさりできたよ。なんともとほほな話です。気が散るというか、意識が散漫になってしまっているのがこういうところでも出てしまうんですね。

最近こんなことが多くて「大丈夫か!?私」と、心配になってきていたところだったので、冒頭の文章は良い薬になりました。目を覚ましてくれた感じです。

でもまだ心配。仕事で失敗しないように注意します!
銀河の月4日・KIN253赤い律動の空歩く者[2月10日(日)] 変わった?

昨日からまたコースをやっています(なんかこの1ヶ月コースづくしだな〜)。

なんだけど、なぁんか違うんです。上手くいえないけど、今コースをやっている自分、なぁんか違うんです。いつものティーチャーとしての自分じゃなくて、別人になっちゃったような?かんじ。
もちろん別人じゃないし、いつものようにコースを進めているのですが・・・。自分のエネルギーがよく言えば更にパワーアップしているみたいで。でも良いとか良くないとかじゃないんだよなー。

その妙な感じにくすぐったいような感覚があって、気になったので4本ボトルを選んでみました。それであーと気がつきました。1本目が定番のターコイズじゃなくて、マゼンタに変わっていたのです!
マゼンタは私にとって2本目の定番ではありますが、1本目にはまず選んだことがありません。ただ去年の秋、リコネクティブヒーリングのセミナーを受けたあたりから、1本目が67番のマゼンタ/マゼンタになっちゃったことがありましたっけ。でもそれもしばらくの間のことで、またターコイズに戻っていたんです。

あーでもなんか分かるなぁ。今の自分がマゼンタだって。だからくすぐったいんだ(笑)。いや〜マゼンタな自分ってやっぱ恥ずかしいぃ。


夕べの瞑想中に突如内側から声がしました。「最高の女芸人は誰だ!」。本当の話ですよ〜。けっこうこういうお茶目な声が内側から聞こえてきます(笑)。
で、即座に答えられました。「野沢直子に決まってるじゃん」。

そんなことがあり、今日は1日じゅう野沢直子のことばかり考えていました。
あんなに面白い人いないよな。女なのに体張ってるのは野沢直子だけじゃなくて森三中の大島なんかもそうだけど、野沢直子にはインテリジェンスがあるのよねー。それにあのエッジの利いてるところがいいよねー。
ああ、もっとテレビに出てくれないかな〜。野沢直子、カムバーーーック!
銀河の月3日・KIN252黄色い倍音の人[2月9日(土)] また間違えたー

なんと!またしても、昨日の間違いなんてぶっ飛ばしてしまうほどの重大な間違いを犯してしまいました!

クライアントさんのご予約されたコース内容を間違えたままセッションしてしまいました!

その方も気がつかなかったのか、それとも気がついていたけど言わなかったのか・・・。気がつくよな〜やっぱり。でも言えなかったのかな〜そうだよな〜。ああああああ、こんな間違いは初めてです。ショックです。申し訳ないです・・・。

やはり今私は、新サロンが見つかって浮かれているんでしょうか。小躍りしているのでしょうか。
浮かれてるのは別に悪いことじゃないでしょうが、仕事にミスをしちゃあいけないよ、絶対だめだよ。これっ、しっかりしろ、私。頭を冷やしなさい。

あー、もう寝るもんね。でもその前にやりすぎコージー見よ。それで思いっきり笑って寝よ。
銀河の月2日・KIN251青い自己存在の猿[2月8日(金)] 間違えたー

今、気がついた!

昨日の日記で、「12:45から8時間以内というとちょうど21:45」と書きました。そして実際21:45に慌ててソウルメーキングしました。でも!
12:45から8時間後は21:45じゃなくて20:45じゃないーーー。

えーーん、めちゃくちゃ恥ずかしいよ。こんな単純な間違い・・・。まさに今私がテンパっていることを証明してしまったということでしょうか。

・・・ていうか・・・てことは、昨日のソウルメーキングはどっちにしろ時間切れで効力なしってことか。あんなに慌てて「間に合って良かった」なんて思って書いたのは、すべて無駄・徒労だったのか・・・(苦)。

ま、そんな大袈裟なものじゃありませんので別にいいけど一番ショックだったのは、勘違いしたまま日記を書いてしまいそれを人に読まれてしまったということです。
昨日の日記を読んでくれた方は「へへ、あいつ間違えてやんの」と、笑っているんだわ〜と思うとヘコむなぁ(自意識過剰ですか?)。いや、笑ってもらえたんなら本望か。
銀河の月1日・KIN250白い電気の犬[2月7日(木)] 雑な生活になりつつある

私のコース開催中のお昼休みの過ごし方は、郵便局やら銀行やらと用事を済ませたり、用事のない日は生徒さんと一緒に近所のレストランで食べたりもします。6日間のコース中に生徒さんたちと食べられるのは3回くらいかな〜。
ですが引越しが決まってからは大忙しで、今日で終わったコースでは1回しか一緒に食べられませんでした。コースが終わる時間にはもう公共の機関は閉まってるから昼間行くしかないのよね。もうお昼を食べる余裕もありません〜お腹がすく〜。

今日は昼間の12:45が新月でした。ソウルメーキングの日です。
ソウルメーキングとは大雑把に言うと、新月から8時間以内に願い事を紙に書くと、月のパワーを得て願いが叶うよという感じのものです(わ!ホントに大雑把!)。これ、本当にけっこう叶うんですよ。

毎回新月にはソウルメーキングをしている私。今日はお昼休み中にソウルメーキングしようと決めていて、でも昼間はアチコチ駆けずり回っていました。最後にちょっとだけカフェでコーヒーを飲んで一息つけましたが、引越しの書類に目をやっているうちに戻る時間になってしまいました。
夕方19:00くらいにコースが終わってから、どうしても青山に行かなくちゃ行けない仕事があったので、移動して仕事を済ませて神楽坂に戻ってきたのが21:30くらい。明日の準備があるからもう一度サロンに寄らなくちゃいけなかったのだけど、その前になにか食べるものを〜と駅前のマックに入りました。そしてコーヒーを飲んで一息ついて、ふと目の前の時計を見ると21:45でした。そこで思い出したのです!「ソウルメーキング忘れてたー!」

12:45から8時間以内というと、ちょうど21:45じゃないか!今すぐやらねば!ということでハンバーガーをトレーに戻し即効やりましたー、ふぅ。

なんだかなぁ。願い事を何にするか考える時間もなくヘンなこと書いちゃったし、こんなんでホントに叶うんだろうか。叶わないだろうなぁ(苦笑)。

慌しいって嫌ね〜。
共振の月28日・KIN249赤い月の月[2月6日(水)] 産土神社を探せ!

2月4日の日記に書いた「産土(うぶすな)神社」について。

自分が生まれた土地を守ってくれる産土神社の神様にお参りしそのご開運を祈ることは、産土の神様との結びつきを強めてその守護をより強力なものにするためにとても大切みたいです。
産土さまとの結びつき(ご縁)ってすごーく強力なんだということは、私自身が実際に行ってみて強烈に実感しました。なんか自分が100万倍のパワーを充電しちゃったような感じ(笑)。サロン移転のこの時期に行って大正解!でした。

でも自分の産土神社がどこなのかは誰でも見られるわけじゃないんです。生まれた場所から近けりゃ良いってものでもないらしいです。なのでもしご興味のある方は、よろしかったら今回私が見てもらった方に見てもらうのも良いかもしれません。アマーリエの生徒さんですから、アヤシイ人じゃないのは間違いありません(笑)。
この日記を読んでくださった方から「私も自分の産土神社を知りたい」というメールをもらったのですが、私にはできないし〜。ご本人の了承を得ましたので、以下に連絡先をお知らせいたします。

井上さん(とても素敵な女性です) 
hirona01jp@yahoo.co.jp ※くれぐれもいたずらなメールはおやめくださいね、お互いのためにもね。

彼女も「産土神社を多くの人たちに知ってもらう事は大袈裟に言うと地球の回復に繋がると思うのです。」と言っていましたが、私も本当にそう思います。地球って命だからね〜いつでも気にしてあげたいと思うのですよ。そして地球を意識する(気にする)ために、産土はとても良い場なのかもしれません。
共振の月27日・KIN248黄色い磁気の星[2月5日(火)] 波動で決める

公共料金の変更・保険の加入手続き・住民票やら印鑑証明やら必要書類を取りに行き、引越しの手配・家具の手配などなど、引越しが決まってから慌しくって、ホントは産土神社に行くどころじゃないんですが(笑)。
でもハートに従ったらやはりこの時期でも、今どうしても行きたかったんです。そして行って大正解!でした。

最近、ますます物事を決めるときにハートで決めるようになっています。その方が良い結果を生むことを、何度も経験してようやく信頼できるようになってきたのだと思います(それでも今回も審査結果がなかなか出ない最後の方はぐらつきましたが、笑)。
頭を使っていないというわけではありません。ただ、今自分が頭を使ってるのかハートを使ってるのかに気づいていられるのです。気づいていられるから、状況によって使い分けたりもできるわけです。これは便利!
ハートのグリーンは「個」の自分と「全体」の両方の色が混ざっています。ということは、ハートで決めることは自分にもみんなにも、つまり全ての存在にとってとても良い調和した結果を生むことができるのでしょう。だからハートのグリーンに「決断」というテーマがあるのです。

あとね〜最近ますますモノを買うときに「波動」の良さで決めるようになりました。
これはもうはっきりしてますよー。モノに限らず人付き合いとか全てにおいて、波動の良さが決め手です。

「今度のマンション、予定より家賃が高いな」とか「この日は忙しいんだけどな」とか、いろいろ考えても結局波動が良いと決めちゃいます。これでまず間違いないのですもん。
今家具類もいろいろ買い足さなきゃいけないものがあるのだけど、できるだけ見て・触って気持ちよいものだけを買うようにしています(ていうかこれから買うんだけど)。
先日ある生徒さんからメールをもらって、オーラソーマのオールパーパスクリーム(乳液みたいな顔に使う製品)が好きと書いてありました。その方は「これは肌だけじゃなく心にも働きかけますね」と書いてあったのです。そうそう!その感じ!それ、大事!

波動が良い製品とは作り手の思いやりがこもっているものだと思います。
作り手がまだ見ぬ受け取り手を想像して、その人が気持ちよく使ってもらえるように愛と思いやりをこめて作ったものは、無意識だったとしても(無意識だからこそ)ちゃんと伝わるものです。最近売れているものの傾向を見ていてもそう感じるのだけど。
波動の良いものに囲まれて生活している・・・毎日のそんな小さなことの積み重ねが、知らず知らずのうちにその人のポジティブな側面を引き出してくれたり、逆にストレスの原因になっているのが分かるのです。分かっちゃったらそうせずにはいられません。

なぁんて言って、新しいサロンが不評だったらどうしよう・・・なんて考えてしまう私は、やっぱりまだまだだね〜。
共振の月26日・KIN247青い宇宙の手[2月4日(月)] 産土神社、キターーーーー!

1月中旬に開催したコースの生徒さんが産土神社を見られる人で私も見てもらったという話は、1月13日の日記に書きました。
その方は「なるべく早く行く方が良い」と言ってくれたのですが、私の産土神社は千葉県の九十九里の方だから行くとなると1日がかりになります。その時点で1日予定が入っていない一番早い日が今日だったので、今日は事前に仕事を入れずに産土に行く日と決め楽しみにしていました。昨日の雪がすごかったからどうなるかと思ったけど、でも心のどこかでは行けないはずはないと信じ込んでいて(笑)、期待通りに今日は快晴!結果的にすご〜く気持ち良いドライブになりました。

ということで、産土に行く日を今日に決めたのは今日しか空いていなかったからなのですが、でもやはり今日で良かったと思わせるいろんなシンクロの結果なんです。例えば

・昨日の大雪のおかげで空気が澄んでいて絶好のドライブ&お参り日和になった。
・今日は立春、つまり旧正月。だから今日の産土参りは初詣みたいなもの。
・今日から私の吉方位は東になるのですが、その神社は神楽坂から真東にあたる。
・地図を持って行ったにもかかわらず神社が見つからなくて田舎道で困っていたとき、ひとりだけ通りかかった人がヤクルトレディで、不動産関係の人しか持たないようなすごく細かい周辺地図を持っていて、神社を見つけてくれた(その人に会わなかったら絶対に見つけられないような場所にあったので〜)。
・お参り中に「なにか自分の物をこの場所に残して行きたい。おみくじとか引ければそれを木に結んで帰りたいけど、ここは人気もない小さな神社だから無理かな」と思いながらかばんを開けたら、去年日光東照宮に行った時に引いたおみくじがひょっこり出てきた(笑)。
・その他にもあるんだけど、それは秘密ー。

いやでもすごかったんですよ!産土神社ってものすごかったんですよーーー!
近くの空き地に車を止めて歩き出した瞬間から来るものがあって、近づくにつれて涙が出そうなほど訳のわからない感動で震えているんです。魂が揺さぶられるようなその振動がどんどん増してゆく感じです。

そこはとても小さな名もない神社で誰もいなかったので、遠慮なく?声を出しながらお話をしたりお礼を言ったりしてお参りしていました。お参りしていたら、この土地で生まれてから今日ここへ至るまでの自分の人生が走馬灯のように巡って、お礼を言わずにはいられない程はっきりと、その方たちと私は今までもずっと一緒だったことを感じたのです。これもまたある種の「リコネクト(再結合)」ですね。
そうなるととにかく「ありがとう」をひたすら繰り返していました。「お導きいただきましてありがとう」です。だって導かれたとしか思えませんでしたもん。あああ、今思い出しても言いようのない満たされている感に浸れます、うっとり。パワフルだったなぁ。

私にとってその神社が産土神社だからそんなにすごいパワーを感じたのか、それともその神社そのものがパワーを持っているのかは分かりません。
しかし産土神社に行くってすごいことなんですね。身を持って知りました。運をつかむという言い方もあるでしょうし、でも絶対それ以上のものがありますよ(笑)!今ここにいる自分は過去の全ての出来事の結果として完璧なタイミングでいるということ・すべては完璧であることを実感できました。早くまた行きたいよー。
共振の月25日・KIN246白い水晶の世界の橋渡し[2月3日(日)] オーラソーマの学び進め方

昨日入居審査に合格して引越しが決まったことを、今コース中のレベル2の生徒さんたちに早速話しました。
管理会社からの入居審査の結果がなかなか出なくて気をもんでいたことを話したとき、ひとりの生徒さんに「あー、そこ(管理会社=誰もが知ってる大手です)は審査が厳しいので有名なんですよー。だからいつもすごーく時間がかかるんですよ。」と言われました。確かその生徒さんはそっち関係の会社におつとめだったっけ。だから事情を知ってたみたいだったんです。
更に「そこの審査に受かったんなら、どこでも受かりますよー」とも言っていただけました。
そ・・・そうだったんだ(涙)。私てっきり自分だけが時間がかかっているのかと思ってました。管理会社の希望である住居としてではなく事務所扱いで借りたいなんて我儘言ってたし、だからだめなのかもなんて思いそうになってました。
もっと早くそれを聞いておけばこんなに気をもまなくてすんだのにと思ってつい「えー、もっと早く言ってよー」なんて、(その生徒さんは何も悪くないのに、笑)思わず言ってしまいましたよ。


今日でレベル2が終了しました。今回のレベル2はとてもスムースなコースでした。こんなにスムースなのは珍しいかも。スムースというのは、コースの内容的にずんずん深いところまで入っていけたという点です。

オーラソーマの学びは、次のレベルへ進むまでに最低3ヶ月以上期間を空けなくてはいけないという決まりがあります。これをスキーに例えれば、6日間集中レッスンを受けただけで完璧に滑れるようになるわけじゃなくて、その6日間で滑り方を学んだらあとはどれだけ自主練習していくかが、滑れるようになるためには大切だということです。自主練習をちゃんとして初級者コースをスムースに滑れるようになってから進む中級者コースはとても楽しいと思うけど、まだ初心者コースもちゃんと滑れないのに中級へ行っても大変だよね。
オーラソーマの学びも同じで、コースの6日間ですべてを理解できるとは最初から考えていなくて(そもそもそういうものじゃない)、次のレベルで学ぶことをちゃんと吸収(理解)できるように、前のレベルで学んだことを3ヶ月の間で消化吸収していってくださいねという意味での3ヶ月ルールなのです。

今回の生徒さんたちは、その期間をとても豊かに過ごしてくださっていたのでした。レベル1で学んだことをちゃんとその人なりに消化吸収していたから、レベル2の内容もスポンジのようにスムースに吸収していくのがはっきりと分かりましたし、だからこちらも「じゃあもっと」的にずんずん深いところまで入っていけたというわけです。深いところ(スキーで言えば頂上の方)の方が面白いのは明らかですしね〜。

ほとんどの生徒さんがボトルセットをすでに持っていたということもあるかもしれません。でも持っているだけじゃなくて、更にそれをちゃんと活用してくれていたという点が大きいでしょう。日常的にボトルに触れて選んで使ってコンサルして、たくさんの経験をして経験値が高かったのです。オーラソーマでは、これがスキーで言うところの自主練であり、消化吸収のことです。

次のレベルに来たときにどれだけ消化吸収しているかはやはり生徒さんによって違うのですが、できるだけみんなが落ちこぼれることなくオーラソーマの楽しさを感じながら学び進めて欲しいな〜と思っているので、あえて少人数制にしてその人の吸収具合をみながらコースを進めているつもりです。そういう点で今回のコースはとてもスムースだったということです。

自分がレベル2を学んでいたときのことを思い返すと、まだターンもロクにできないのに上級者コースまで行っちゃったみたいな感じだったので(苦)、生徒さんたちを見ていて「みんなすごいな〜えらいな〜」と感心してしまうのですよね。本当にみんなすごいよ〜。
共振の月24日・KIN245赤いスペクトルの蛇[2月2日(土)] 決定〜

うきょーーー。本日、入居審査に受かり引越しが決定しました!ぱちぱちぱち。

昨日中に必ず連絡するとおととい不動産会社の担当の方は約束してくれたのですが、結局連絡は来ず。不安と安心をいったりきたりの船酔いしそうな気分もそろそろ限界よーとなったところでの、今朝の「OKでました」の電話でしたから、喜びと安心とで今とても眠いです(笑)。

不動産会社の担当の方は、今のサロンに決めたとき担当してくれた方でもあります。
飄々としていてなんとなく柄本明似で、一見やる気があるんだかないんだかみたいな風なのですが(笑)。ところがどっこい、いつの間にか彼のペースに乗せられてしまうような感じなのですよね。信頼が置けるというか、頼りになる感じなのです。今回もなかなか審査の結果が出なくて落ち込みそうになったときも、その方が「絶対大丈夫」と言ってくれるとすごく安心できて、「彼が言うなら大丈夫なんだろう」と心から思えて待つことができました。
一見頼りなさげなんだけどな〜すごく頼りになるんだよな〜。不思議な魅力(魔力)です。

その不動産会社の応接ルームにたくさんのトロフィーが飾ってあってよく見ると、その方が社内営業コンテストみたいなので優勝したときのトロフィーだったんです。
そこは大手だから営業社員だってたくさんいるはず。その中で全国優勝をこんなにしているなんて、もしかしてこの人すごい人なんじゃ・・・みたいに今さらながら思ってしまいました(笑)。
そんな方に担当してもらえたのも何かのご縁だし本当にラッキーです。「そうか、あの人がミカエルだったんだー」なんて思っちゃいました。

まだまだ書ききれないシンクロや面白いことがたくさんあったこの1ヶ月だったのですが、その辺は追々書きたいと思います。
とりあえず引越しが決まってよかった(ほっ)。妥協なし。自信を持って人を呼べる気持ち良い場所になると思います。

あ、そういえばその引越し先のマンションはデザイナーズマンションなのですが、今朝の「王様のブランチ」に出ていたそうです。今回私がその部屋に申し込むまでに、3回内覧した内の2回はテレビカメラが来ていてなんだろうと思っていたのですが、どうもこれからもけっこう取材が来るらしい。
私はミーハーなのでそういうの楽しいけど(笑)、やっぱり一番は来ていただく方にどれくらい満足してもらえるかです。私自身はかなり満足できるしそれも大事だとは思うけど、実際人に来てもらってどういう反応になるか、かなりドキドキワクワクしています。どうか私のひとりよがりになりませんように。たくさんの人にリラックスしてもらえるような場所になりますように。

さてさて、忙しくなりそうな2月です。というか忙しくなりそうな2008年って感じがしています。