diary
ダイアリー
日記、がんばって続けてます 日記のバックナンバーはこちら ブログはこちら 

a ・ m ・ a ・ r ・ l ・ i ・ e
a t e l i e r
アマーリエへようこそ  welcome to amarlie getting to know you・・・  + home
+ オーラソーマ英国認定スクール + 13の月の暦 + 個人セッション + ご予約・問合 + プロフィール + 日記
4月30日(日) 神代ブレス

届きました、「神代ブレス」!

神代ブレスとは、その人の指導霊とコンタクトを取りながら自分に合ったクリスタルを使ってオリジナルの数珠を作ってくれる方のサイト名です。この名前で検索すればすぐ見つかるはずです。

注文方法はとても簡単。自分の誕生日と名前をメールで送るだけです。
ただ、使うクリスタルの種類は自分で決めることはできません。その方がチャネリングによって自分に一番合うクリスタルを決めて作ってくれるので、どんなクリスタルを使ったどんな数珠になるのかは送られてきてからのお楽しみです。でもそんなところもワクワクして楽しいですよね。

こういうサイトがあることは以前生徒さんから聞いた情報だったのですが、その生徒さんはそのときコースの中で自分が選んでいて一番気になってコース最終日に購入していったボトルの色にぴったりの数珠が送られてきたそうです。それで本人もびっくりしたようです。そういうのを聞くとすぐに自分も試してみたくなってしまう私。「私にはどんな数珠が来るのかしら?」

今日届いた私の数珠に使われていたクリスタルはラブラドライトとグリーンジェードでした。なかなか渋いスモーキーな色合いでとても気に入りました。
さっそくはめてみるととてもパワフルで、コース中なのにクラクラしてきてしまったので、途中はずしたり左手から右手にはめかえたりしていました。右手のほうがパワーがダイレクトじゃないみたいで楽だったんですよね。でも夜には慣れてきて、慣れてくるとやはり今の自分にはとても必要なエネルギーを持っていると感じたのですよー。

ネガティブなエネルギーから保護してくれる感じ・宇宙と繋がる感じ・内なる権威を確立してくれるかんじ・・・。今のところそんな所をサポートしてくれそうな気がしています。なんとも心強いですね。

クリスタルはあまり身につけない私ですが、これは当分毎日身につけていたいと思います。仲良くやれそうで(笑)。何故なら、程よい距離感を持ったクールな関係を作れそうだからでーす。
4月28日(金) 経験が大事

今日はマイク・ブースのコースを受けていました。そこには私の生徒さんも参加していました。その生徒さんが「やっぱりオーラソーマは経験することが大事なんだと思いました」と言っていました。
・・・そう!オーラソーマは経験することがとても大事です。経験して初めて学びがあるからです。でも何故経験することが大事なのかは、それこそ経験してみて初めて分かることなのです。ややこしいけど、それがオーラソーマの学びのパラドックスですよね。
だから、経験することが大事だって分かったのはすごいことなのよ〜。経験することが大事だという経験をしたのですから、それで良いのよ〜。その調子(笑)!

幸福になりたくない人はいないでしょう。でも自分にとっての幸福がなんなのかは他人には分からないです、自分にしか分からない。だから自分を見つめるのが大事だし、自分を知るのが大事なんです。
自分を知ることができるのは日ごろの経験(日常)を通してしかないですよね。経験の中で自分がどんな反応をするのか?なにかの現実に対して自分はどうしたいのか?いろいろな経験をして初めて自分がどんな人間なのかを学べるのです。しかし、ただ経験するだけじゃだめ。毎日一分一秒の経験をなんとな〜く過ごすのではなく、意識的に過ごすことで初めて学べるのです。だから意識的に経験するのがとても大切。

オーラソーマは自分に対して意識的になることをとても簡単にサポートしてくれるツールですし、経験したことから自分を知ることをサポートしてくれるツールでもあります。
だからやっぱりオーラソーマを「経験」するのが大事なのよ。あ、なんか今日の日記はクドい気がする。
4月27日(木) 誠実であること

仕事する上で私が一番気をつけていることはなにかと考えると、真っ先に思いつく言葉は「誠実であること」です。
みんないろいろと気をつけていることがあるだろうし、それはそれぞれ違っていて良いと思います。ただ私にとっては「誠実であること」が一番大切です。

ただ私がそうしているつもりでも、そうは受け取らない人もいるでしょう。私にとってはそれが誠実な行為でも、ある人にとってはそうではなくむしろ傷ついてしまったりするときもあるかもしれません。相手の立場に立って誠実にしているつもりでもそうじゃないときもあります。そんなとき、私に何ができるかな。

自分が間違っていたと非を認めることでしょうか。傷つけてしまって申し訳なかったとあやまることでしょうか。それとも自分はなにも悪いことはしていないと伝えること?悪気はなかったと言うこと?黙って無視していること?

今の私に考えられるのは、自分の気持ちに正直になってそれを相手に伝えることくらいです。つまりはそんなときでも(そんなときだから?)「誠実であること」しかないと思うのです。誠実であろうとした結果相手を傷つけてしまったら・・・それでも誠実であるしかないのではないでしょうか。

私にとってノーを言うのはとてもとても勇気がいることなのですが、それでも誠実であるためにはノーを言わなくてはいけないときもあります。でも自分に誠実であることが相手に誠実であることなのだから、相手を思えばこそ時にはノーを言わなくてはいけないのよね〜。その場しのぎのイエスなんて言っちゃいけないのよね〜。はぁ、憂鬱だ・・・。
4月26日(水) フィジカルレスキュー

昨日の昼過ぎのこと。下り坂で滑って転んだ私は左手をおもいきり地面について指を怪我してしまいました。
右手に生菓子の箱を持っていたのでそれが崩れないように咄嗟に左に体を傾けて、体重全部が左側に偏ってしまったのです。しかも、左の手の平全体でつけばよかったのに左指だけをついてしまったせいで、その瞬間中指と薬指に激痛が走りました。
急いでいたからすぐ起きてまた歩き出しましたが、指先がジンジンして泣きそうでしたよ〜。
その日の夕方まではただ痛いだけだったのが、夜からは左の薬指全体が内出血で黒くなってきて腫れ上がってしまいました。痛くて曲がらないし力も入れられない。私は左利きなので、歯も磨けないし食器も洗えない、服のボタンも留められない・・・もう大変ですぅ。

怪我をしてすぐに、「あらゆる緊急時に良い」ブルー/ディープマゼンタのフィジカルレスキューボトルを使い始めました。これ、本当に良いのよね〜。

でも、昨日寝るまでは痛みが全然引かず、今朝起きたらもっと膨れ上がっていて色もどす黒くなっていて「もしかして効いてないのかな」と悲しくなりました。すわ、骨折か!?と思うほどに悲惨な私の指。どうしよう、明後日にはエステのご予約があるのに。ピアニストとエステシャンは指が命(笑)。いや、笑い事じゃないのよ!どうしようー。

しかししかし、今日の夕方くらいから見る見るうちに回復してるんですよ!色は相変わらずどす黒いものの、腫れもまだまだあるけど、痛みが急激に引いてきて曲がるようにもなりました。なんなんだ、この不自然なほどの回復ぶりは。でもこれがフィジカルレスキューなんですよね〜。さすがー。

昨日今日でこのオイルを何回指に塗ったかな。6,7回というところでしょうか。これから寝る前にもまた塗ります。明後日のエステまでになんとか元に戻さねば。でもこの調子だと大丈夫そうです。ふぅ〜。ありがとよー、オーラソーマ!
4月25日(火) 善の裏の悪の裏

私は、世の中のいろいろな出来事には、大抵表と裏の側面があると思っています。本音と建前と言っても良いかもしれません。できレースとか、八百長とか、やらせとか・・・。
9.11事件だってアメリカのやらせだという説もありますよね。真実は分かりませんが、私はそれは大いにありえると思いますしおそらくそうだろうとも思っています。ボランティアやチャリティーイベントだって、ある人にとってはお金をもうけるためのビジネスです。善良な市民ほど、裏で何者かに操られていると思うことが良くあります。それが現実だと。

しかし最近、そのまた裏の側面が見える(ような気がする)のですよね。

悪いやつら(苦笑)が善人を利用している社会の図・・・・の裏に、その悪人をさらに裏で動かしているなにかの存在があることを強く感じます。善人を利用しているつもりの悪人ですら実はその何者かの手のひらに乗っているだけなのかもしれません。そしてそこでは善と悪が相混じっているのです。

善の裏に潜む悪・・・の裏に潜むなにか。それは善悪を超えたなにかのような気がしてなりません。そして世の中がそういう仕組みであることにとてもほっとする私です。世の中が善だけなんて信じられないひねくれた私。でも悪の世界に染まりたいとも思わない誠実な私(笑)。そんな自分には、善悪を超えたなにかの存在が一番落ち着くのです〜。
4月24日(月) ヴィッキーと私

昨日から今日にかけて、何故か褒めてもらえることが多い私。つい先日まで絶不調だったのがどうしたことでしょう。ホントにジェットコースターみたいな毎日です。
褒められすぎてくすぐったいです。本音を言えばうれし過ぎて宙に浮いてしまいそうです(笑)。褒められるって良いことだな〜。こうなったら私もじゃんじゃん周りの人を喜ばせたいぞーーー。

褒めていただいた中で一番うれしかったのはある生徒さんからの「(私が)ヴィッキーの心を受け継いでいる」という言葉。まじっすかぁ〜!?

ヴィッキーウォールはオーラソーマを最初に作ったイギリス人の女性で、1991年に亡くなっています。だからもちろん私は会ったことはありません。でも彼女の書いた自伝や彼女のポートレートや声の入ったテープを通して、私はいつもヴィッキーを感じています。というか、いつも彼女が見守ってくれているように感じているのです、図々しいようですが。
私はヴィッキーが大好き。本当に図々しいようですが、彼女にはとても親しみを感じてしまうのです。同志のような気すらしています。

私は誰かを「尊敬」することはあっても「崇拝」したことはありません。これからもないと思います。私自身も誰かに尊敬してもらえたらとても光栄に思うけど、崇拝されたいとは思わないし、むしろ崇拝されるのは嫌です。そして多分ヴィッキーも同じように思っているのではないかと感じるのです。だから私のような者が「同志」なんて言っちゃってもいいよね、なんて思うのですよね〜。

ヴィッキーの持つ、ユーモアと強さと献身の心を尊敬します。私もそういう人になりたいな〜。
4月23日(日) 眠い・・・2

コースも6日目が終わり、でもあと2日残っています。怒涛のコース8連ちゃんを元気に乗り切るために今日ももう寝ます!書きたいことはたくさんあるのにー。
明日は早く帰れるから明日はたくさん書くぞーーー!

みなさまもどうぞ睡眠をきちんととってくださいね。睡眠は大事よ、とくに30過ぎてからは(涙)。
4月22日(土) 眠い・・・

生徒さんに「今日の先生なんか違う」と言われました。
悪いほうの違うじゃなかったみたいなので一安心ですが、はて?自分じゃ何も変わってないと思うのだけど。生活も変わらないし、あえて言えばここのところのイライラが収まって気分が落ち着いていることくらいかな。
こううことって、ホント自分が一番分からないのかもしれませんね〜。

あああ、眠い。今日はもう寝ますぅzzzzzzzzzzzzz
4月21日(金) ありのまま

オーラソーマはご存知のとおりカラーセラピーです。そしてその中では、「色を見る」というよりも「色を感じる」ことがとても大切だと私は思います。感じるという感覚を使って色を見ることで、その色のボトルを選んだ自分のいままで気づかなかった何かに気づくことができるのです。

「見る」だけでは赤は赤でしかないしそれ以外の選択肢はありません。でも「感じる」ことで色を見てみると、そこには見る(感じる)人によって無限の数の色があります。色に対しての感覚は人によって千差万別だし、たとえば「見る」だけだと青は青でしかないけど、「感じ」てみると青という色から「冷たい」と感じる人もいれば「さわやか」と感じる人もいますよね。
だから同じボトルを選んでいても、選ぶ人によってそのボトルの何に惹きつけられたのかも様々なんですよね〜。でもだからこそオーラソーマはその人のありのままが映し出されるんです。「あなたはなになにタイプ」と選別するのではなく、ひとつ残らずそのままを見せてくれるのです。そして自分のありのままを受け入れられたとき、人は癒されるんですよね〜。

落ち込んでいるとき・傷ついているとき、「あなたはこういう人です」と言われたって癒されはしない。「あなたはあなたです。そしてそれで良いのです。何も変えなくてはいけないことはありません」と言われたとき、どんなにほっとするでしょうか。

今回のコースの生徒さんが、「コースをやっていて、自分が今までに積み上げてきたいろんな思い込みの皮を一枚一枚はがして、本来の自分に近づいていくかんじがする」と言っていました。
そうそうそうなのよ。それがオーラソーマのコースを受ける目的なのよ〜。そう感じてもらえたら私にとっては一番うれしいことです。
4月20日(木) 台風一過

なぁんか、すっかりイライラがおさまってしまいました。1週間くらい前まで混乱の極みにいたはずなんだけど・・・はて?
多分今週から仕事が忙しくなって、考え事なんてしている暇がなくなったからかもしれません。それじゃホントはいけないんでしょうが、昔から私は忙しいほうが調子が良いところがあるのですよね。混乱の原因を解決したわけじゃないのだけど・・・忙しさにまぎれさせているだけなのでしょうか。

ただ、自分が進むべき道に軌道修正できた感もたしかにあります。嵐の後のすがすがしさ。
それはちょうど今日のお天気のよう。昼間、台風並みの激しいどしゃぶりの雨と風が吹いていたかと思うと、いつのまにか青空が広がっていました。しかもうっすら汗ばむほどに暑い。嵐が去って空気も空も澄んでいてとても気持ちよかったです。
今の私はそんな気分です。嵐とともに私の中の何かが剥がれ落ちて、何かが剥き出しになり軽くなり飄々とした気分。

アズラエルは、私には珍しく少しずつ使っています。そこに、プロテクトと栄養補給のためのレッドポマンダーも加えました。自分のペースを守ることに意識を向けようと決めたからです。
さてさて、この後どんな展開があるか?浮いたり沈んだり激しい最近の私ですが、これからが楽しみですね〜。
4月19日(水) 体力勝負

先日夜中にめまいがして立てなくなりました。ぞっとしました。そういうことがあるとすぐに「死ぬかも」と考えてしまう私は、それ以来急にヨガをやったり自炊したり・・・(笑)。
かと思えば、なぜか急に89番ボトルのペンダントが欲しくてたまらなくなり、さっそく購入して今毎日身につけています。

昨日知人のチャネラーの方と話していて、「エネルギーを与えるほうが多くなっていて補給が足りない」と言われ、何故89番が欲しくなったのか・・・はっと気づきました。89番ってエナジーレスキューのボトルじゃん。言われて気づくなんて遅いよ〜と、自分に突っ込みたくなりますが(涙)。

たしかに最近、PCの前に座っている時間が長くてちょっとストレスだったんですよね。
問い合わせやご予約が入るのはうれしくてたまらないことです。ただ徐々にその数が増えてきて(ありがたや〜)、返信に時間がかかるようになってきました。けっこう私ってメール打つの遅いんですよ。一球入魂?しちゃうんです。
なので、なるべくあまり力を入れすぎず短めに用件だけで返信したりしています。「こんな簡単な返信で失礼じゃないかしら?」と迷いもありますが、今は自分の負担を減らしつつきちんと対応する方法とバランスを手探り中といったところです。
スタッフやアシスタントや秘書さんを雇わざるを得ないほど負担が重いわけでもないから、しばらくはそんなかんじでやっていくつもりです。

「与える人ほど受け取ることが必要」とは、いつもコンサルの中で自分がクライアントさんに言っていることではありませんか!もっと自分の体に注意しようね、自分。
チャネラーさんとも話してたんだけど、ここ数年は体力勝負ですからね。体力つけてこの過渡期を乗り切りましょー。
4月18日(火) ブスの瞳に恋してる

私も子供のころはテレビドラマを見てました。「岸辺のアルバム」とか「阿修羅のごとく」とか(古いな・・・)子供心にも面白かったな〜。
が、大人になってトレンディドラマブームが来るころには全然見なくなってしまったのです。だってつまんないんだもん。W浅野とかちっとも憧れなかったし。

そんな私が今期、久しぶりにはまってしまいそうなドラマがつひに出現!それは「ブスの瞳に恋してる」です。先週の第一回目をたまたま見てしまったのが始まりです。
今日なんか「ブス恋」みたさに、大事な予定をさっさと切り上げて家に帰ってしまいました。

稲垣くんの王子様も案外良い感じだし、村上は愛嬌のあるブスなので応援したくなります。なにより結末がハッピーエンドと分かってる中で見られるのが安心です。ブスで笑いを取るブス差別ドラマではなく、愛のあるドラマだと感じられるのですよね。それはブスを愛した人気作家がいるという事実(原作)に基づいているせいもあるでしょう。

世の中にいろんな顔の人がいて、そんな中ブスもいれば美人もいる。それは事実。ただ「区別はあるけど差別はない」世の中になると良いなと願います。誤解されるかもしれないけど、ブスな人にブスって言っちゃいけない雰囲気がない、オープンな世の中になると良いな〜。言っちゃいけないという気を使う雰囲気も不自然で、かえって本人を傷つけてしまうこともあると思うのです。だからといってあえて言うことでもないけど、愛があればよいのです!
とにかくこれはかなり画期的なドラマだと思うのです。

来週も楽しみだな〜。
4月17日(月) 電気が苦手

明日からまたコースが始まります。

今日は昼間サロンでひとり、すべてのボトル達を浄化していました。コースが始まる前と後には必ずやる儀式のようなものなのですが、私はこの時間がとても好きです。
サロンのあるあたりは本当に静かな住宅地の真ん中なので、昼間は鳥の鳴き声と子供達の声くらいしか聞こえてきません。窓の外には今の時期、きれいな緑と、お向かいの庭に生っている蜜柑色の果実が見えます。そんな自然を感じられる中でもくもくとボトルを拭いていく作業はとても楽しいです。
1本1本分け隔てることなくていねいに浄化すると、ボトルが本当に綺麗になるんですね。お風呂上りのようにさっぱりとするみたい。

サロンのボトルはライトスタンドに置いているのですが、私は普段はまったくライトをつけません。私自身が電気が苦手なせいもあるかもしれませんが、ボトルたちも必要以上にライトの間近に置いておくのはちょっと辛そうにみえるのですよね〜。なので、コース中でも個人セッションのときでも、選ぶときだけはライトをつけるけど、選び終わったらさっさとライトを消しちゃいます。クライアントさん生徒さん、ごめんちゃい(笑)。

サロンを始めるときは「やはりコースとなったらライトスタンドが必要だな」と思っていたのですが、最近は「見やすい台に乗せるだけで十分かも。むしろその方が綺麗かも」と考えています。もしかしていつか、ライトスタンドを使わなくなる日が来るかもしれませんね。

しかし、ますます電気が苦手な私。PCの前に座れる時間も日に日に短くなっているようです。ネット大好きなのにー。現代社会に適応できなくなるのはいやなのにー。

電磁波が出なくて目に優しいコンピューターを誰か発明してくれないかしら。
4月16日(日) 残念なこと

以前、ある地方の方からメールをいただいて、その方がオーガナイズするオーラソーマのコースの講師として依頼を受けました。
講師として依頼を受けるなんて、私にはとてもうれしいことだったので、メールをもらったときはワクワクしていたのです。が、電話で直接その方と話をしてみると、その方のオーラソーマに対しての誠実さみたいなものがどうしても感じられなくて、迷った挙句お話を断ってしまったのです。私からすると「そんなやり方じゃ、生徒さんにきちんとオーラソーマを伝えられないよー」というような無理な条件を提案されたりしたんですね。

断ったことを微塵たりとも後悔はしていませんが、私が断ったことでその方に迷惑をかけてしまったかもしれないし、申し訳なかったとは思っていて気にはなってたんです。

そしたら今日、あるオーラソーマ友達が「かおりちゃんが断った人のところでコースを受けたという生徒さんに偶然会ったよ。でもかおりちゃん断って正解だったかも」と言っていました。どうもやはり(私からすると)無理な条件のままでコースを開催しているみたいなんですね。

なんかねー、残念なんですよね。ホント、残念です。なにが残念って、そのオーガナイザーの方にというよりも、そんな条件でコースを開催することを引き受けちゃうティーチャーがいることが残念なんです。
いや、もしかして引き受けたティーチャーの方は、それでもきちんとしたコースを開いているのかもしれません。そうであることを祈ります。でもそこで受けた生徒さんに会った友人の話しからすると、そうでもないみたいだし・・・。
「じゃあ、おまえはいつもきちんとしたコースをやっているのか」と突っ込まれたら、そりゃ私が決められることじゃない、生徒さんが決めることだから、私にはなんとも言えませんが・・・。

ティーチャーは生徒さんに対してもちろん責任があります。でも生徒さんだけじゃなくてオーラソーマ界全体に対しての責任というのもあると思うんです。ティーチャーひとりひとりが、一般の方たちにオーラソーマをきちんとした形で誤解されないように伝えていく責任があると思うのですよ。オーラソーマがとてもよいものだからこそ、私はオーラソーマが正しい形で伝わっていくことをを心から願っているのです。

あ〜あ、なんかやっぱり残念だ。
4月14日(金) うれしかったこと

今、私はこんなに混乱してしまっていて、PCのデータも失くしちゃったけど、それと一緒に一気に自身も自信も失くしてしまったようです。あらら〜。

ですが、こんな今の私にでもクライアントさんや生徒さんはあくまでも優しい・・・・(涙)。どうしてみんなそんなに優しくしてくれるのぉ、ううう(大泣)。
弱っている時だからそう思うのか・・・いや、いつもそう思ってないわけじゃないけど、より身に染みて感じるのです。

今の自分が良い気を発しているとは思えないので、「こんな状態でセッションしているなんて、クライアントさんに申し訳ない」気持ちでいっぱい。
その一方で「でもクライアントさんや生徒さんがこんなに良い気を発してくれているから、私もそれを受け取ってバランスを取り戻せていけそう」とも思っています。本当に感謝感謝です。

クライアントさんが私にそんなことをしようと意識してはいないでしょうが、実は私もいろいろと受け取っているし助けてもらってるんだな〜。改めて実感!

そういえば、夕べは満月でしたね。今回はてんびん座で起きた満月でした。私はてんびん座生まれです。で、毎週愛読している「ジョナサンケイナーの星占い」サイトには、「今週のてんびん座にはご用心!」と書いてあったっけ。
13の月の暦を使い始めてから、月の影響もより強く感じるようになりました。私たちが日ごろどんなに月に影響されているか・・・今回、さらにそれを強く実感することができました。

まあ、今回のはかなりキツいけどね〜。
4月13日(木) 怒涛の2日間

日記を書いていなかったこの2日間になにがあったかというと・・・、いろいろあり過ぎてなにから書いていいのか分からないー!

日記が書けなかった直接的な理由は、まあPCがフリーズしてしまってたからなんですけどね。おかげでたくさんのデータを失ってしまい、かなりヘコみましたが、ヘコんでいても失ったものは戻らない(涙)と気を取り直せてからは、早起きしてまでPCを直す作業に明け暮れていました。今日でようやくほぼ直った様子です、ふぅ。
そしてそれ以外に外側での変化がなにかあったかというと、特に何もないです(笑)。相も変わらず、朝起きてご飯を食べて仕事をしてテレビを見て寝て・・・なにも変わらないんだけどねー。

PCのフリーズは、ここのところ続いていた「思うようにことが進まない」の極めつけだったような気がします。だからイライラも究極までイッちゃったし「神様はどこまで私をいじめるのー?」なんて恨むところまでいきました。そして引いたフェアリーカードは「レットゴー」。この数日でもう何回目だろう、このカードを引くのは。
データを失くすと同時に整理しようと思っていたデータを整理できたけど、必要なものもかなり失くしました。、友達のアドレスもたくさん失くしてしまいました。もうこちらから連絡できないよ(涙)。
でもそれ以来、何故かイライラはないんですよね。日々のすべてのことにあんなにイライラしていたのに、なにかすべてを失くして諦めがついたというか、飄々とした気分です。気持ちが軽いんです。妙な感じです。

今私は、寝るときも起きたときも「私は執着を創造主に預けます」とブツブツ呪文のようにアファメーションしています。そしてアズラエルとナイチンゲールのボトルを使っています。これから私はどうなるのかしら。この嵐のようなぐちゃぐちゃが過ぎるとなにが見えてくるのかな。
4月10日(月)

あー、またしても思うようにことが進まない事が2件もありましたー!もうなんでだろうぅぅぅ(涙)。先日まで絶好調ーなんて言ってたのに・・・。そしてある意味絶好調ぶりは変わっていないのに・・・。

心の奥底の方では相変わらず静かな流れがあってとても平和を感じています。けど、表面はザワザワ波うっていて、しかもここ数日はかなりとげとげしてきました。そしてそんなとげとげしている自分に腹が立って余計にとげとげしちゃって・・・。

そんな中、クライアントさんからとてもうれしいメールを頂いてすごーく気持ちがほっとしたり、もうなにがなんだか数分ごとに一喜一憂している今の私。

先日夜中に体調を崩して以来、な〜んかずれてるんだよね。オーラがずれているかんじ。だからアズラエルなのかな?うーん、分からん。ただいま混乱中。
4月9日(日) エゴイスト

なんだか最近やけにイライラすることが多いです。自分にとって望ましくない事を要求されたり、思うようにことが進まなかったり、不意の災難に遭遇したり。
こういうことが続くと、つくづく自分はエゴイストなんだと分かります。思うとおりにならないと嫌なのね。

多分私は一見エゴイストには見えないんじゃないかと思うのだけど(そうでもない?)、実はすごくワガママです。学生時代の通信簿には「協調性・○」なんていつも書いてあったし、自己主張が強くて人と対立したりする事もなかったから、隠れエゴイストな自分に気づいたのは大人になってからでした。
そんな自分に気づいてからは無理に人に合わせようとしなくなったのでずいぶん楽になりましたし、そんなこんなで会社を辞めて今独立して仕事しているのです。でも、私にはそっちの方がずーっとラクなんです。人に合わせなくて済むから。自分の好きなようにできるから。

自分の好きなようにできる今のやり方を変えようとは、もう思いません。それは私が私の良さを出せるやり方ではないということはもう分かっているので。だけど、その弊害?が起きつつあるのかもしれません。もともとなかった協調性がますますなくなり、このままじゃただのワガママ女になってしまいそう・・・怖い。
最近人が自分の思うとおりに動かないとすぐイライラしてしまうのは、好き勝手やっている生活が長いからなのか?会社にいた頃は、それでももう少し寛容だった気がするのだけど。

こりゃヤバイかな〜。
4月8日(土) 人事を尽くして天命を待つ

今年になってから、生徒さんがぞくぞくと自分のサロンやショップをオープンし始めているようです。みんなすごいな〜、ホントにすごいっ!
ある生徒さんは、今年になってからあれよあれよというまに話が進んで場所も決まり、もうすぐオープンだそうです。また別の生徒さんは、長い事自分のお店のための物件を探していたけどなかなか見つからず、最近になってついに希望の場所を見つけたそうです。で、やはりもうすぐオープン。
すべての人は生まれてきた目的と使命がある・・・というのは、オーラソーマをやっている人なら知っていることだと思います。そしてその目的や使命は、単に自分にとっての自己満足なだけのものではなく、全体の中での自分に与えられた役割でもあるのです。だから自分の使命を生きることは、自分のためだけでなく、すべての人のためにもなるのです。

みんな、自分の生まれてきた目的や使命がなんなのかを知ることがとてもとても大切っ(力説)!オーラソーマはそれを知るためのサポートとして存在しているのです。だからオーラソーマをどんどん活用しなくちゃね。

今度お店をオープンする生徒さんと話していて、やっぱりいろいろ考えると不安もいっぱいになってしまうそうです。そして「自分のサロンをやっているかおりさんはすごいなと思った」と言ってくださいましたが、そんなことないです。私だってそういう意味では毎日不安はありますし、気が休まるときはないとも言えます。「明日ひとりも予約がないな・・・」なんて思うと、もう不安で不安で・・・(苦笑)。

ただ開き直っているだけかもしれませんがね〜「もしサロンを維持できなくなったら、それは自分が与えられた目的や使命が終わったという事なんだわ」と思えるのです。だから日頃がんばらなくて良いということではありません。がんばるのですが、悔いがないくらいまでがんばったらあとは天にお任せしてしまいます。「人事を尽くして天命を待つ」心境。あら、カッコ良すぎかしら。
4月6日(木) 植物のパワー

私の母は植物を育てるのが上手です。でも私はとてもヘタ。サボテンすら枯らす女です(涙)。

空き巣事件以来、今一度自宅やサロンの室内のエネルギーを見直しているのですが、そんな折タイミング良く届いたオーラソーマのプラクティショナー向けの会報誌みたいな雑誌に、部屋のエネルギーを整える方法というのが載っていて、さっそく実行してみると・・・これが良いんですっ!それはグリーンやピンク・クリアなどの色を使う方法でした。

グリーンはスペースを調和させるのに大変適した色です。だって想像してみて!グリーンは自然の色でしょ。グリーンのたくさんある場所って、山にしろ草原にしろ公園にしろ、いかにも広々していそうですよね。だから実際のスペースがなくても、いや、ないときこそ、グリーンを身近に置く事で気持ちの中にスペースが生まれるんです。つまりは気持ちに余裕が生まれるという事なんです。グリーンは心を開放的に開いてくれる色。そして自分自身に調和とバランスをもたらしてくれる色なんです。

植物を育てる事への苦手意識から植物コンプレックスがある私は(苦笑)、サロンには特に植物を置いていないのですが、今日ふと思い立って観葉植物を買ってきてサロンに置いてみました。

テーブルの上に置いた瞬間「あっ!」と小さく叫んじゃいましたよ。だって明らかに部屋のエネルギーが変わったんだもん。これは初めてサロン内に塩を置いたとき以来の感覚です。
あああ、植物ってすごいと改めて実感。あとは枯らさないようにしたいけどね〜(と、ここでまた苦手意識がムクムクと・・・)。
4月5日(水) 偏見かもしれないけど・・・

アズラエルを使い始めて、ますますマゼンタの需要が増してきてしまったと感じる私。今日4本選んでみたら25番のパープル/マゼンタを2本目に(珍しく!?)選んでしまいどうしても使いたくて、アズラエルと合わせていきなり半分近く使ってしまいました。
アズラエルは使いたいんだけど怖いんです。で、25番のボトルがすごくその恐怖感を包み込んでくれてるみたい。気分的には「誰か私を今すぐ癒してー」ってかんじ。やばいかなー。25番ってやっぱりすごーく受け止めてくれるから、気が弱っているときは思わず寄りかかってしまいそう・・・ってゆーか、すでに今日だけでずいぶん25番に寄りかかってしまっています。誰かに寄りかかる(依存する)のが苦手な私だけど、これはボトルであって人じゃないからまだ寄りかかりやすいです(なんのこっちゃ)。
でもここで放り出したくはないので、もうちょっとがんばってアズラエルも使ってみるわ。

昨日報道ステーションを見ていてあっと思い出したことがありました。先日の空き巣事件に関する事です。空き巣に入られたショックが大きくて忘れてたけど、あのとき警察の人の態度を見ていてすごく思う事がありました。
通報して最初に来てくれたのは若い(多分ペーペーの)制服を着たおまわりさんでした。とても頼りなげでした(苦笑)。遅れて来てくれた捜査官?みたいな私服の中年男性2人組みは、ベテランっぽいいかつくて怖そうなかんじ。で、そのベテラン警察官のペーペーに対する態度がコワイの何の。「そこまで言わなくても」「そんな言い方しなくても」と言いたくなる様な、ひどい叱り方をするのですよね。こういっちゃなんだけど、警察というよりもヤ○ザみたいでした。

JRの事故のときも、事故を起こした運転手が受けたナントカ教育(なんだっけ)が、教育じゃなくていじめのようだなんて証言がありました。それは分からないけど、なんか警察とか鉄道とか政治とか建設とか・・・・私から見れば古い体質を持っていそうな組織の中って、本当に人を人とも思わぬようなことが当たり前にまかり通っていそうで、その一端を見てしまったように感じたのです。そしてそれはとても根深そうで頑なそうにも感じました。

私がこれまでいた広告や美容・サービスの業界は、お客様相手の(つまりは人相手の)業界だからか、そういう感じはなかったのですがね〜。それとも私が鈍感だっただけかしら。

いやでもあのときのベテラン警察官のペーペーに対する酷い態度を見ていると、世の中に起きる嫌な事件が起きてしまう環境が確かに社会に存在していると認めざるを得ません。自分の人間性をまったく認めてもらえないんだもん、あれじゃストレスたまるよ。

どうしたら良いのでしょうか。もっと世の中のみんなが幸せでいて欲しいんだけどな。
4月4日(火) アズラエル!

待ちに待ったオーラソーマの新しいボトルとご対面しました。105番・大天使アズラエル。コーラルのボトルです。

といっても今までのコーラルとはずいぶん違いますね。待望のヒューのコーラルが誕生したと言われていたとおり、やはり色が濃い!オレンジがもっと濃くなったかんじ。もしくはレッドがやや透明感を帯びたかんじとも言えるかな。

そういえば今思い出したんだけど、1年位前に、オレンジのボトルの下層部のオレンジの色がすごく濃くてまるでレッドみたいになっていた時期がありましたね。アズラエルはあのときのオレンジの色にとても近いと思います。もしかして、今回のボトル誕生の伏線だったのかしら・・・なんかそんな気がします。

さっそく今日から使い始めました。早く使ってみたかったんですよねー。ただ新しいボトルだからというだけじゃなく、今の私に本当に必要だと感じていたから。
お風呂上りにまずはお腹周りに塗り始めました。「うわ。手に出してみるとかなりエグいなぁ、血みたいだ。香りはオレンジのボトルみたいだな。良い香り。」でも塗った瞬間、とても怖くなってしまいました。恐怖の感情がわーっと出てきたのです。覚悟はしてたけど、やっぱりそうなんだなーと。
更にお腹だけじゃ足りなくて、今までのコーラルのボトルと同じように体の右側面に塗りたくり、なんかバランスが取れない気がしたので、左側面にも塗りたくりました。で、ようやくバランスがとれてきたような気がします。
内側にこびりついている古いこだわり?のようなものを癒して、そこに神を感じるのをサポートしてくれそう。

今マゼンタのボトルも私には必要かも。ピンクも合わせて使ったほうが良いかな。などなど、いろいろとお試ししてみるのが、そしてそのことによって自分がどのように癒されるのかワクワクしちゃいます。アズラエルは、しんどそうだけどすごく癒しのボトルでもありそう。

※これは私個人の感想ですから、使った人によって違うという事はご了解くださいましね。
4月3日(月) ホットヨガ

やはりお試ししてきました、ホットヨガ。

昨日の日記にも書いたように自分の体をもっとケアしてあげようと思い体の声を聞いてみたところ(ホントか!?)、体を動かして軟らかくしたい、でももう何年も全然運動してないからいきなり激しい運動はやだなーと言われまして(笑)、ならばヨガよね、ちょうど近所に話題のホットヨガのスタジオもできたし・・・と早速行ってみたのです。

まずはお試しの60分というコースを受けました(慣れると90分コースもあるらしい)。

イヤー、まいった。もともと暑さに弱い私ではありますが、ヨガのゆっくりとした動きにもかかわらず開始10分で汗びっしょり。でも私だけじゃなくみんなそうだった。60分で1リットルのお水は完全に飲みきり、足りないほどでした。で、やってるうちになんか気分悪くなってきて(情けないよ〜)20分過ぎくらいでもう我慢できず外へ出ちゃいました。貧血になりそうだったの(涙)。
15分くらい休んでまた部屋に戻った時には座ったポーズばかりだったので、その後はなんとか最後までついていけましたが。

まあ、けっこう他にも途中で外に出る人がいたので、私だけじゃないという気持ちもあるものの、あまりの自分の体力の低下ぶりにびっくり。日ごろ動かないから気づかなかっただけで、こんなにも体力が落ちていたのかと思うとぞっとします。たしかに思い返せば、階段を上がるのがしんどかったり背中の筋肉がいつもはっていたりしたよなー。背筋・腹筋などの筋肉が落ちてたんだろうな〜。

結論としてこれを続けるかどうかは・・・分かりません。やっぱり私はああいうスポーツクラブみたいなとこが苦手なのですよね〜。今まで3回スポーツクラブに入会してすべてすぐに挫折してしまっているから、さすがにもう自分のそういう性格はわかっているつもりです。
体を動かすのは気持ちよいし汗をかくのも気持ちよいから続けたい。でも終わったあとシャワーとか浴びて着替えるのがめんどくさくてねー。そのまま家に帰れるといいんだけどな。
それとヨガのクラスの最後は瞑想で締めるのですが、「緑の広がる風の心地よい場所にいます」と言われても、あの密室と暑さじゃとてもそんなこと想像するのはかなり難しいー。ああいうスタジオにいると、どうしても自分が実験動物になったような気分になってしまうのです。本当の自然の中でヨガができればそりゃサイコーなんでしょうが。
私にとっては、汗をかくよりも運動するよりも、自然の中にいることが体に良いような気がします〜。

でもあと1回分回数券があるから、近いうちにまた行ってきます。今度は60分続けられるかな。なんか今日の日記は後ろ向きだな、私。
4月2日(日) 健康

おとといの夜、体調が悪くて眠れませんでした。幸い朝には直ったので昨日は普通に仕事できました。が、その出来事で、あらためて私は本当になさけないな〜と感じてしまいました。
私は、ちょっと具合が悪いとすぐに死ぬ事とか考えちゃうんですよね。それですごーく怖くなってしまうのです。ものすごい怖がり。

私は輪廻転生を信じている・・・というか、分かっていると言えます。でもやはり「死」って死ぬほど怖いです。いつか死ぬってことが疑いようのない事実にもかかわらず・・・です。この事実を受け入れない限り本当の平和は訪れないことも分かっています。

だからまだまだ私は学ばなければいけないことがいっぱい!

今回の体調悪化につき内なるメッセージを感じてみたところ、体にもっと注意を向けてあげなくちゃなと思いました。最近運動してないし野菜不足だし水も飲む量が減ってるしグランディング足りない気がするし。

今日、私の大好きなとあるカフェでホットケーキを食べました(ホットケーキ、あんまり好きじゃないのにそこのカフェのは別!めっちゃ美味)。
いつもならひとりカフェをするときは何か本を読みながらなんだけど、なんとなく今日はなにも読まずにただ食べていました。一口一口味わいながら、ただ食べることに集中していたのです。そのtきの体の反応や心の動きを感じながら・・・。それだけでもグランディングするのを感じたし、体をケアしているのも実感しました。好きなものを食べて、心だけじゃなく体も喜んでいるのが分かるんですよねー。

やっぱりホットヨガに行ってみようかな〜続ける自信ないんだけどねぇ。