a ・ m ・ a ・ r ・ l ・ i ・ e
a t e l i e r
getting to know you
 内なる声にそっと耳を傾けてみよう・・・ アマーリエへ
ようこそ

welcome to amarlie
コース一覧表
オーラソーマ
ミスティカオイル
エステ
メイクアップ
プロフィール コーススケジュール
ご予約・お問い合わせ
お客様の声・感想
リンク
日記
お気に入り
ホーム
〜生まれて初めて日記付けます〜 日記のバックナンバーはこちらから
9月29日(水) 美肌の秘密

今日エステにいらしてくださったお客様は、もう何年も通っていただいている常連さんです。
彼女はもともと肌のとても綺麗な人ですが、今日は最初のクレンジングで肌に触ったときから、いつもよりいっそう肌の感触が良いのがすぐ分かりました。触っていて気持ちよいくらいにスベスベ・ツルツルだったんです。

エステが終わったあとでそのことを彼女に伝えると、彼女はとてもうれしそうに「分かりますか?」と言いました。
彼女は1ヶ月くらい前から、友人からクチコミで聞いた超音波の美顔器を購入して、今1日おきに使っているそうなんです。流行のビタミンCを導入できるタイプのものらしいです。
彼女自身はその効果をあまり実感していなかったようなのですが、でも全然違ったんですよねー、今までの肌と。

もちろん今までも綺麗な肌でしたが、一番の違いは肌のきめだと思いました。きめ細かく、そしてくすみがなくなっているように感じました。

私も以前ビタミンC導入やっていたことがあります。家にはその器械もあります。でも最近全然やってませんでした。やらずにただ「最近肌がくすんできたなー」なんて嘆いていました。
でも違うんだわ!彼女を見習って私もまたがんばろうっと。美肌は1日にしてならず。
9月28日(火) 先のことは分からない

結果を期待してやったことがそのとおりにならなかったり、かと思えば何の気なしにやったことが思わぬ好結果を生んだり、面白いものです。

以前、私がとっているあるメルマガ上である人が質問してきたことをたまたま私が知っていたので、メルマガ上でそれに答えたんです。だって、メールするだけだからたいして手間のかかることでもなかったし。でもそれ以来その人と交流が始まり、今では直接会う仲になりました。さらに私の仕事上でも、その人は自分の友人を紹介してくれたりしています。何の気なしにしたことが思いがけない展開となって広がっているのです。

そしてあんまり詳しくは言えないけど、ある意図を持ってやったことが全く思うような結果に結びついていません。かなり期待はずれでがっかりしています。

このことから思うのは、今自分がしていることがどこでどう繋がってどんな結果を生み出すのかは分からないということです。結論としては、良い結果を生みたいならそのために出来ることといえば、とりあえず今していることを精一杯誠意を持ってする、それしかないんだなと思います。

目標を持たないわけでもなし結果を期待しないわけでもない。でもそのために私達に与えられた時間は「今」しかない。「今」出来る限りの精一杯のことをする以外に道はないんです。そしてその結果がどうなるかは・・・誰にも分からないんです。

「今が全て」とはこういうことを言うのでしょうね。
9月27日(月) それぞれの道

30代も後半になると、友人の中には15年以上同じ会社で働いているという人も多いです(つまりその会社でしか働いたことがない)。そういう友人たちのほとんどは経営が安定して福利厚生のしっかりした大会社にいます。彼女たちは「毎日が代わり映えしなくてつまらない」とか「このままでいいのか考えてしまう」などと言うわりには、会社を辞める気配は一向にありません。
私はそういう安定した道を早くに放棄してしまったクチです。私はいつも「自分らしい道・生き方」みたいなものを捜し求めていました。ある会社に入っても「ここは自分の道とは違う」と感じると辞めて違う道を探す・・・それで何度も転職もしました。これからだって転職しないとは限らないです、無責任ということではなく。

自分がそういう道を選んだことになんの後悔もありませんが、それでも時々安定した道を歩んでいる友人がうらやましくなってしまうこともあります。
今は大きな会社にいるからといって一生大丈夫と保障されているわけではないでしょうが、でもやっぱりどこかで保障やあとネームバリュー(社会的信用)みたいなものが欲しくなってしまうときもあります。なにより、大きな会社にいる友人ほど辞めてないですもの。文句を言いつつも彼女たちもやはり自分の境遇の良さを判っているのでしょうね。

でもやっぱり、私自身ではそういうのは考えられないです。安定していなくても、自分らしいと思える道で生きていたいです。
でもやっぱり時々はうらやましくなっちゃうんだよね〜。
9月26日(日) 足を組む

椅子に座ったときに足を組む癖があります。

カフェなんかで、テーブルの高さが低くて足を組んだら膝がキツキツになってしまうような所でも無理やり組んでしまいます。組んでいないと落ち着かないのです。足をそろえて座っていると、足の筋肉がだんだんプルプルしてきて(つまりどこかに無理に力を入れているってことですよね)辛いのです。骨盤が曲がっているのは自分でも感じるのですが、でもそれで収まりが良くなるカンジ。これってズレてるってことですよね〜。

元モーニング娘。(今W)の辻ちゃんは足が組めないんだって。体が固いというわけではないようでしたが、きっと骨盤がまっすぐなんだろうな〜うらやましい。
9月25日(土) まぶたの腫れが収まった

おととい母からもらったのですが、枇杷のエキスはすごいっ!!
なんでも抗炎症作用や化膿止め・打ち身にも良いそうで、母が夏場に出来てしまったあせもや蚊に刺された部分などに枇杷のエキスを塗ったらあっという間に直ってしまったんだそうです。
私はもともと1年中肌に失神がでていてかゆみもあるので、母にもらった枇杷エキスをぬってみたら、本当にかゆみがピタっとおさまったんですよねー。こんなに即効で効果が出たのは昔医者でもらったステロイド以来ですよ。

で、さっそくかぶれて腫れていたまぶたにぬって、母にちょっと塗るだけで良いと聞いていたのにも拘らず、エキスをひたしたコットンをまぶたにのせたままで寝てしまったんです。早く直したくてさー。でも逆効果でした・・・(苦)。それで昨日はかえってまぶたがひどく腫れてしまったのですが、夕べは反省して軽く塗るだけにしたら今朝はさっそく腫れがひいていてまだ赤みはあるもののとても良くなったんです、ほっ。

枇杷エキスの作り方は簡単だそうです。
乾燥させた枇杷の葉っぱを適当な大きさに刻み、適当な大きさの瓶いっぱいに詰めます。その中に35度(35度じゃなきゃだめらしい)の焼酎をいれて3ヶ月放置するだけ。梅酒を造るようなかんじみたいです。できあがったエキスは2〜3倍に薄めて使えば良いそうです。
私はアルコールに肌が弱いのでやりすぎてまぶたを腫らしましたが、塗るだけなら平気だし飲んでも良いそうですよ。
とにかく効く!これに尽きますねっ!おばあちゃんの智恵袋!
9月24日(金) まぶたの腫れ

最近の食生活の荒れをなんとかしなくてはいけないと分かってはいたんです。

まぶたがかぶれるようなカンジのアレルギーで赤くなり始めてからもうかれこれ2ヶ月くらいたっています。その原因が食べ物にあるんじゃないかとなんとなく感じてはいたんです、なのになにも手を打たずロクなものを食べない日が続き、ついに眼帯をしなくてはいけないほど腫れてしまいました。
そしたら今日になって、ある雑誌から取材の電話をもらいました(ありがたや〜)。
「こりゃマズい!取材を受けるのにこんな顔では絶対にマズい!」と急に焦りだし(こういうことを気にするなんてやっぱり私も一応女性なのね〜笑)、今日からさっそく食生活の改善に乗り出しています。

まず水を飲む量。
呼吸法を始めて水を飲む量がとても増えたのですが最近また減っていたのです。飲みたいんだけど忙しさにまぎれて後回しになってしまっていたんです。でもやはりたくさん飲むようにします。体内の循環を良くしなくては。
そして食事の質。
まずはミニ断食です。今日の夜はカボチャのみ。明日明後日はリンゴとバナナと天然のサプリメントのみで過ごす予定です。で、水分たっぷりとってお風呂にゆっくり浸かる。そしてお風呂の中ではフェイシャルマッサージです!顔のくすみもとらねば(笑)。

はぁ〜どうなることやら。どうせやるなら目がこんなに腫れる前にもっと早くやれよ〜。
9月22日(水) 真実の定義

恋に悩める友人に「あなたは透視とか霊視とかできるんだから私の恋の行方を見て〜」と言われました。15日の日記にも書いてるけど、だから私は透視も霊視もできないっつーのっ(笑)!

しかし、そのテの能力というのは本当に誰もが日常の中で時には発揮しているものなのですよね。「虫の知らせ」とか「気配」とか、感じたことありますよね?ただ本人が自分の感じた感覚を信じているか疑っているかだけの違いではないでしょうか。例えばなにかのビジョンが浮かんだとして、「なんとなくそんなのを見た気がする・・・」とだけ思うのか、「たしかに見た」と確信するのかの違い。どっちにしろこのテのことには証拠なんてないんだから、「見た」と言えばそれだけでそれは真実になりえるのよね。

かくいう私も自分の前世をいくつか知っています。これだって自分がそうだって思い込んでるだけと言っちゃえばそれまでヨ。でもね、やはり単なる思い込みとはなにかが違うのです。

例えば夕べの夕飯のおかずを覚えてるかと聞かれればまず誰もが覚えてるでしょう。「ちょっと待って。今思い出したそのおかずで本当に正解ですか?」と誰かに聞かれても「いや、絶対にそうです。だってはっきりと覚えてますから」とほとんどの人は確信を持って答えるでしょう。しかし、2週間前の夕飯のおかずとなるとどうでしょう?ぼんやりとは思い出せるけどだんだん曖昧な記憶になってくるのではないでしょうか。
私はそのはっきりと思い出せる感覚で、あるとき2000年前のことを思い出したんですよ。夕べのおかずに確信をもてるのと同じくらい確信をもてるほどのはっきりした感覚なんです。だから私にとってその記憶は真実なんです。夕べのおかずと同じくらい真実。
9月21日(火) 手が荒い人

あるお茶の先生の話。

「良い(=高価な)器はもったいぶらずにどんどん使いなさい。何故なら高価な器は大切にていねいに扱うけれど、安いものはていねいに扱わないでしょう。安いものばかり使っていると手が荒くなっしまって、それは茶道具の扱い方を見ていれば、その人が普段どんな器を使っているか分かってしまうもの。手が荒い人になってはいけない。」

この言葉を聞いてものすごく感動してしまいました。目からウロコが落ちました、ポロ。

これは私がいつも考えていたことなのです。でも今までなんとなく漠然としていたけれど、この言葉を聞いてはっきりと分かりました。自分の生きてゆくうえでの指針や価値観がはっきりしました、私はこういう風にして生きてゆきたいです。手が荒い人にはならないゾ!
9月20日(月) 浮気

「彼(彼女)の浮気は絶対許さない」って人、世の中にたくさんいるようなのですが、私は「別に浮気くらいいいじゃん」と思います。これってやはり少数派なのかシラン?こういう考え方ってヘンですか〜?
浮気するくらいのほうがむしろ健全でないか?だってたとえば30歳で結婚したとして、その後の何十年の間一人の人としかエッチしないというのもなんかなー、と思ってしまいます。

ただ大事なのは、浮気したことを軽々しく相手にバラさないということ。嘘もバレなきゃ真実ですから、要は気づかれなければ相手に心配かけたり傷つけたりしないんだから、相手の人は幸せなままですものね。人を簡単に傷つけられちゃう人は最初からだめ!相手の人を大切に思うならば、そこのところは浮気のマナーとして守って欲しいものです(私は一体何様だ)。逆に、マナーが守れないような中途半端なヤツは浮気なんかする資格はないのじゃ!

妻子があるくせに別の女と「妻とは上手くいってないから別れて君と結婚する」と言いながらだらだら付き合って、結局いつまでたっても離婚はせず、挙句の果て女は妊娠・内縁の妻状態にさせている男がいます。また、「妻子を愛してるし別れるつもりは全然無いけど君のことも好きだから付き合おう」という男もいます(どっちも実在する男の人)。
私は断然後者の方がよっぽどマトモな奴だと思うけど。

こんな話題になったのは、今日女同士でそんな話をしていたからです。二人ともその辺の意見が一致したのですよね。
浮気が許せないという人の意見がすごく聞きたいです。どうしても自分にはない考えだから、どういう心理なのかとても興味があります。
9月19日(日) 考えられない

最近の忙しさにまぎれて、「今」の自分を感じる時間が取れていないな〜と思い始めて、早2ヶ月くらい経ちます。

日頃コンサルテーションの中で人に言っていることです。「忙しいでしょうが、それに流されてなんとなく日々を過ごしてしまうのではなく、1日の中で少しでも良いから自分の内側に入ってゆく時間を取れると良いですね」って。それなのに〜。

自分に鈍感になっているときって、特に食べるもので分かるような気がします。例えば私の場合は、チョコレートは体に合わないんです。それで、自分に敏感になっているときはチョコを食べたいとも思わないのに、鈍感になっているときはむしろ食べたくなるんです。食べても食べてもまた食べたくなる。そして悪循環にハマる・・・みたいな。

今もそうなっています。ああ、分かってるんだったら直せよなー(苦)。
9月17日(金) 異常に眠いよ

今日クライアントさんと話をしているときにすんごく眠くて困ってしまいました。

夕べもすごく眠くて、家に帰ってきて服を脱いでから「まずちょっとソファで休んでそれからメールやらなんやらしよう」と思ってソファに横になった・・・それからの記憶がありません。
気づいたら夜中の3時でちゃんと自分の部屋のベッドで寝ていました。それでトイレに行ってまた寝ようと思ったら、今度は全然眠れなくて悶々としているうちに朝の8時になっちゃった〜。今日の仕事は午後からだったのですが、「眠れないなら夕べできなかったPCをやろう」と思い、結局寝ないまま今に至ります。
こんなだから仕事中に眠くなってしまったのかもしれません。

いや、それにしてもここ1週間くらいの眠気はすごい。睡眠薬を飲んだときみたいです。なので今日ももう寝ます〜。
9月16日(木) 愛と情

自分が愛情深い人間じゃないことにコンプレックスを抱き続けてウン十年。最近ようやく、決してそうではないということに気がつきました。
それを日本語で言うならば「愛」と「愛情」の違いとでも言いましょうか。多分私は「情」に厚い人ではないけど、それはイコール「愛」がないということでは決してないのですよね。

自分が誰かを好きになると私の場合はいつも、好きな人に自由を与えてあげること・その人が自分らしく生きられる(心の)場を乱さないこと・その人の意思を尊重すること、等がとても大切になります。なにより自分がそうして欲しいし。こうしてみると私ってやっぱりターコイズやグリーンの人なのね〜。
でも、面倒を見たいとか引っぱっていきたいとかサポートしたいっていう気持ちはほとんどないです。むしろ自分の世話くらい自分でしろくらいの勢いです(笑)。本当にその人が辛いときには助けてあげたいけど、そうなるまでは放っておくみたいなかんじ。

すぐ相手に同調しちゃうけど同情はあんまりしないし、こんな自分は優しくないのかな〜と常に思っていましたが、そうじゃないですよね。相手を尊重するのが私なりの優しさであり愛の表現なんだワっと、やっと思えるようになってきた今日この頃。そう思えるようになってすごく安心したしうれしかったです。
9月15日(水) 特殊能力

ミスティカオイルのコースを受けに入らした方には、終わったあと必ず施術中に感じたことをお伝えするようにしています。ミスティカのコースは手順というものが全く無くセラピストの直感で手を動かすので、施術のたびに内容が違ってくる、いわばオーダーメイド的なものなのです。どう手を動かせばよいかは「なんとなくこう感じる・・・」という自分の感覚だけが頼りになっています。「そんなんでいいのか」って言わないで。そうするしかないんだもん〜。

今日いらした方にも施述中感じたことをそのままお伝えしたらすごくびっくりされて「私はその部分(私が指摘した体のある部分)がまさに悪いんです。どうしてわかるんですか!?」と言われてしまいました。なんかこのシチュエーションってどこかで見たことがあると思ったら、私が精神世界系のセッションなどを受けて、セラピストが言ったことが当たっていた時の自分のリアクションと同じじゃーん(笑)。

私も、クライアントが言わないことを言い当てる人たちは、なにか特別な能力を持っているものだとどこかで思っているのですよね、今でも。「この人たちは特別で自分とは違う」と。でもいざ自分がそう言われる側になってみると「なぁんだ、これって誰にでもある力で特別でもなんでもないじゃん」って、ホント思いますヨ。

プロ野球選手は、バットのグリップの太さが1ミリ違っていても、はっきりとその違いを感じ取れるそうです。藤原紀香は体重が100グラム増えたらその場で分かるそうです(すごいっ!)。
本当のプロは自分の専門分野において、やはりそのくらい感覚を研ぎ澄ましているんですね。

私が人のエネルギーを感じ取れるのだとしたら(そんなことないと思ってるけど)、それはやはりプロとしてより良いセッションをしようと、セッションに集中して感覚を研ぎ澄まそうとしているからかもしれないし、数をこなすことで段々感じられるようになってきたというのもあるかもしれません。いづれにせよ、誰でも出来ることだなーというのが、感想。
9月14日(火) 悲しい・・・

最近子供が犠牲になる事件が多過ぎます。なんでだろう・・・。
ムシャクシャして道端の空き缶を蹴っ飛ばすように、簡単に子供を傷つけてる。なんでこんなに簡単にできるんだろうか。

何日か前の日記に書きましたが、今はなにか自分が満たされていないと感じている人がとても多いと思います。そもそもそれを解決できるのは自分なんですが、百歩譲ってそのストレスを何かで発散するんだとしても、それが子供を傷つけることであるのは考えられないです。
さらに百歩譲ってもし子供を(弱者を)傷つけたいという気持ちになったとしても、それを実行してしまうのは理解できません。

そういう気持ちになったとしても、人間には理性があるはず。理性的に考えれば、罪のない子供を傷つけることの無意味さに気がつかないものでしょうか。子供が可哀そうだとか以前に、そんなことしたって自分が幸せにはなれないんですよ。

私の中にも邪悪な自分がいます。誰の中にもいるのではないでしょうか。それを否定するのではなく、そういう自分もひっくるめてもっと自分のことを突き詰めて考えなくてはいけないと、そして感じなくてはいけないと強く思います。本当に、鈍感過ぎる人が多くて怖いです。
9月13日(月) ブループリント

ところで突然ですが、10月22日(金)19:30〜代々木第一体育館にて行われる「東京スカパラダイスオーケストラ」のライブチケットが2枚(連番)余ってます。2階席ですが良かったらお譲りいたします。1枚¥5250でございます。友人と手分けしてチケット申し込んだら二人とも取れちゃったのでした〜。どなたかご希望の方がいらっしゃいましたらメールにてご連絡くださいませ。
スカパラライブはサイコーよっ!曲を知らなくても歌がなくてもあんなに盛り上がれるライブは他にないんじゃないだろうかってくらい、ちょー気持ちいいー(←今年の流行語大賞最有力なんだって、笑)。

最近周囲の人たちがすごく行動的になってるみたいな気がします。しかも自分の行動原理が個人的欲求を超えてるというか、なにかもっと大きなものに突き動かされてるような感じの行動に見えるのです。つまり、自分の欲とか報酬とか成功とかのためではなく、世界の平和のためとかそういうもののために行動してるカンジ。しかもみんな楽しそう!これってすごく良いことですよね。

私はいつも自分以外の誰かのために何かしよう!なんて、考えないように気をつけています(笑)。そういう動機で行動してもかえってストレスがたまってしまうのです(ごめんなさい・・・)。
やっと最近、そんな自分を認められるようになってきました。私の場合は、自分が楽しいことをしているほうが結果的に人のためになっていくみたいなので、ね。でも、最近の周囲の人たちの行動を見ていると、彼らはすでにそれすらも超えている感じがします。完全に個人としての自分と全体としての自分が合体しているように見えるのですよね〜。
ブループリントを生きるってああいうことなのかな〜。素敵ね〜。
9月12日(日) アストロロジー

アストロロジー(占星術)の講習会に行って来ました(先生をやるって、ただ生徒に教えていれば良いわけじゃなくて、常に自分がスキルアップしていかなきゃいけないから、やることがたくさんあって大変なんだな〜とつくづく思い知らされてる今日この頃。でも好きなことしてるから全然苦じゃないのが救いです)。

アストロロジーの奥深さには驚嘆するものがあります。
惑星が人になんでそんなに影響を与えてるのかイマイチ実感がわかないかもしれませんが、でも例えば月の影響による潮の満ち引きを考えてみただけでもそうですよね。一体人間がどんなにがんばったって、海の水全体をあんなに動かすことなんてできないですよ〜。
また例えば、私達が自分の周りにいる人や場所などの環境に影響を受けていることを疑う人はいないでしょう。ならばどんなに遠くても惑星の影響も受けていないとはいえないでしょう。しかも遠いったってすごーく巨大なものだから、私達にもそれなりの影響を与えてるのも理解でき・・・るかな?

私の太陽星座はてんびん座です。てんびん座のカラーはグリーン。実際グリーンは私がいつも選ぶ色です。しかしその捕色にはレッドがあって、私はレッドを選ぶことはほとんどないのですが、アストロロジーで裏ボトルをどんどん見てゆくとレッドだらけになったりするのですよ〜。
たしかに私は自分の中に(選びはしなくても)レッドのエネルギーがたくさんあるのを今は自覚していて、そのレッドエネルギーを上手く使ってあげないとものすごいフラストレーションがたまってしまうのです。それに気づいてからは、例えば日常でストレスがたまったなと感じるときその原因をみていくのにものすごい役に立っています。自分がどんなときにストレスを感じるのかが分かったので、対処することもできるようになってきました。

すごいなー、アストロロジー。でも先生も言ってたけど、常に大切なのは「自分を知ること」なんですよね。そうすることで自分の人生を幸せなものにしてゆける。アストロロジーは自分を知るための大きなサポートツールなんです。
9月10日(金) 見失わないように

アマーリエのサロンには、オーラソーマを作ったヴィッキー・ウォールの写真を飾っています。時々サロンにひとりでいるときに写真のヴィッキーとふと目が合ったりすると、話しかけたりするんですよ(笑)。

ヴィッキーはもう13年前に亡くなっているので、私は本人に会ったことはありませんが、オーラソーマに触れているとヴィッキーのエネルギーを感じられることはよくあるのです。それは、オーラソーマにはヴィッキーのエッセンスが入っているからなんだと私は思います。そしてそれに触れることは自分にとって、オーラソーマの本質を忘れない・本質からずれないようにするために良い機会になっているのです。

特にコースを始めてからは、よくヴィッキーに確認します。「今日のコースはあれで良かった?」「私の言ったこと間違ってない?」「どうぞ見守っていてください」等等(恥ずかしいなぁ)。
それでもって、そうやって尋ねるとちゃんと答えてくれる(ような気がする)んですよねー。それは言葉としてではありませんが感覚というかテレパシーみたいなかんじかな〜。ヴィッキーが見ていてくれるというのは非常に安心するしうれしいです。肉体は滅んでも魂は永遠なんですよね〜。

思い過ごしと言われればそれまでですが、なんとでも言って(笑)!
9月9日(木) ダロ

私の一番のささやかな楽しみは、美味しいコーヒーを飲みながらスポーツ新聞を読むことです(オヤジ・・・笑)。
家の近所にそれにちょうど良い喫茶店があるので、仕事が休みの日などは必ずといってよいほど出かけています。コーヒー以外のメニューが充実しているわけではないのだけど、とにかくスポーツ新聞と男性週刊誌が充実しているんです(笑)!

スポーツ新聞好きは大学生くらいのときからかな〜。当時ロッテオリオンズで三冠王をバシバシ取っていた(現中日監督)落合が大好きになってしまって、マイナーなパリーグの試合などどのテレビ局でもやっておらず、彼の情報を集めるにはスポーツ新聞を読むしかなかったんですよね〜。

今日も昼休みにコーヒー飲みたさに入った喫茶店で新聞が置いてあったのでさっそく読もうとしたのですが、どのスポーツ新聞を見ても1面トップにはでっかい「ダロ」の文字が並んでいたのです。「ダロ」「ダロ」「ダロ」。「ダロ」?なんのこっちゃ?

とりあえずサンスポを手にとって(私はサンスポが一番好き)その記事を読んでみると、「ダロ」とは「ダイエーとロッテ」の略のことでした。「ダロ合併」なんて書いてありました。なんだー!?
スポーツ新聞って昔から言葉を略したりテキトーに繋げたりしますよねー。木村拓哉をキムタクとかマツモトキヨシをマツキヨとか略すのは、実は昔からある風潮なのかもしれません。

それにしても「ダロ」の意味が分かったときは大笑いしちゃいましたヨ。だってダロって一体・・・(大笑)。
9月7日(火) 天気模様

今日の東京はめまぐるしくお天気が変わりましたね。ピーカンに晴れていたかと思えば、どしゃぶりになって、あっという間にまたピーカン。

これは自分の悪い癖だと思うのですが、天気予報を気にせずに外出してしまうのです。朝(夕方でもいいけど)家を出るときの天気が晴れてれば傘なんて持たないから、後で雨に降られて大変な目に会うのですよ〜。みんなに「雨の予報だったじゃない」なんて言われても、「だって天気予報見てないしー」みたいな。

今朝も家を出るときはきれーいに晴れ渡っていて日差しも強そうだったので、日傘まで持って外出しました。が、その20分後、地下鉄を降りて地上に上がったらザンザン降り。今日の仕事場までは駅から徒歩1分の距離だったにもかかわらず、びしょぬれになってしまうほどでした。
そこで30分ほど仕事をしてまだ外がザンザン降りだったので、仕事場の隣のスーパーでビニール傘を買い、次の仕事場まで15分ほどの距離を歩いている間にまたしてもピーカン照りになりました。だからそのときの私は、雨傘と日傘と2本傘を持っているというなんともヘンな状態に。
あまりにも天気が良くなってしまったのでビニール傘はその場に置いて、またしても次の場所へ電車で移動したのですが、電車を降りたらまた降ってるしー。あーん、こんなことならビニール傘置いてこなきゃよかったよ〜。

・・・てな具合で今日は何回雨に濡れたことやらわかりません。まあ、こんな日もあるでしょうね。
それにしても雨上がりの青空のなんと美しかったことか!青い空と白い入道雲とグレーの雨雲がミックスされてて、まるでルネッサンス絵画のようでした。

でも西日本ではそれどころではないことになっているんですよね。自然には逆らえないとはいえ、怪我をした人や亡くなった人やその家族の人たちには、なんともお気の毒としか言えません。
先日だんなさんが「80何歳になって台風で死ぬのってなんかせつないな」と言っていたのが、なんとなく心に残ります。
9月6日(月) 子育て

不謹慎と思う人もいるかもしれませんが、私はいま37歳ですがまだ自分が子育てをしたいとは思いません。だって自分がまだまだ充分大人になっていないから、そんな人間が人間を育てることなんてしていいのかなと思うのです。子育ては、いろんな人生経験を経て内面的に充分大人になった人間がするべきです。例えば村の長老とか(笑)。
しかしここで問題なのは、子供を産めるのには年齢制限があるということです。子供を産むのは若い女性しかできないこと、しかし(私の理論からすると)子供を育てるのはお年寄が望ましい。これでは産みの親と育ての親が違うことになってしまいます。ここが私が子育てに関して「神様は一体どうしたかったんだろうな〜」と、分からなかった所でした。

しかししかし!よくよく考えてみれば、別に産みの親と育ての親が違ったっていいんじゃない!?と最近気づきました。
若いうちはやっぱり夢や希望や欲がいっぱいあって当然だから自分のことに集中したいだろうし、そこで充分に集中できないと年を取ったときに後悔してしまいそうなんですよね、少なくとも私は。逆に言えば、今を後悔なく生きられれば年を取ったときに人のことを充分に考えてあげられるというか、自分に対する欲みたいなのがあんまりなくなるんじゃなかろうかと・・・。そうなったら、そのときは子育てですよ(笑)。

私の理想は、今は自分の魂の欲求のままに「自分は一体なにができるのか?どこまでできるのか?」を試したい。そして、もう自分のことに集中するのは充分だと感じられる時がきたら、今度は人になにかを還元する・小さな子供を引き取って育てたいです。別に自分の腹を痛めた子供じゃなくて全然構わないし。うーん、てことは保育園経営とかかな(笑)?
9月5日(日) 眠い

いやーよく寝ました。今日は昼間しか仕事がなかったので、3時には家に帰り、ベッドで本を読みつつ居眠りしてしまいました。起きたら9時。
ここ1〜2週間くらいすごく眠いです。やっぱりなにか地球規模のエネルギー的な変化があったのかな?

以前何人かの人に言われたのですが、自分の中のエネルギーが変化するときってすごく眠くなるそうです。あとは咳が出るってのもあるみたい。確かに、自分の中で何かが変わりつつあるのはすごく感じてるのですが、なんか忙しさにまぎれて(あと咳が止まらなかったから呼吸法も最近お休みしてたのも関係しているかも)、自分を感じる時間を最近あまりとっていません。
昨日の日記に自分で書いてるくせに、私こそもっと自分に敏感にならなきゃいけないなーと思います。

あ、だめだ、また眠くなってきた・・・。もう寝ます・・・。
9月4日(土) せつない

昨日の日記にも書いたように、ここ数日急にミスティカオイルのコースを受ける人が増えました。とてもうれしいです。

ミスティカではまず最初に11枚のカードの中から1枚を選んでもらうのですが、なんと今日までに4回連続で同じカードが引かれていました。もちろん毎回違う人が引いてるんですよ。これはびっくりでしょ!?今年の春頃に自分でも8回連続で同じカードを引くという離れ業(笑)をやってのけたことがありましたが、4回でもすごい確率ですよね。
ミスティカオイルは本当にミスティックなオイルだと思います。アロマオイルのようなものなんだけど、アロマオイルというだけでは済まされないなにか不思議な力が備わっているというか・・・。今回4回連続で引かれているカードも、私が引いてるわけじゃないけど、こういうときは必ず私に対してもなにかのメッセージがあるものです。今のところそれがなんなのかはっきりとは分からないけど、焦らずに自分を見つめて行ればいずれ分かると確信しています。

それにしてもロシアの小学校占拠事件は悲惨です。犠牲者が想像以上にいて、しかも半分くらいが子供だと知って、とても切ない気持ちになりました。今日は切ない気持ちにさせられることが他にもありました。

今という時代は、どこか満たされない気持ちを抱えながら日常を暮らしている人がなんと多いことか!しかもモノや情報に溢れている時代だからなのか、自分のことに鈍感になっている人がとても多いと思うんです。だから本人が思っている以上に、その人の中のその問題は深刻かもしれないんです。
だからやっぱり「魂」です。自分の「魂」の声をもっと聞く必要があります。自分を満たせるのは自分だけ。でも、たったひとりでそれをするということではありません。例えば、誰かが目の前にごちそうを並べてくれました。でもそれを実際に食べて味わうのは自分にしかできないでしょ。そういうことです!
9月3日(金) これは偶然?なワケない

先月31日に発売になった雑誌「トリニティ」にアマーリエのミスティカオイルのコースが紹介されて以来、ミスティカのご予約が増えました、ありがたや〜ありがたや〜。

サロンをオープンして早3ヶ月、恥ずかしながらこの3ヶ月の間で、(ご紹介ではなく)純粋にホームページを見てミスティカコースをご予約してくださったのは2人だったんです、たった2人(涙)。私はミスティカオイルも大好きなので、この現状にはかなり心を痛めていたのです。
それが雑誌が出てからまだ4日目なのですが、この4日間でミスティカコースにご予約いただいたのは5人です!3ヶ月で2人から、4日間で5人に大幅アップ!これはうれしいことですね〜。さすが雑誌に載るというのはやはり大きいんだな〜と実感しています。

しかし!ここでとても不思議なことがあるんです。
この4日で5人がミスティカコースに予約してくれたといっても、5人うちの少なくとも2人は雑誌を見てのご予約ではないのです。普通にホームページを見てのご予約なんです。つまりもしミスティカコースが雑誌に載らなくても、普通にホームページからご予約してくださった方の数が、3ヶ月で2人だったのが、4日間で2人になったんです。これでもすごい大幅アップですよね。

なぜこのタイミングで急にミスティカコースへのご予約が増えたのか?これにはなにか不思議な力が働いているとしか思えないんですよねー。どういうエネルギーの流れなのかしら。こういうことがあると、意識が現実を作り出すというのを実感します。ホント、面白いですよね。
9月2日(木) 今すべきこと

やっぱり思うんですけどね、なにか大きな目標を達成するためには、大きな目標はもちろん身近な目標と両方同時に考えながらやらなきゃいけないんですよね、きっと何事も。
「千里の道も一歩から」だから、今すべきことをしなくちゃ先の大きな目標なんて達成できないでしょうし、かといって今のことだけ考えててももしかしていつの日か大きな目標を達成できるかもしれないけど、すごく時間がかかるかもしれない。それも長い目で見れば無駄なことではないかもしれないけど、効率が良いとは言えませんよね。
だからやっぱり今を大事にして今に集中しつつ、脳みその片隅で先のことも考えてる・・・今をアツく!生きつつもどこかでクールに自分を見つめてる自分が必要とでも言いましょうか、この微妙な按配が必要なようです。

こんなことを書いてみたのは、まさに今私にはそのような自分が必要だからなのです。
まだ言いたくないけど、今私には大きな目標があります。そして、その目標が決まったときから、目の前に(なにものかの手によって、笑)ハードルが並べられ始めました。つまり、「大きな目標を達成したいなら、まず目の前に並んだハードルに集中してこれをクリアしなさい」ということなんだと思います。そして今私は言われたとうりにしています(誰に言われたのって聞かないで、私にも上手く答えられないし〜苦)。

するとすると、ホントに不思議なんだけど、いつの間にか大きな目標に近づいていることに気がつくのですよー。
目の前に並んだハードルに本気で集中していると、「これをクリアしたらどうなるのかな」などというヘンな期待や不安が浮かびません。だって「今」に集中しているから。そしてハードルをクリアすると、そこには思っても見なかったような現実が現れて、結果的に自分が予想してたのとは全然違った道で、目標を達成しちゃってたりするのです。

今の私はやるべきことが分かっている、そういう意味では迷いがないとてもよい状態です。先の目標のことを考えてないわけじゃありません。それを実現するにはまず目の前のハードルを越えることだと知っているってかんじです。やるじゃん、私(恥)。