a ・ m ・ a ・ r ・ l ・ i ・ e
a t e l i e r
getting to know you
 内なる声にそっと耳を傾けてみよう・・・ アマーリエへ
ようこそ

welcome to amarlie
コース一覧表
オーラソーマ
ミスティカオイル
エステ
メイクアップ
プロフィール コーススケジュール
ご予約・お問い合わせ
お客様の声・感想
リンク
日記
お気に入り
ホーム
〜生まれて初めて日記付けます〜 日記のバックナンバーはこちらから
12月31日(金) 大晦日に思うこと

今年も一年間アマーリエをご愛顧いただきまして本当に本当にありがとうございました。来年が今年よりもさらに良い年になりますように、心より心よりお祈り申し上げます。
ああ本当に、一人でもたくさんの人がひとつでもたくさんの幸せを感じてもらえるようになればいいです・・・。まずは私自身がそうであるように、そして周りの人がそうなることをサポートできるように。

今ってみんな他人のことに関心を持ち過ぎているような気がするんです、良くも悪くも・・・です。良く言えば人のためになろうとし過ぎる、悪く言えば人の目を気にし過ぎる、のではないでしょうか。
これは私が切に願うことなのですが、もっとみんな自分のことを知る必要があるのではないでしょうか。知ることが難しくても、少なくとももっと知ろうとしましょうよ。何故ならすべてはそこから始まるからです。

自分が幸せになることも、誰かを幸せにしてあげることも、すべては「自分を知る」ことから始まるんです。そして、今知っている自分よりもっと奥のほうに本当の自分がいるんです。すべての人がそうなんです。だからもっと自分を見つめる必要があるんですよ。自分のためにも誰かのためにも世の中のためにも。

私がアマーリエをやっている意義もそこにあるんですよね。「一人でも多くの人が今よりも自分を見つめ、そして自分を知ることができるように。それがひいては全ての幸せにつながるから」。
12月30日(木) ご褒美

私は今現在、人にリラックスしてもらうことを生業としていますが、むしろ本当はリラックスさせてもらうのが大好きです。昔からエステとかマッサージとかヒーリングと名のつくものには目がなくて、毎月のようになにかしら受けに行っていました。
な〜んにも考えずに身をゆだねているだけで、いたれりつくせりってトコがいいですよね〜。だって自分で自分の体を揉みほぐしてもかえってくたびれちゃうんだもん。それにやっぱり自分でするよりも誰かにやってもらうのってイイですよね。誰かが自分のためになにかをしてくれるってとても気持ちが暖かくなりますよね。

なのに自分のサロンをオープンさせてからのこの半年、なんか日々に追われるうちにいつのまにかそういうことから遠ざかってしまい、ほとんどなにも受けに行っていませんでした。オーストラリアでフロートタンクを体験したけど、あれは全然気持ちよくなかったしなー。

今日は仕事納めでやはりバタバタしていたのですが、今仕事でお世話になっている銀座の美容室へヘッドスパを受けに行きました。なんかねー、どうしても今年のうちになにか受けてリラックスして、自分へのご褒美をあげたかったんですよ。ああ、こんなとこ私もやっぱり女なのね〜。

2時間近くひたすら頭皮やら肩やら首やら私が一番こりやすい部分をたっぷりとほぐしてもらって、髪の毛にも水分をたっぷり与えてあげて、ああ気持ちよい〜。極楽ぅ。

こういうことをしてもらうと、ただ「やってもらってイイ気持ち」だけで終わらなくて、「自分を大切に扱う」という感覚を取り戻させてくれるんです。これってすごーく大事なことだけど、忘れがちなことでもあります。

さて、来年も自分を大切にしながらがんばろうっと!
12月29日(水) ボトルとの共鳴

オーストラリアから帰ってきたくらいからずっと感じてたんですが・・・サロンに置いてあるボトルのエネルギーが変わったみたいです。なんかね、しら〜っとしてるかんじです、上手く言えないけど。

パワーダウンしてるような気もしてせっせと浄化してたんだけどイマイチ変わらず。いつもならクリアで浄化するところをピンクの方が良いような気がしてピンクで浄化したりもしてたのですが、直後はイイかんじなんだけどしばらくするとまたしら〜っとしてきちゃう。でも正確に言うと、ボトルのパワーがダウンしてるわけじゃなくて、なにか「空」とか「虚」とか「無」とか、そんなエネルギーなんです。

なんでだろう?ってずっと考えてたんだけど、今日ふと気がついたんです。
それは、私自身が夏ごろからずっとクリア関係の製品ばっかり使っているということ。ボトルって持ち主のエネルギーと共鳴するから、私のサロンに置いてあるボトルは私のエネルギーを確実に反映してるはずなのです(だから他人のボトルってちょっと使いずらいんですよね〜)。ボトルは嘘をつかないし、今の自分が明らかに出ちゃうんです。

だとすれば、ボトルから察するに今の私って「空」のエネルギーなのかな〜。ネガティブでもポジティブでもない、表も裏もない・・・というよりどっちもアリってとこかな。ああ、こうして書いているうちにはっきりしてきました。なんか、分かるわ〜(私にしか分からないことですみません、苦)。

ボトルは持ち主のエネルギーと共鳴すると書きましたが、こういうのって分かる人には分かっちゃうから恥ずかしいんですよね。自分の裸を見られてるよりある意味恥ずかしい。
12月28日(火) 泡立てネット

私が普段使っている洗顔料は、起泡剤が入っていないジェルタイプのものです。肌に優しくて汚れもしっかり落ちるので気に入っていてもう10年以上使っています。今ではそれを販売する立場でもあります。
ですが、化粧品をいろいろと試してみるのはそれはそれで好きなので、先日も友人から勧められた石鹸タイプの洗顔料があって、今それを使ってみているんです。これもアミノ酸たっぷりで洗い上がりがつっぱらなくて良い感じです。

しかし一番感動したのは、付属でついていた「泡立てネット」でした!

もうずっと長いこと泡立てて洗顔する機会がなかったので、きめ細かい泡を作るのも上手じゃないのですが、洗顔ってきめ細かい泡を作るのがとーっても大切なんですよね〜。泡立て上手な人が作る泡はホントにきめ細かくてふわふわなんです。でもなかなか上手に作れないんです。

しかしその「泡立てネット」なら、少ない量の洗顔料で大量の、しかもすごくきめ細かい泡を作ることができるんです。最初やってみたとき、ホントにすんごい量の泡ができちゃって手にこぼれちゃいました。ふわふわでさわり心地も良いし、これで優しくマッサージするように時間をかけて洗顔すると、本当に顔の表面の汚れがしっかり落ちてるんですよ、肌には軽くしか触ってないのに。すごーいですね。

石鹸洗顔してる方はぜひ「泡立てネット」使ってください。同じ洗顔剤を使ってても洗い方ひとつでこんなにも洗い上がりが違うなら、きちんと洗ったほうが絶対いいですよっ、それに簡単よ!
12月27日(月) 結果が出た!

年も押し迫ってこんな時期に、びっくりするようなうれしいニュースが飛び込んできました。アマーリエのサイトがヤフーにサイト登録されることになりました、わーい、パチパチ。
サイト登録されることでどのようなメリットがあるのか分からない人には分からないでしょうから、今日の日記は読む人によっては何がうれしいんだかさっぱり分からないかもしれません、すみません。

思えばこのHPを立ち上げてから1年半たつんですね〜。その間何度ヤフーに登録の申請をしたことか。けど、一度も審査に通ったとことなかったんです。通るどころかページ検索にも引っかからない始末でした、今でもそうですけど。
私は自分がフリーで活動するようになってからいろいろと考えた結果、自分の仕事の宣伝媒体としてインターネットを一番に活用したいと考えていたので、ヤフーのサイト登録はなんとしても実現したい必須の課題だったのです。しかしこれが難題だったのです〜。
それでなくてもPCに疎いのに、HPを作るだけで精一杯なのに、それだけじゃなくてこんなことまでしなくちゃいけないのかと泣きたくなるくらい、検索に引っかかるためのあんな裏技やこんな裏技と、人に聞いたり本で調べたりしながらあのテこのテを使って手を打ちました・・・が、だめだったんですよね〜。

結局、今回は一発で審査に受かったのですが、今までいろんな人から「こんな言葉が入ってると登録できない」とか、いろいろと登録のためのノウハウを聞いていたのと違うじゃん!ってかんじです。
やっぱりやってみないと分からないのですね。そりゃあ、下調べや根回しも大事よ!今までは、ただただストレート勝負だけしていたから一度も審査に通らなかったんだし。でも情報に振り回されて下手にサイトをいじらなくて良かったとも思いました。だっていじらなくても審査に通ったんだもん。

とにかくこれで気持ちよく新年を迎えられそうだー、ウレピーー。協力していただいた方たち、本当にありがとうございました〜。そして今まであきらめずにシツコクがんばってきた自分にも感謝! 
12月26日(日) クリスマスナイト

昨日は日記が書けませんでした、帰りが遅かったもので。
・・・なぁんて書くと、さぞや賑やかなクリスマスを過ごしたのではないかと思われそうですが、全然そんなことはないのです。先日の日記にも書いたように私はパーティー嫌いなので、大勢でワイワイやるクリスマスを過ごした記憶はほとんどありません、そういえば。

昨日の夜は女友達と飲んで、彼女の恋の悩みを聞いていました。彼女と彼とは、クリスマスのようなイベント日には決して会えない関係なのです(大体お分かりですね?)。飲んだ帰りに彼女の家まで車で送りがてらすぐ近所だという彼のマンションの前まで行き、マンション前に車を止めて、会えるかどうかも分からないままに彼が現れるのを待っていました。
そうは言っても、普通におしゃべりしたり恋の悩みの続きを話したりしてただけなのですが、今更ながら考えてみるとそれってかなり怖いシチュエーションだよね。フライデーの張り込みかストーカーみたいだね(笑)。クリスマスの夜中になにやってるんだ、私たち。彼に会わなくてよかったよ〜。

その彼はちょっと著名人なのですが、マンションがやたらと豪華でびっくりしました。よく写真週刊誌の記事で「瀟洒なマンション・・・」と書いてあるけど、こういうマンションのことを言うんだなと思いました。エントランスがマンションというよりも教会みたいなんだもん。格子柄の窓の左右に大きな美しいステンドグラスがはめてあって、さらにその真ん中には彫刻が。エントランスにありがちな郵便受けみたいな庶民的なものはなにひとつ見かけませんでした。

話は変わるけど、六本木ヒルズのイルミネーションも素敵でした。カップルよりも家族連れが多くてびっくりしたけど。それにしても真夜中近くに小さな子供が親と歩いてる姿には腹が立ちましたよ〜。
12月24日(金) 自分を知る

ヤンキースの松井選手の記事を読みました。彼曰く「僕は昔から、恩師や両親の言葉・本など、いろんなところから自分を知るためのヒントをつかもうとしていました。何故なら自分を知らなければ自己管理なんてできないから。自分の体を動かしているのは体そのものではなく自分の精神なのだから、自分の体を管理するためにはまず自分の精神を管理できなくてはならない。だから自分を知らなくてはならないんです」みたいなこと言ってました。

「ああ、この人はやっぱり分かってる人なんだな〜」と思いました。

そうなのよ。すべての人はもっと自分のことを知らなくちゃいけないと私も強く思うのです。
だって例えば幸せになりたいと言ったって、なにが幸せかなんて人によって違うんだから、やっぱり自分にとっての幸せがなんなのかを自分自身で知ってなきゃ本当に幸せにはなれないでしょ。
自分にとっての幸せがなんなのかを知らずに、世間で言われているところの幸せな状態が自分にとっても幸せなんだと思い込んでるから、そしたらそりゃあズレも生じるだろうし、「こんなはずじゃなかった」的な結果を招くこともあるでしょうね。
オーラソーマを学ぶ人も、人助けももちろん素晴らしいことだけど、まず自分をもっと知るためにオーラソーマというツールを使って欲しいんですよね〜。そしてまず自分自身が幸せになって欲しい。そしたら自動的に人のことも幸せにしてあげられるんだもん。

大学時代あるイブの夜に、なんの予定もなくて寂しいから家に帰りたくなくて、新宿の丸井ヤング館で無理やりバッグを買って帰ったことがあります。
今日のクリスマスも特に予定はなく、普通に昼間仕事をして夜家に帰りました。街は活気付いていたけどそれはそれ。私は今とてもハッピーです。
私は、少なくとも大学時代よりは自分のこと分かってると思います。なので自分なりのやり方でイブを楽しんでるんですよ〜。人間、変わるものですね〜。
12月23日(木) 借りてきたネコ

あるクライアントさんが「自分は、仕事で人と接しているときのハキハキした社交的な自分と、プライベートで友人達といるときのしゃべらなくて内向的な自分の、どちらが本当の自分なのか分からない」という人がいましたが、私もまさにそんなかんじです。どっちが本当の自分かというとどっちも本当なのですが、自分の中に正反対のふたつの側面があります。
だから、仕事の場で知り合った人は言わないけど学生時代からの友人達は、私が今のような接客業とかセラピーの仕事をしていることが信じられないとよく言います。「占い師ならまだ分かるけど、セラピストなんてありえない!」だって。まあ、私自身もあんまり自分がセラピストだとは思ってないのですがね〜。セラピストじゃなくてメッセンジャーかな?自分の感覚としては。

今日はだんなさんの仕事関係の人たちと忘年会がありました。私はパーティー大嫌い人間なので(特に知り合いがいないパーティーに行くなんてありえない!)気は進まなかったのですが、いろいろ事情があって行ったのです。
でもやっぱり全然しゃべりませんでした。しゃべれないんですよ、人見知りが激しいから。でもだんなさん曰く「いつもよりは愛想良くみんなに馴染んでた」そうですが、それでもやっぱりしゃべらない動かない笑わないの三重苦ですよ、あーもーいやいや。

男連の奥様達が飲み会の計画を立ててたときも「どうか私を誘わないで〜」なんて密かに祈ってたりして(笑)。飲み会がお開きになったときに奥様達が飲み会の日程を決め始めたので、ついソソクサとコートを取りに席を立っちゃったりして・・・こんなだからかなり疲れるんです。だからパーティーは嫌いなんですよー。
※気のおけない仲間内で騒ぐのは大好き!騒ぎますよーそのときは!
12月22日(水) これでもかっ!

今、19日の日記を自分で読み返していて笑ってしまいました。だって先週の半ばまで続いていた落ち込みが終わったかのような書きっぷりなんだもん(笑)。今週は今週でサイアクの日々を過ごしているというのに・・・。人生、先のことは分からないものですよホント(ふう)。

今日も、これでもかってくらいの思っても見ないような意外なところで大失態をやらかしてしまいました。あああ、なんてツイてない今日この頃。こういうときって、どんなに気をつけていてもだめなのね。どんなに準備万端にして家の四方を固めて「これでどんな敵が攻めてきても大丈夫」って思ってても、敵は穴を掘って床下を突き破って潜入してくる・・・みたいな、昔の兵法みたいなことがあるのよ〜ううう。

今日は久々のサロン以外の場所での仕事がありました。
私はブーツを履いていったのですが、かかとが擦り減って中の金属が出ちゃってたんですよ。まあ、そういうのあんまり気にするほうじゃないモンでそのままにしてたんですよ、お恥ずかしい話ですが。
仕事場にいてしばらくしたら、誰かが悲鳴を上げて床を見てるんです。見たら、床に無数の小さな凹み跡があって、傷になっちゃってるんですよ。せっかくの綺麗な床が・・・はい、その原因が私のブーツだったという訳です。
それでどうなったかはここでは書きませんが、もう笑うしかないのです、自分の不注意さとツイてなさに。

なんか今日の日記の私って、ふてくされてる?ヤケクソ?いやいや、まだまだへこたれないわよー。
12月21日(火) 風邪

あああ、昨日は人生サイアクの1日でした・・・。

昨日の明け方、気分が悪くておなかも痛くて目が覚めて、トイレにいったりきたりしていました。昨日は11:00から仕事だったのですが、出かける直前くらいから急激に具合が悪くなってきて電車に乗れそうになかったので、タクシーに乗り込んだものの道が混んでて運転手さんいわく「かえって遅れそう」だとのこと。仕方なく1駅分だけでタクシーを降りて(¥1500もかかっちゃった、電車なら¥160だったのに)駅に着いたら、今度はなんと車両故障かなんかで電車が遅れてるですって。いつもなら5分に1本は来るのに、15分も来なかった、しかも来たと思ったら朝のラッシュ並みに混みこみ!でも乗り過ごす時間はないから乗ったはいいけど、案の定貧血で立っていられなくなって、でも降りて休んでいる時間はないから「すみません・・・座らせてください・・・」と無理やり席を空けてもらって、なんとか神楽坂までたどり着きました。

セッションも、コンサルテーション中はなんとかしのいだものの、次のマッサージをしている最中に再び具合が悪化し、ついには立っていられなくなり床に寝込みながらやる始末。
それもかなりサイアクですが、もっとサイアクだったのは次のお客様に対してです。サロンまで来て頂いてからお断りしてしまったのです。ひどい貧血でとても立ってなにかをできる状況ではなかったのです。お断りのお話も頭を低くしながらヘンな体制で話していました。なんて失礼なことをしてしまったんでしょう、謝りようもありません。

あああ、こんなことこんな公の場で公表して大丈夫だろうか。人が来なくなっちゃいそう・・・。でもホントのことだからやっぱり書きます。こんな私でよかったら、またいらしてください・・・(苦)。
12月19日(日) 問題の根本にあるもの

今日はある大仕事がひとつ終わりました。久方ぶりにものすごい開放感に満ち溢れています。こないだまでの憂鬱が嘘のよう!
ね、だから最初から分かってたんだって、辛い気持ちもいつかは終わるって。そのときが来ただけのことです。

そうはいってもやっぱり落ち込みの真っ只中にいるときは、辛いし苦しいです。でもどんなときでも長い目で自分を見る目線があれば、どんな感情もいつかは変わってゆくものだということが分かり、そうすると辛い気持ちの真っ最中にいるときでもどこか落ちついていられるし、問題が発生したときにパニくらなくて済むようです。少なくともパニくっている時間が短くて済むよ。

だって人は学ぶために、そして魂を成長させるために肉体を持って転生してきたんだもん。そして学ぶためには、ただのほほんと日々を過ごしているのではなくて、なにか問題をひとつずつクリアしてゆくことで学び成長してゆけるんだもん。だから自分にやってきた問題というのは、どこかの誰かが持ちこんだものではなく、自分で用意したものなのです。自分の魂の成長のためにそれが必要だと自分で判断したんです。自分の奥底にある魂のレベルでは、そのことをちゃんと分かっているはず。

オーラソーマは、その奥底の魂のレベルの自分に気づかせてくれるツールなのです。私もオーラソーマを始めてから、問題がやってきて解決してまた次の問題がやってくる・・・サイクルが早いのなんの。まあ、よく言えば魂の成長が早くなったってことかしら?うれしいじゃありませんか〜。

だからパニくらなくていいのよ〜。
12月18日(土) クリスタル瞑想の力

今日のオーラソーマのコースではクリスタルのことをやりました。テーブルの上に30個くらいのクリスタルを色別にばーっと広げて、生徒さんたちとわいわいやりながら手に取って握ってみたりチャクラに当ててみたりしたんです。生徒さんには好きなクリスタルを直感で選んでもらって、最後にそのクリスタルを使って瞑想してみたりもしました。
言葉を発しないクリスタルと会話するには、(当然だけど)言葉じゃなく感覚やフィーリングを使うしかないですよね。それには瞑想するのが一番だというのが私の考えです。

しかし2時間半くらいそうしてテーブルの上にいろんなクリスタルを広げてアレコレしていたら、だんだん部屋のエネルギーが混乱してきちゃったんです。クリスタルは本当にエネルギーが強いから、こういうことにもなるんですね。最後の瞑想のとき、かなり部屋のエネルギーが乱れているような感じがしたので、セラピスベイのエアコンディショナーを撒いちゃったくらい。そしたらずいぶん落ち着いたと思いますが。

しかし、そんなことしているうちに頭痛が始まってしまいました。私は体のエネルギーの流れが滞るといつも、左肩から左の首〜頭にかけてきゅーっとこって痛くなるんです。でもそういうのは一時的なものなので、エネルギーの流れを通してあげると直ります。最近はどこにいても、ちょっと時間をとって瞑想するだけで直るようになりました。
今日もコースが終わって生徒さんが帰ってから、頭にセレナイト、左手にローズクォーツを持って横になりながら瞑想しました。セレナイトからクリアなエネルギーが流れ込み、脊髄に沿って体中を循環している様子をイメージして、ローズクォーツでネガティブナエネルギーがポジティブなものに変わり、それがまた体中に流れている様子をイメージもしました。

いつのまにか寝ちゃってたんだけど、15分くらいそれをやっていたらバッチリ直りましたよ。首の詰まりがすっと通っているカンジ。瞑想の力ってすごいですねー。
12月17日(金) 回復

今朝は昨日の気分をこれでもかってくらい引きずっていて、コース中に毎朝やる瞑想のリードもままならないくらいでした。瞑想なのに言葉をかみまくり(苦)、言い直しちゃったりしてサイアク〜な状態でした。「ヤバイぞ、なんとか立て直さなきゃ」と気持ちはあせるいっぽうで、かえってイライラがつのるし。

しかし気づいてみると、お昼過ぎくらいにはいつのまにかニュートラルな精神状態に戻っていて、あとは今現在に至るまで昨日のイライラが嘘のようにもとの自分に戻っています。これは、仕事で集中しなくちゃいけない状態が続いていたせいのような気がします。
コース中は集中しているから「疲れるわ〜」なんて思うこともあるんだけど、集中するって良いことですね。いやなことも忘れさせてくれるんですよね。

で、落ち着いてきたなとほっとしていたら、今度は早速とてもうれしいことがありました!このレスポンスの速さはすごいっ!

自分の状態が現実を造っているって、今は分かっています。だとすれば、自分がハッピーなら自然と周りからハッピーがやってくるんです。与えたものが返ってくる、宇宙はとてもシンプル。でもこうして、本当にそれが現実に起きるのを目の当たりにすると、今でもやっぱり不思議だな〜と感動してしまうのですよね。
12月16日(木) もっと傷ついた

なんか暗い内容でごめんなさい。おととい書いたのと同じ内容でもっと残酷なことを、違う人から受けてしまったのよー。あーん、ショックぅ。
ツイてないときってあるよなー。そんなにしょっちゅうあることじゃないのに、少なくてもサロンをオープンしてからのこの半年(えっ、もう半年経ったんだ、今気づいた!)の間で1、2回くらいしか記憶にないことなのにね。

しかし今本当に忙しくて、このことについてゆっくり考えている暇もないのです。体は空いていても考えなきゃいけないことがありすぎて、頭と心に余裕がない状態です。そして年末までこんな感じの忙しさが続きそうです。

忙しいのはいいことだ。サロンに来てくださる方には本当に感謝しています!この気持ちは真実。でも昨日なんかお客様に私のイライラが出てしまって、こういうのって本当に相手に伝わっちゃうからいけないのは分かってるんだけど、でも抑え切れなかった・・・。リラックスしに来てくれてるのにかえって嫌な気持ちにさせてしまっていたら・・・と思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです、反省です。

昨日から今日にかけて、グリーンとクリアとディープマゼンタを使いまくりです。あとオレンジも。癒して〜。
12月14日(火) 傷ついた

最近はお客様から感謝してもらえてとてもシアワセ〜な気分でいられることが多かったのです。が!久々に人から酷い返しビンタをくらった気分です。あの人が自分に対してこんな仕打ちをするなんて・・・みたいなことが起きてしまいました。ああ、ヘコむ・・・。

単に約束を破られてしまっただけといえばそれまでのことです。「接客業である以上、こんなことくらいでイチイチへこんでたらいかん」とも思って、気にしないようにしてみたりもするのですが、でもやっぱり傷ついてるのよ〜。
私は決して打たれ強いほうじゃありません。他人には「超マイペースで周囲のことを気にしない人」みたいに言われやすいのですが、むしろ人のこと気にしぃだし打たれ弱いのよー。

こういう痛みも時間が解決してくれると分かっていますし、またすぐに良いこともいっぱいあることも分かっています。しかし今この現実があることも事実。せめて、自分は自分をいたわってあげたい・・・でもこれ、私の一番苦手な分野なのよね〜。
12月13日(月) ソウルメイキング

・・・って知ってますか?願いをかなえるためのひとつのロマンチックな方法です。

新月が始まってから8時間以内に自分がかなえたい願い事を紙に書き出すのです。それだけ。簡単でしょ。
書き出すときに「ほにゃららになりますように」じゃなくて「ほにゃららになりました」というように、あたかもすでに願いがかなったかのように書くのがポイントです。

新月はなにかを始めるのに一番良いタイミングだって言いますよね。そのへんも関係しているようです。私はまだ先月から始めて昨日の新月で2回目なのですが、もうずっと続けている友人たちはこぞって「これってけっこう後から読み返してみると実現してることが多いんだよねー」と言ってますよ、みなさんもやってみてはいかがでしょう。

あ、ちなみに願い事は1回に10個くらいまでにしておくのが良いみたいよ。欲張らないよーに。
12月12日(日) 迫害

今日のコース中に前世とのつながりを持つボトルの話をしていて、迫害の歴史のことを生徒さんと話していました。

そして久しぶりに早めに帰宅できたので、なにげにテレビをつけたら「戦場のピアニスト」という映画が始まるところでした。第二次大戦中、ユダヤ人ピアニストがナチスの迫害を受けながらも生き延びるという話で、かなり胸が痛む内容でしたが、実話だというところがなんか目をつぶっちゃいけないような気がして、結局最後まで見てしまいました。

まっとうに暮らしていて何の罪もない人間が、ただ人種とか性別とかの違いだけであそこまで残酷な扱いを受けている事実が・・・・でもたーくさんあるんですよねー、歴史上。

もし自分があのような迫害を受けていたら、(精神的にタフなほうじゃないので)現実に耐えられずに気が狂って死んでいるでしょうし、相手のことを憎んで憎んで七代先までたたるくらいの勢いで憎しみの感情が残りそうです。チャンスがあれば仕返しもしそうだし。でもそれでは迫害はなくならない。9.11のときに「憎しみの連鎖」という言葉がありましたが、まさにそれになってしまいます。でも、じゃあ憎しみの感情をどこへやればいいの?

人を憎むときって自分自身がとても苦しい思いをしなくてはならないです。相手が謝ってくれることが一番良いような気もしますが、自分以外の他人の気持ちを変えさせることが無理なことは百も承知。でも「自分は悪くないのになんでこんな迫害を受けなきゃいけないの!」って気持ちもあるし。くやしいのよね。なにがなんでも相手に土下座させたいのよね。

・・・とはいえ、今こういう状況にあるわけではないけど(誰に迫害されてもいませんよ)、この感情は私の中に確かに深く根付いているものだというのも分かっています。自分の中の闇の部分のひとつです(闇の部分はまだいっぱいあるので)。頭ではどうすればよいのか分かってるんだけどね〜、まだ腑に落ちるとこまできてないのよ〜。
12月10日(金) イルミネーション

もうすぐクリスマスですね。アンチ・アニバーサリーの私も、今年は柄にもなくサロンの玄関にリースを飾ってみました。クリスマスが終わっても飾れそうなシンプルなものなので、いいかな〜なんて思って。

それにしても家の近所といいサロンの周辺といい、最近はイルミネーションの飾り付けをしている一般家庭が増えたような気がするんですけど、そう思いませんか?
家から駅までの道の途中で、以前から窓辺に(あえて通りかかる人に見えるように)イルミネーションの飾り付けをしている家があったのですが、最初はその家しかなかったのが年々そういう家が増えて、今では7,8軒そういう家があります。どこの家も外に向けてわざわざ見えるように飾り付けているところがなんか笑えます、ありがとうよ。いやホント、いやみじゃなくて(笑)、見ていて気持ちが和むからうれしいですよ。

しかも年々イルミネーションがどんどん派手になっていて、今年一番すごいのはまず、屋上に巨大なプーさんのサンタがゆらゆらしていて、しかもそれがライトアップされている家。ぬいぐるみ屋さんかと間違えるゾ。そしてもう一軒は、3階建てのマンションの3階のテラスから1階まで巨大なツリーの形にイルミネーションが垂れ下がっている家。隣にあるレストランもイルミネーションしてるのに完全に負けてます(涙)。どっちがお店か分からんゾ。

まあ、みなさんがんばってくださいな。私はそこに参戦するつもりはまったくありませんが、これからも楽しませてくださいね。
12月9日(木) 独占欲

今日だんなさんがイタリア出張から帰ってきました。
頼んでいた「ヴァチ」のチョコレートを食べつつ今この日記を書いています。ああ美味しい、至福〜。明日のオーラソーマの勉強会のときみんなにお出ししちゃおうっと。だって美味しいんだもん。

私は独占欲ってあんまりない方です。良いと思うものはみんなに知らせたいし、知らせることでその人もそれを気に入ってくれれば、良いことをしたな〜なんて思うし(笑)、次からは一緒に楽しむこともできるじゃん。分かち合うのが好きです。こんなとこ、自分はターコイズだなと思います(オーラソーマを知らない人には分からない例えですみません)。
独占欲のなさ=分かち合い好き、はモノだけじゃなく人でも同じで、例えば自分の彼氏が他の女の人と話してても全然平気。それどころかもっとモテて欲しいと思います。彼氏が女の人にモテているのを見ているとホントうれしいです。「ね、やっぱり○○君(←彼氏)っていいよね〜」なんてその娘に言いたくなる。別に彼を自慢したいわけじゃないのよ。同じもの(人)を良いと思う気持ちを分かち合いたいんですよ。

世の中には「自分の彼には自分だけを見ていて欲しい」なんて女性もいますよね。でも私はその気持ちがどーも分からんのですよ。私としては、彼が常に他の女性のことも見つつでもやっぱり私が一番いいな〜と思っていてくれるほうがいいな。浮気くらいいいんじゃない。(この肉体を持ってこの環境では)一度きりの人生、自分のことも人のこともあんまり縛らずに楽しんでいきましょうよ。
12月8日(水) 営業魂!

昔、営業の仕事をしていた時期がありました(いろんな職種を経験しているのです)。営業の仕事はプレッシャーがキツいし、人の心を動かす(「この商品が買いたい」と思わせる)なんて自分にはできないなとつくづく感じたものです。売ることに罪悪感があったし、「買わせようとしている」とお客様に思われることに抵抗感もありました。
しかし!今日はたくさんのオーラソーマの製品が売れました。私ってけっこうオーラソーマの製品をクライアントさんに売っちゃうんですよね〜(笑)。

以前の営業のときとなにが違うって、すべてが180度違います!
以前はあった売ることに対する罪悪感もいまはまったくありません。だって本気で心からクライアントさんが製品を使うと良いと思っているんです。
そして「買わせようとしている」と思われることには今でも抵抗がありますが、そもそも「買わせよう」なんて全然思ってないのでその心配もない。私が勧めたものをクライアントさんがいらないと言ったらそれだけのことです。クライアントさんの「買わない」という選択を尊重するのです。だって自らが選択したことがその人にとって一番正しい選択だと思うから。
そして、自分でやっているからノルマのプレッシャーもない。ね、良いことづくしでしょ。

でもね、こういう気持ちでやっていると実際に売れるんですよね(別に売るためにコンサルしているわけでは全くありませんが、笑)。
これは昨日の日記の「精一杯やる」に繋がります。精一杯クライアントさんのために良いと思われることを(自分の持っているものを)与えると、予想以上の結果が返ってくる(製品を購入してくれる等)。

自分が好きじゃないものを売ることのできる営業の人って本当にすごいっ!プロだなって思います。そういう意味では私は営業のプロではないのですね、きっと。まあ別にその道のプロじゃなくてもいいんだけど〜。
12月7日(火) 信念

最近本当に思う事があります。先日までの自分自身への課題「信念」に対してひとつ結論が出たようです。
それは「目の前のことを誠実に行う」です。「目の前にいるクライアントさんや生徒さんに対して何ができるのか?今の自分にできる精一杯のことを誠実にすることしかできないんだ」ということです。

自分が持っていないものを与えることはできません。だからもし自分の持っていないものを求められたら、その期待に無理に答えようとするのではなく、自分は持っていなということを正直に伝えて、そのかわり今の自分にできることを精一杯にする・・・しかできないですよね。

ここでポイントはふたつあるんです。
ひとつは「精一杯」ってこと。テキトーに手を抜いてすると、どうもあんまり良い結果は返ってこないんですよ。精一杯すると自分が後悔しなくて済むから、どんな結果になっても清々しい気持ちでいられて結果に執着しなくなるし、そうすると何故か予想以上の結果が返ってくるし。
もうひとつは「持っていないことにあぐらをかかない」こと。そのとき持っていなければしょうがないけど、次に同じ事を求められたときには答えられるように、自分の持ち物を増やす努力を惜しまないことが、とても大切です。これはつまり魂の成長のことでもあります。

こうして書いていると、つくづく私って真面目だな〜(笑)。いやいや、真面目ってそういう意味じゃなくて(そういう意味ではむしろ不真面目ではないだろうか)、自分の人生に真面目に取り組んでいるな〜ってことですよ。こういったプライドの高さは自分でも好きなとこですネ。
12月6日(月) 本物を見る

今日神楽坂で仕事の合間に入ったカフェは最近のお気に入りで、何が良いっていろんな本(主に純文学系とアート系)が読み放題なんです。あと私の大好きなスポーツ新聞もあります。今日は何故か一番手前に谷川俊太郎の本がたくさん置いてありました。私は彼が大好きなので、美味しいコーヒーを飲みながらそのうちの一冊のエッセイ集を読んでいました、ああ至福〜。

そのうちのひとつのエッセイに、彼がオランダの美術館で見たフェルメールの絵に感動した話があって、どんなに印刷技術が進んだ現代でもポスターと本物では歴然とした違いがあると書いてありました。そうそう、まったくそのとおり!

私は昔からゴヤが大好きでした。父のレコードコレクションの中にシベリウスの小曲集があって、そのジャケットがゴヤの「ボルドーのミルク売りの娘」という絵だったんです。曲も好きだったけど、なによりもそのジャケットの絵が大大好きだったんです〜。
で、いつかこの絵の本物が見たいと思い続け、20年後(20代後半くらいのとき)ついにスペインのプラド美術館へその絵の本物を観にいったのでした。

プラドはとても広くて、数え切れないほどの展示室を見て回った最後に「ああ、次の部屋にかの絵が飾ってあるんだわ〜」とドキドキしながらその部屋に入ったのです・・・が!本物のその絵は、なんかちっぽけで意外と普通の絵でした。なんか拍子抜けしたのを覚えています。
そしてかなーり気落ちした状態で、次にベラスケスの間に入ってみたら・・・これがすごーく良かったんです!今までベラスケスなんて特に好きじゃなかったのに、本物のベラスケスを見ると、それはただの肖像画ではないんです(ベラスケスは肖像画が多い)!ただ人物の顔を似せて描いているなんてモンじゃない、上手く言葉にできないけど、その人物の人生とか運命とか一生とかが描かれていたんです。
後世の画家たちがベラスケスがすごいと言う意味がそのとき初めて分かりました。

やっぱり百聞は一見にしかず、ですね。オーラソーマのボトルだって写真やインターネットと本物じゃ比べ物にならないほどの違いがありますもんね。本物は美しいのです〜。
12月5日(日)褒められたい

誰だって褒められたいでしょうし、褒められればうれしいでしょう。けど、私は人一倍褒められたがりのような気がします。それともやっぱりみんな私と同じくらい褒められたがりなのかしらん。
おとといあることである人たちから褒められたんです。その言葉がいまだに頭の中をグルグルこだましています。

そのおかげで、褒めてくれた人たちが私のことをいろんな人に言いふらしてくれて評判が広まり、私の周りに人が集まるような妄想は広がる一方です(笑)。あまりにも恥ずかしくて書けませんが、そこまで発展するかってくらいの派手な妄想もしちゃっています。

ずーっと昔、「脳内革命」という本がベストセラーになっていたころ、作者のナントカ先生(←名前忘れちゃった)の講演会に行きました。
その先生が言うには、「人間の行動原理は「褒められたい」に尽きる」だそうです。その講演会で先生が何を言ってたか全然覚えてないけど、この言葉だけは今でもはっきり覚えています。てことは、自分の中で何かその言葉は身に覚えがあることだったのかもしれません。

ホント、私って褒められて伸びるタイプってゆーの?おだてりゃなんにでも登るお猿さんです。
12月4日(土) 男女脳

どうみてもやっぱり男と女は違いますよね。
もちろん個人差はあるでしょうし私は男女差別をするつもりはまったくもってないのですが、でも違うモンは違うんだからしょうがない。

男の人ってどうしても、物事を頭で考える傾向(左脳的)があるみたいです。女の人なら綺麗な写真を見て「キレイーー」って喜ぶだけなのに、男の人は「この写真は解像度がどうのこうの・・・」とか言ってる。オーラソーマでも女性性の大きな特徴として「ありのままに受け入れる」と言っていますが、まさにそれ!男の人はそれがなかなかできないみたい。そうやって物事をとらえることもできるという感覚がそもそもあまりないようなんですよね〜。
オーラソーマについて、男の人と語る機会が会ったのですが、そもそも話がまったく噛み合わないんですもん。オーラソーマは女性的(右脳的)なものなんですね。
かといって女ばっかりだと、ヨン様騒動みたいなことが起きてそれはそれでコワい・・・。

どちらが良いとか悪いとか言ってるわけでもないんです。どっちも大切だと私は思います。
政治家や経済界のエライ人が男ばっかりの今の世の中(いや、もう何千年もそうですね)は不自然なんですよ。物事の捉え方が偏ってるから。男的な発想しかしてなかったら、そりゃ世の中から戦争がなくならないわけですよ。だからもっと社会のエライところに女性が増えればいいのにな〜。女性ばっかりでもなくて男女半々くらい。そしたら世の中ずいぶん変わるんじゃないかな〜。
12月3日(金) 必要ない人

しかし今日は忙しかったです。午前中から夜8時までひっきりなしにコンサルテーションしていました。しまいには自分が何を言っているのか分からなくなってきちゃった。
クライアントさんが選んだボトルを書き留めておく暇もなかったので、最後にまとめて記録を記入したのですが、その人がどのボトルを選んだかは全部覚えていました。「お客様の名前と顔はすでに忘れてるのにボトルは覚えてるなんて、さすがプラクティショナーね私って」なんて、一人悦に入ったりしてね(笑)。

今日のクライアントさんの中に妙齢の女性がいました。なんでも音楽関係の先生をしているそうです。
私が彼女が選んだボトルの意味をお伝えしていると、彼女は「それはまさに今自分が考えていること、もしくはすでに実行していることです」と言うのです。そして「今の自分は、問題があると必ず自分の内側に答えを尋ねるんです。すると次の日の朝に自分の中で答えが分かるんです」とも言っていました。つまり、オーラソーマのコンサルをして言われることはすべて、彼女にとってはすでに自分で知っていることだったんです。
最後には「自分が心から信じて実行していることが、今日このボトルを選んでコンサルの中で言ってくださった事とすべて一致しています。自分のしていることが正しかったと改めて分かって、私は今自分にとても感謝しています」と言いながら感激して涙ぐんでいました。
彼女と一緒に来てコンサルを受けた彼女の友人たちは、みんなボトルを使いたいと言ってくれて購入していきましたが、彼女は「私は必要ない」と言って購入しませんでした。

別にその人がケチとか偉そうだと言いたいわけではないですよ(笑)。むしろその逆。なんて素晴らしい人なんだろうと、私のほうが感激してしまったんです。

私の究極の願いは「オーラソーマを必要としなくても、みんなが自分で自分を知ることができるようになること」なんです。彼女は私が願っている人の姿そのものだったんです。とても生き生きとしてとても優しくて、そして謙虚で自信があってユーモアに満ちていて、人生の光と影を知っている・・・そんな人でした。私もああいう人になりたいわ〜。

しかしその人から、オーラソーマをすごいと言ってくださったり、私自身を褒めてくださったりしたのが、なんといっても一番うれしかったです。自信に繋がりますねっ!
12月2日(木) 焦り

あまりにもやることがいっぱいあります。今年中に終わらせておきたい、でもそれには体は1個で足りそうだけど、どっちかというと頭が3個欲しい!!考えて決めなきゃいけないことが多いんです。

そんな毎日なので、相変わらず外食が続いています。あ、これは言い訳か。忙しくても自炊してる人はしてるもんな〜。私は本当に自分で自分のために作るごはんが好きになれない人だな〜と思います。誰かが自分のために作ってくれたごはんが好き。

こんなに外食続きなのに、夏ころからずっと続いていた目のかぶれが引いてきました。かぶれて以来アイシャドウができずにいたのですが、昨日久しぶりにアイシャドウをしたけどなんともなかったし。良かった良かった。その理由は私が思うに、やはりクリアのおかげなのではないかしらん。

私は夏ころからずーっとクリア関係のオーラソーマ製品を使っているのですが、クリアには浄化作用があるのです。クリアを使うことによって、断食をしたのと同じ作用をもたらすことができるのです。かなりしつこく使っていたし、最近になってようやくその作用が効いてきたような気もします。

まあ、だからといってジャンクフードばっかり食べてちゃだめよね。