〜生まれて初めて日記つけます〜
日記のバックナンバーはこちらから
1月30日(金) ひらめきの源

精神世界系・の人ってよく「上から降りてくる」なんて言葉を使います。自分を越えた存在からメッセージがきたようなときのことを言うのですが、そう聞くとなんか特別な人(霊媒師とか、笑)にしかできないように感じるかもしれませんが、でもそれってだれでも日常的にやってることです、少なくとも私はそう思います。
ドリカムの美和ちゃんも「曲が出来るときは上から降りてくる」と言ってましたし、ミスチルの桜井さんも同じようなことを言ってました。なにかが「ひらめく」ときって、イコール「上から降りてくる」瞬間なのではないかしらん。

ただ最近「ひらめき」にも少なくとも2種類あるようだということに気づきました。それは「上から降りてくる」ひらめきと、「下から突き上がってくる」ひらめき、です。

今思えば私は「上から」派だったようです。最近「下から」を経験してみて初めてひらめきの源は上だけじゃないことを知ったのです。今は下からの方が断然多いんですよ、なんでだろ〜。まあなんとなくは分かってるんですけどね〜。

またしてもワケ分からん日記になってしまいました。でも、この「下からのひらめき」が私らしくなくて、そこがなんとも面白くって。


1月29日(木) タイムラグ

最近不思議に感じていたことがありました。年末くらいからなのですが、自分で選んだボトルがなんだかへんだったんです。
普通オーラソーマでは、1本目のボトルがその人の本質を現し、2本目が過去・3本目が現在・4本目が未来をそれぞれ現すというふうに読み取ります。ところが自分の選んだボトルをそのとうりに読むとなんかヘンで、よくよく感じてみるとどうも1本づつずらして、つまり2本目が本質・3本目が過去・4本目が現在・1本目が未来と読んだほうが自然な感じがして、しかもそんな現象がつい最近まで続いていて「なんでだろう??」と思っていたのです。
今思えばやはり年末年始にかけて、友人にタロットやら占星術やらで2004年の私をみてもらった時も「それ、2003年の私のことじゃないの〜?」と言いたくなるような、すでに起こったことをおさらいしているような結果が出ることが続いて、「なんかヘンなの??」と思っていたのでした。

おとといまた自分でボトルを選んだときに、3本目の現在(か過去なのか?)のボトルが「タイムラグを正し、正しいときに正しい場所へあるように、シンクロを起こす」などの意味のあるボトルで、「ああ、そうだったのか〜。なにが原因かは分からないけど、最近の私は一種のタイムラグを起こしてたのね」と、ようやくなんかヘンと感じていたことの理由が分かったのでした。

理由が分かった私は、クイントエッセンスの「正しいときに正しい場所にいるように」サポートするのがあるので、それを使い始めて今日で2日目なのですが、なんと今日さっそく!ちょっとびっくりするようなシンクロが起きたのです、即効だな〜うれしいな。
どんなシンクロなのかは理由あってまだ誰にも言えないのですが、近々言えるようになる・・・かな?なるといいなと思っています(笑)。


1月28日(水) 自分を責めないこと

今日の山川亜希子さんからのメルマガを読んでいて、すごく安心したことがありました。
亜紀子さん自身が「自分は人よりゆっくりした速さで成長している」と書いていたのです。さっきこの部分を読んで、ものすごくほっとして泣きそうになった自分がいました。

考えてみると、この部分に引っかかるということはそれだけ「自分は人より成長が遅い」と思っているということですよね。しかも「人より成長が遅い自分はだめだ」とも思ってたってことでもあります。
たしかに。私、そう思ってました。「私は、自分が成長したくていろんなことを経験したし、セミナーなんかにもたくさんでたりしてるけど、その割には人よりも成長が遅いみたいだ」って、劣等感を持ってました。
でも亜希子さんほどの人(とあえて言わせていただきますが)でも、「自分は人よりゆっくり・・・」と思ってるんだー、と知っただけでこんなに救われた気分になるなんてね。
人と自分を比べないというのは最近の私の課題ですが、こんなことなら比べてもいいんじゃな〜いと感じました。

亜希子さんと私の大きな違いは、「人より遅い自分を責めるか責めないか」のところだと思います。私はそんな自分を責めてしまっていたけど、亜希子さんはそんな自分を認めているようです。
ならば「人と比べてしまう自分を責めない」でもいいんじゃないか?どんな自分でも、まずは自分を責めないところから始まるんじゃないか?負けを認めて(負けてる自分を責めないで)新しく始まれたこのまえの私みたいにね。


1月27日(火) お願いがあります!

ノートパソコン(正確にはポケットPC)のデータが全部吹っ飛びましたっ!ぎゃーーーーーっ!

一瞬頭真っ白になるもんですね、こういうときって。現実を認めたくないというか(笑)、「うそお!?」って。
スケジュールや最新のお客様のアドレスなどはすべてそっちに入っていたので、とても困っています。あ〜もっとこまめにバックアップしておけばよかったーー、激しく後悔・・・。

本当に本当に申し訳ないのですが、もしこの日記を読んだ方でこの先私となんらかの約束をされている方、もし良かったらお手数なのですが私にご一報いただけるとありがたいです〜。約束もほとんどは覚えていると思うのですが、もし当日待ち合わせ場所に私が来ない・・・なんてことになるのも申し訳ないしーーー。

ああ〜ん、もしなにかご迷惑かけるようなことがありましたらホントにごめんなさい〜。


1月26日(月) なっち

ついになっちがモー娘。を卒業しました。
昨日の卒業公演・横浜アリーナに行ったわけじゃないけど、夕べから2ちゃんねるのモームス。版を読んでどんなだったか情報を得て、今日はスポーツ新聞読みたさに新聞の置いてある喫茶店に入って読みまくっていました。
もうね、2ちゃんねる読んでるだけで感動のもらい泣きですよ。で、スポーツ新聞でも大きく取り上げられていて、記事を読んでまたもらい泣き。モー娘。の他のメンバーも泣き崩れてすごかったらしい。

でもね、なっちはホントにすごいと思う。
モー娘。になってからもいろんなことがあったと思うんですよね。もう辞めたいと思ったこともいっぱいあったと思うんですよね。私なんかの想像以上に辛いこともたくさんあったと思うんですよね。

それでもいつでも一生懸命だったのは、テレビを見ているだけでも充分に伝わってきましたモン。辛そうなのが伝わってきて見ている方も辛くなる時もあったけど、決して弱音をはかない・言い訳しない。きっととても純粋でとても強いな人なんだろうな〜。

私もなっちみたいな強い女性になりたいです(涙)。なっち、これからも応援してます、がんばって〜。


1月25日(日) 呼吸法クリア

呼吸法、昨日で60日達成しました、わーい、パチパチ。

フィジーに行ってるときに1日だけ出来なくてイチからやり直したので今日になりましたが、すでにほぼ2ヵ月半続けています。飽きっぽい私にしては快挙だわ。
やっぱりそれだけ良さを実感してるからなんですよね〜、食生活といい、体調といい、精神的にも比較的安定してるし、でも敏感さは増しているような気がするし・・・う〜ん、良いことずくめ。

今日もがんばってやったので、これで61日連続達成です。結局何日やれば良いとかではなくて毎日やんなさいってことなんですよね。
でも60日達成して気が抜けたのも事実なので、明日から毎日続くかどうか自信ないな〜、まあ週に6日できればいいかな(だめかな?)。


1月24日(土) 自分を大切に扱いたい

水道水を塩素を抜いて還元水に変える「イオンセラー」というボトルを購入しました。ついでに、オーガニックコットン仕様で電磁波99%カット、しかも電気代お得という電気毛布もGETしましたよん、ウキウキ。

呼吸法を始めてから水分をたくさんとるようになったのですが、先生によるとお茶などの「色のついた水」じゃ水分のうちに入らないそうで、純粋に「水」をたくさん飲むように言われました。で、ペットボトルの水を購入して飲んでいたのですが、持ち帰るのが重くて大変だし、ボトルばかり溜まって環境的にもよろしくないし、お金もかかるし、困っていたんです。
でも今日ですべて解決!飲んでみたけどとっても美味しかったんですよ。やったー。「イオンセラー」良いかもですよ。
電気毛布もグーでした、さわり心地がとても良くて。
あと最近手に入れた塩も、歯を磨いたり、薄めて特製のクリスタル入りスプレー容器に入れて、顔に吹きかけたりしています。酸化を防ぐ塩なので、顔に吹きかけることで肌の酸化(=老化)を防ぐ働きがあるそうです。

顔のくすみも気になり始めたので、時間のあるときはお風呂でのフェイシャルマッサージも始めました。だって今まで似合っていた(はずの)アイシャドウやリップが似合わなくなってきたんですよ〜これはやばい〜。
気づいたきっかけは、先日ロミロミ(ハワイのマッサージ)を受けたとき、受けた後会ったみんなに「なんか今日顔が白いよ」と言われちゃったんです。つまりマッサージで血流が良くなったことで、顔のくすみがとれたんです、ってことは普段くすんでたってことですからね〜、怖い・・・。

私はいわゆる健康オタクなので、こういうことするの大好きなんです。自分の体を実験台にしていろいろ試して、ついでに健康で綺麗になれれば一石二鳥だ。


1月23日(金) 変わった後

「負けを認めたら世界が変わった」。
これは事実です。しかし、気をつけてないとすぐに以前の優劣をつけたがる自分に戻ってしまいます。

今日も友人と話しているとき、何度も戻りそうになりました(友人はもちろんそんなこと知らないけど)。なんのことはない、私が知らないテレビ番組のことを友人が説明してくれているときちょっとイライラし始めたのです、「どうせ私は知らないわよ」みたいな理由で(げー、ホントやな奴だよ、私)。
「これはヤバイ」と思ってすぐに、夕べの瞑想でシミュレーションした「私のすべての毛穴から愛が溢れ出す(書いてて恥ずかしいよ)」をイメージして、その状態で友人の話を聞くようにしてみたら、すぐにスーッとイライラが消えていきました。
「ふ〜、やれやれ」ってなもんですね。

自分が変わるときって、ある瞬間からすべてが変わり一度変わったら二度と以前の状態には戻らない・・・なわけがない(笑)。新しい考え方が本当に身につくまでは、やはり何度でも繰り返し練習?しなくてはいけないんですよ〜。
ちょっと気を抜くとすぐ以前の自分に戻ってしまうから、常に自分に注意を向けて(緊張感を持って)戻りそうになったら引っ込める(お腹じゃないよ)。引っ込め方は「毛穴から愛」のイメージで良いみたいなので(笑)、とりあえずはその方法で新しい考え方が本当に身につくまでやってみようと思ってます。

そういえばダイエットも、ダイエットそのものよりもリバウンドしないように維持するほうが大変っていうよな〜。

※もうすぐなっちがモー娘。を卒業しちゃう〜。なっち、ソロになってもがんばって!


1月22日(木) 優越感と劣等感

このふたつについての問題は最近の私の課題となっています。

子供の頃の私は劣等感の塊でした。いつも周囲に合わせてばかりいて自分を出せなかったし、いつも誰かを羨んだり嫉妬したり卑屈になったりしていました。
20代の後半くらいから、少しずつ少しずつ自分を好きになれるようになってきて、随分劣等感はなくなったのですが、最近になって気づいたことがありました。私は劣等感の裏でものすごい優越感に浸る人だったんです!

私の中に、劣等感に苛まれる自分と優越感に浸る自分がいることに気づいたとき、両方の自分を考えてみると、劣等感に苛まれる自分でいるほうが「楽」だということにも気づきました、ガーン。何故なら、だめな自分でいればいろんなことに責任を持たなくて良いんですもん。「私はだめだから出来なくてもしょうがない」「私なんかどうせ・・・」。いわゆる自己憐憫ってやつですね、あーいやだ。

でも最近、16日の日記に書いたように「負けを認めた」のです。
「人間に勝ちも負けもないんだ。ナンバーワンよりオンリーワンなはず」と言うなかれ。そういういかにももっともな美しい話が正しいんだと思い込もうとしていたのです、これも自分から逃げるための言い訳です。でもそういうことを何度言い聞かせても結局私は納得していなかったんです。
しかし「私はどう言い聞かせても自分と他人を優劣で比べてしまう人間なんだ。人間勝ち負けじゃないなんて負けた人の言い訳だ。ならば潔く負けを認めよう」と、負けてる自分を受け入れた瞬間!世界が変わりました!ホントに変わったんですよ〜!

その瞬間、私は負け組じゃなくなったんです〜、人間勝ち負けじゃないんだと心底思えたんです〜、勝ちも負けもない世界に世界が変わったんです、大袈裟じゃないんだよっ!
まるで大逆転サヨナラ満塁ホームランです。こういう展開もあるんですね。「自分は負け組じゃない」って言い聞かせてたのが「負け組だ」って認めた瞬間に負け組じゃなくなるなんて。

なにかに気づくときって、気づく前に「こんな風に気づくのかな〜」って期待してたのと同じには絶対ならない、思いもしない展開で気づかされるんですよね。こういうのって何度体験しても不思議だな〜。
ああ、みんなありがと〜(意味もなく)。


1月21日(水) シャワーヘッド

今日、(私的には)すごいことに気づいてしまいました!

私は肌だけではなく髪質もとても弱くて、すぐに枝毛ができてしまうんです。だから髪を伸ばしている最中でも、できた枝毛をちょくちょく切らなくてはいけないので、本来髪が伸びるのは早いほうなのに、少しずつしか伸ばすことができないという有様なのです。
去年の今頃は肩くらいの長さだった髪をまた伸ばそうと決めて、美容室に行っても「伸ばしたいのでなるべく切らないでください」とお願いしていました。でもいつもだったら美容師さんに「枝毛ができてるから少し切らないと」と言われていたのに、去年はあんまり言われなくて、おかげで髪も順調に伸びました。
「そういえば最近枝毛ができないな〜」と気づいたのは去年の秋ごろ。別にシャンプーを変えたわけでもないのになんでだろ?とは思っていたのです。
で、今日帰り道を歩いているときにまたそのことを考えていて、突然枝毛ができない理由に気づいたのでした。

去年の春、お風呂のシャワーヘッドを換えました。塩素を抜いてマイナスイオンを発生させるという、しかもカートリッジの交換不用で半永久的に使えるという優れものです。このシャワーヘッドからでる水は明らかに普通のとは違うのが誰にでも分かると思います。さわり心地がとてもまろやかで柔らかいんです。
説明書には「アトピーにも良い・髪も痛まない」など書いてありましたが、私の慢性アレルギー性皮膚炎は特に治らなかったので「ま、そんなもんか。でも水のさわり心地がとても良いから大満足!」と思っていたのです。
でもでも、枝毛ができなくなったのは間違いなくこのシャワーヘッドのおかげだったんだわっ!と気づきました。だって他にありえないですもん。そういえば髪のパサツキも以前に比べれば明らかに少なくなっています。そうか〜、やっぱり髪を洗うときの水が髪に与える影響って大きいのね。てことは、飲む水が体に与える影響もとっても大きいんだね〜。

・・・という経緯を経て、今度浄水器(のような機能を持つボトル)を購入することに決めました。土曜日に買いに行こう!


1月20日(火) 継続は力なり

私は翻訳家の山川ご夫婦のメルマガを購読しているのですが、メルマガにはご夫妻おすすめのセミナーやワークなどの情報もしばしば紹介されます。そして最近紹介されるものには、ひんぱんに「継続することが大事です」と書かれています。呼吸法しかりアファメーションしかり。
それらのものは、実際にご夫妻が体験されて継続するのが良いと感じたからそう書いているのでしょうが、私も呼吸法などはまさに「継続しなけりゃ意味ないじゃ〜ん」くらいに思っています。
今現在継続して毎日続けていることと言えば、まず呼吸法。呼吸法のおかげでこの冬は風邪も引かないし、瞑想によって気づきもたくさんありました。その呼吸法もあと4日で60日達成です!しかし達成した後も続けられるかどうかが肝心です。

ふと、生まれてから今までに私は何を学んできたかを考えてみたのですが、それはそれはもうたくさんのことを学んできました。でもそのうち、今でも継続しているものは?となると、お恥ずかしいですがほとんどない!です。
ぜめて、今継続していなくても自分の身についた・もしくは自分にとって役に立ったものは・・・と、範囲を広げて考えてみると、いくつか思いつきました。大学時代に学んだ「絵」は今でも収入源のひとつだし、コンピューターも今とても役立っています。

続けられるか続かないかの違いってなんだろう。私の母は続けられる人なんですよね〜。習い事とかあんまり手を出すほうじゃないけど、一度始めると何十年も続けてる。それに引き換え私は父に似てしまったようです。いろいろ手を出すくせにどれも続かない・・・とほほ。
でもそれでもいいのではないかとも思います。なにかを学んでいたときは、そのときはそれが必要だったのでしょう。そして今それをしていないということは、もうそれが必要でなくなった、もしくは今はやらなくても良い時期なのかもしれません。あるいは、それが自分には必要ないことを学ぶためにそれを学ぶ必要があったのかもしれませんよね。

昔2ヶ月だけ事務の仕事をしたことがあります。あれもそう考えれば必要なことでした。あの経験があって、自分は事務的な仕事やサポート的な仕事が向いていないことを知りましたもん(笑)。


1月19日(月) 悩み

ある友人は、中国で事業を始めようかどうか悩んでいます。別の友人は、結婚しようかどうか悩んでいます。また別の友人は、収入が少ないことを悩んでいます。またまた別の友人は、なかなか恋人ができないことを悩んでいます。
私くらいの年齢って悩める年頃なのでしょうか。最近同年代の友人やお客様からも、悩み事の話を聞くことがとても多いです。

30代後半にもなったら自分の人生を決める、少なくとも人生の方向性くらいは決めるべきなのでしょうか?
結婚することを「身を固める」と言いますが、いまどき結婚じゃなくても良いけど(私は既婚者だけど身が固まってる感をあんまり感じてない)、なんらかの方法で「身を固める」べきなのでしょうか?
「そんなことないよ」と言いたいところですが、そうは思っていても私自身もやはり「そろそろ身を固めないと」と思っているところはあります。あせり・・・のような感覚を覚えることもしばしば。でも身を固める前にやりたいこともあるし。嗚呼、こんな贅沢な悩みってまさに現代っ子ならでは。


1月17日(土) 胸キュン

バレエ「白鳥の湖」を観ました。バレエは大好きなので時々観にいきますが、「白鳥の湖」を全幕とおして観たのは5年ぶりくらいです。

私は子供のころずっとバレエを習っていて、バレリーナになりたかったくらいバレエが好きだったので、「白鳥の湖」にもいろいろな思い出や思い入れがあります。
子供の頃はそれこそ「白鳥の湖」のレコードも大好きで死ぬほど聴いていたので、ほとんど全幕ソラで口ずさめるくらい覚えていたものです。そのせいもあるのか、今日、久しぶりに聞きなれた音楽を聴き見慣れた踊りを観ていたら、思わず胸がキューンとしてしまいました。

踊りが楽しくて楽しくて、母を観客がわりにして踊ってばかりいたこと。そんな私を母がバレエ教室に初めて連れて行ってくれたとき、人見知りの激しい私はお稽古着に着替えたものの教室の端に座ってレッスンを見ているだけで、どうしてもみんなの中にはいれなかったこと。そのくせ家に帰るとまたお稽古着に着替えて、その日見てきたことを母の前でうれしそうに踊って見せたこと。1年間通ってもついにみんなの中にはれなかった私の横で母がバレエの先生と「今日もやらないというようでしたら、もうこの子(=私)に習わせるのはあきらめます」と話しているのを聞いて、泣きそうになりながら決死の覚悟で初めてみんなの中に入ってレッスンを受けたこと.。
そうか、「胸キュン」ってこういうカンジだったっけな。

しかしこんなに好きならなんで辞めちゃったのかな〜、やっぱりバレリーナになりたかったなぁ。あ〜悔やまれるぅ〜。


1月16日(金) 負けを認める

今日も引き続きケルト音楽を聴きながら日記を書いています、はぁ〜気持ち良か〜。

実は昨日、無印良品でケルト音楽を聴きながらうウロウロしていたとき、突然ある言葉が浮かんだんです。それは「潔く負けを認める」というものでした。
これはきましたねー!そうだったのかーーって感じです。難題に取り組んでいた私に、大きなヒントがきたーーーって思いました。

「あの人より私の方がすごい」とか「なんであの人が私よりいい思いをしてるの?」などと、私はとにかく人と自分を比べては劣等感に苛まれたり優越感に浸ったりを繰り返していました。そんなことをしても虚しさがつのるだけなのに、そうでもしないと自分の存在価値が見つけられなくて、自分が消えてしまうようで、すごく怖いんです。私は、そんな自分にもうホトホトくたびれてしまいました。もういやなんです、そんな風に人を見るのも自分を見るのも、ホントにいやなんです。でも怖いから止められない悪循環・・・。

・・・ところが上記の言葉が浮かんだとき、肩の力がふ〜っと抜けるのをはっきりと感じたんです。「もういいや、私はつまらない人間なんだ。たいしたヤツでもない。○○さんは私よりずっと魅力的な人じゃない。もうそれは事実でしょうがないんだ」と思えたとき、いままで積もり積もったいろんなこだわりが溶けてなくなってゆくのが分かりました。
私は自分がつまらない人間だとも負け組だとも今でも思ってませんが(笑)、人と比べてつまらないとか面白いとかいうこだわりの部分が消えてしまったんです。「負け」というのは「負け」を認めた瞬間に単なる言葉どうりの「負け」だけではなくなるんですね。
上手く言えないけど、今誰かに「あなたはつまらない人?」って聞かれたら「そうだよ」って答えるし、「あなたは面白い人?」って聞かれても「そうだよ」って答えます。

この変化の事を書くと長ーくなるのでこの辺までにしておきますが、そんなわけで昨日今日の私はとっても謙虚です。心がとっても穏やかで楽ちんです。ああ、こんなに楽ちんなものなんだ〜人生って!
この感覚は子供の頃にあったな〜って思い出してたら、そういえば、今使ってるミスティカオイルは「リターン・トゥ・ネイチャー」というものでした。子供の頃の純真さを取り戻す・原点に帰ることをサポートしてくれるオイルです。サポート、ありがとー。

例えば道で誰かにぶつかったとき。いつもならムッとしてたのに、今日はぜーんぜん。それどころか「大丈夫ですか?」なんていう言葉が自然に出ちゃったりして。わ〜、この自分の変化が面白ーい。


1月15日(木) ケルト音楽

ケルト音楽が流行っていますね。
私も何か良いケルト音楽のCDが欲しくてずっと探してはいたのですが、なかなか良いのがありませんでした。なんかね、あまりにもケルトケルトしてるのも、押し付けがましい感じがしてやなんですよね(分かりますかね、このカンジ?)。あとヒーリングミュージックの売り場に置いてあるようなケルト音楽のCDだと、あまりにも神聖なカンジが強くてやはりいまいちなんです〜。神聖さの押し付けというか、計算づくの神聖さというか(あ、なんか私やっぱりひねくれてるかな)。その辺の加減がビミョーなんだけど・・・。

今日無印良品をウロウロしていたとき、店内に流れていたBGMのケルト音楽がとても良くて、「あとで店員さんになんていうCDか聞こう」と思ってたら、売り場の中にそのCDが売っていたので即効買っちゃいました。なんと無印良品プロデュースのケルト・コンピレーションアルバムだったんですよ〜。
最近多いですね、洋服やさんとかカフェがプロデュースするアルバム。でもそのテのCDって案外良いのが多いんですよね。

今も聞きながら日記を書いているのですが、う〜ん、良い〜。
素朴で優しくて何故か懐かしさを感じるケルティックミュージック。そういえばケルト文化と日本の文化は共通点も多いんです。とても離れたところにあるのに不思議ですね。


1月14日(水) ミスティカ効果?

今日ふと思い立って、最近考えていることを頭の中で整理するために、思いついたことを全部紙に書きだしてみました。昨日受けたミスティカオイルのせいかどうかはよく分からないけど、なんというか、頭の中で漠然と散らばっていたいろいろな感覚や思いが、今だったらひとつに繋がりそうな気がしたのです。

今日は仕事がなかったので、いつも行く近所の喫茶店でいつものコーヒーを飲みながら、つらつらと書きだしているうちに、ここのところ胸につかえていた思いがワーッと溢れてきて、ふいに涙が出てきてしまいました。それは私が昔から抱えていたけど、それを持っているとは他人には絶対に知られたくなくて、必死で押し込めていた思い「悔しさ」や「惨めさ」の感情でした。

「こんなとこで泣いちゃマズイ」とパニクると同時に、「今だったらもしかしてこの思いを上手に手放せるかも」などと現金にも考えた私は、慌てて家に戻り書きだすのの続きを始めました。そして書き終わったところで今度はそれを元に、声を出しながらのアファメーション的自問自答を始めました(人には見せられないですワ)。
アファメーションしながら今度は遠慮なくエンエン泣きましたよ。「ちくしょー」とかブツブツ言いながら。

9日の日記にも書いたように、今取り組んでる課題はかなり根が深いと思われるのでこれだけで解決したわけじゃないけど、少しずつ少しずつホントに少しずつ前進しているみたいです。とりあえず頭の中がかなり整理されただけでも随分落ち着きました。やっぱりミスティカ効果かな?。


1月13日(火) ミスティカオイル

ミスティカオイルとは、アメリカのセドナで生まれた11種類のヒーリングオイルのことです。

ミスティカオイルにはオイルに対応した11枚のカードがあり、クライアントはまずカードの中から無作為に3枚選び、どのカードを選んだかによってそのときのクライアントの状態を探っていきます。その後クライアントに一番サポートになるであろうオイルを1本選び、そのオイルを使ってクライアントの体をマッサージしてゆく、というものです。オイルに含まれるハーブやクリスタルのエネルギーが、クライアントの心身に深いヒーリングをもたらすのです。

私はミスティカオイルが日本に入ってきた当初講習に行ったりして、ミスティカオイルがとても良いものだと思っていたのですが、その後オーラソーマに出会いそちらのほうにはまってしまったので、正直言ってミスティカのことは忘れてました(笑)。でも偶然近所にミスティカのマッサージをしているサロンを見つけたので、さっそく受けてきたのです。

今はまだ頭がぼ〜っとしていて、正直感想は「気持ちよかった」以外には特にありません。でもミスティカはオーラソーマと同じで受けてから数日(時には数週間後)経って徐々に作用を感じたりするので、これから数日間が楽しみです。

オーラソーマもミスティカもとてもスピリチュアルなオイルで、身体的な作用よりもむしろ感情面により働きかけるものだと思います。そしてミスティカの方がよりパワフルなような気がします(私の周りの両方知ってる人も同じ意見の人が多いです)。オーラソーマは本当に優しいかんじ。どちらがお好みかはその人や状況によるんじゃないかな。
マッサージで使ったオイルの残りをもらって帰ってきたので、今日からまたしばらくは久々にミスティカオイルも使ってみようっと。今の課題をクリアするサポートになりますように。楽しみ〜。


1月12日(月) コーディネート

あーもう今年になって12日経ってしまいました、早いー。

昨日の話しですが、だんなさんが洋服を買いたいというので、付き合って新宿の伊勢丹に行きました。何故江東区に住む私たちが隅田川を越えてわざわざ新宿まで行くのかというと、伊勢丹にはラージサイズのメンズブランドものが豊富に揃っている専門のフロアがあるんだそうです。
はっきり言ってだんなさんは「デブ」なので(笑)、普通のお店では着られるサイズがないのです(両国に行けばお相撲さん御用達の特大ラージサイズ専門店があるのにな〜近いのにな〜と密かに訴える私)。

そんなわけでだんなさんは、今まではエディー・バウアーかGAPしか着れませんでした(可哀想だけど自業自得だ)。ところが伊勢丹のそのフロアの存在を知って、しかも最近仕事が順調らしくはぶりが良くなってきたので、俄然お洒落魂に火がついたらしく、昨日もバンバン買っていました、うらやましーゾ。
カルバン・クラインのダウンコート、ポール・スミスの革のライダースジャケット、果てはパトリック・コックスの指輪などなど、セールにもかかわらず総額・・・・・・・これはさすがに言えません。でもその金額があれば洋楽の輸入版CDなら100枚買えるくらいの額です。私だったらCD買うもん!(←ひがみ)。
嬉々として買い物に励むだんなさんをただ見ててもうらやましいだけでつまんないから、私もスタイリストよろしくだんなさんに似合う服をコーディネートしてみました。これがけっこー楽しかったんですよ〜。

今日、さっそく新しい服を着て仕事に行っただんなさんが帰ってきて、「会社の人に「バージョンアップしたね」って言われちゃったー」と自慢げだったので、「そりゃ私のおかげじゃん」と密かに言わずにはいられませんでした(笑)。
仕事でお客様にメイクアドバイスするときも、その人がいままで気づかなかったような似合うメイクをアドバイス出来てその人が喜んでくれたりすると、めちゃくちゃ「やったー」って嬉しい気分になるのですが、そんな感じ。


1月11日(日) 大河ドラマ

久しぶりにNHKの大河ドラマなんてものを見ました。始まるのを楽しみにして見たテレビドラマなんてのも久々です。
大好きな幕末維新モノだということ、脚本がこれまた大好きな三谷幸喜だということ、配役にも好きな人が多いということ、が見たかった要因です。
配役で言えば、特に土方歳三役の山本耕史は、実際の土方歳三にそっくり(色白美青年)だしお芝居も上手で良かったです。坂本龍馬役の江口洋介も、お正月特番ドラマで龍馬を演った市川染之介よりも背が高くてワイルドで土佐弁がはまっていて、龍馬っぽかったです。後の人はまだ出番が少なかったので分からないけどみんな上手で、なんにせよ楽しみになりました。
ただ肝心の近藤勇役の香取慎吾が上手じゃなかったので、それだけはホーントがっかりでした。香取君の容姿やイメージは近藤勇に似てるし、演技も上手な人だと思ってたのでかなり期待してたんだけど、なんかねー、中途半端でした。真っ直ぐな性格とか正義感に溢れるとか演ろうとしてるのでしょうが、硬すぎてつまんない感じ。あんまり魅力を感じられなかったなぁ。もっと香取君の地のままで良いような気がしますが。

あともっと笑いが欲しいよ〜。せっかく三谷さんなんだもの。笑える大河。テンポの速い大河ドラマが見たいよ〜。

でもとりあえず来週も見よ。


1月10日(土) マイノリティ

最近ニュースを見ていなかったので知りませんでしたが、ヒラリー・クリントンって次期大統領選に立候補するはずだったんですってね。そして彼女にレズ疑惑があり、それが原因で立候補を取りやめることになりそうだってさっきテレビで見たのですが、本当なんでしょうか。本当だとしたらなんともお気の毒です。

社会的マイノリティは確かになにかと不便なことが多いです。私も「左利き」という一種の社会的マイノリティなのですが、おそらく右利きの人には想像もつかないようなことで、しばしば不便な思いをしています。
例えば駅の改札。切符の挿入口が右側にあるので、左手で切符を扱う私には非常にやりにくいんです。
でも、だからといって改札の左側にも切符の挿入口を作って欲しいとは思いません。不便だけど仕方ないとあきらめています。「それくらい我慢できるだろう」と言われればそれまでですが。

世の中が多数派の人間がより暮らしやすいように作られているのは、当然のことだと思います。そしてそれで良いと思います。すべての人が完全に公平に暮らせる社会なんて、そもそも無理なんです(断言しちゃいますが)。マイノリティの境遇に生まれた人は、その不公平な運命を受け入れるしかないです。健常者なら走れば間に合う電車を、車椅子の人は一本乗り過ごすしかないのです、辛いですが。それでも、車椅子の人がひとりで外出できる社会になりつつあることは、素晴らしいことだと思います。

一番大事なのは、多数派にしても少数派にしても、どっちだから「良い」とか「優れている」というわけではないということだと思います。ただ「違う」だけなんではないでしょうかね。
だから「全ての人が同じ条件で暮らす」という意味での公平な社会は無理だけど、「全ての人がお互いを尊重して認め合って暮らす」という意味での公平な社会は実現可能なはずです。

「ヒラリーってレズなんだ。そんな人が大統領なんてだめよ」ではなく「ヒラリーってレズなんだ。で、大統領になる能力はあるのかしら」と思えないかな〜、アメリカの人。


1月9日(金) オーラソーマをやってて(自分にとって)良かったこと

去年の11月前後(コンコーダンス前後)は「愛」の課題が来ていましたが、それが終わったと思ったら、今年になってからまた新たな課題がきています。今度のテーマは「自分の価値を認める」です。
なもんで、瞑想でも最近はその辺を中心に攻めてます(なんのこっちゃ)。

以前から自分なりに「今、私の魂は○○を課題にしてそれに向き合っているんだろうな〜」などと感じながら、日々その課題をクリアすることに励んではいたのですが、やはり自分の感覚に100%の自信がなかったから、ホントに今自分の魂は○○を課題としているのか、そしてそうだとしてもその課題をどのようにしてクリアしてゆけば良いのか、その辺がいまいち分からなくて、いつも曖昧なままモタモタしていました。
しかしオーラソーマを始めてからは、その課題がそのとき自分が選ぶ色となってはっきり示されるので、何を課題としていてどう向き合ってクリアしてゆけば良いのかが即座に分かるので、とーーーっても役に立ってます!
オーラソーマを始めてから、ひとつの課題をクリアして次の課題に移るまでの時間がすごく短くなりました。

「今の課題はこれかな・・・」と感じ始めてしばらくしてから、選ぶボトルの色が正にその課題の色に変わってゆく時もあるし、選ぶボトルの色が変わり始めて「へえ、今の私ってこういう課題なんだ〜」と意外に思ってるうちに、ホントにその課題なんだと実感させられるような出来事が起き始めるときもあります。
ボトルの色が変わるのが先か自分の感覚が変わるのが先かはその時々ですが、どっちにしろ自分の感覚でくる課題と選ぶ色の課題がぴったり一致するので、オーラソーマの的確さにあらためてびっくりするのです。

「自分の価値を認める」。これはかなり私の中にむかーしから根深くある課題です。正直言って難題です。すでに何度もトライしては挫折してきたんです、この課題とは(涙)。だから今回も1度でクリアできるとはハナから思ってません(涙)。あ、こういう考え方がすでにだめなのかしら。


1月8日(木) ネガティブエネルギーを受けてしまった

昼間、スターバックスにいたときのこと。

店内には、私以外には2、3人のひとり客と1組のカップルがいるだけでした。カップルの男の方がダ・パンプの一茶似のすっごいハンサムだったので、一際目を引いていました(女の子の方は普通だった)。
しかしそのカップルがなにやらもめているのです。女のほうがすごい怒ってて、男は女の文句を聞きながらたまにもごもご反論(言い訳)してる感じなのです。しかも女の方は余程怒り心頭のようで、あたりかまわず大声で怒鳴っているので、話の内容がまる聞こえなんです。
二人の会話(というか一方的に女が怒っている)によると、どうも女は男の子供を身籠っている。故に男に自分との結婚の意志があるかどうか詰め寄っている。しかしその意志がないと分かると、ならば自分は子供をおろすしかないのだからその費用を負担しろと男に迫り、誓約書にサインさせ、費用を貰った。
・・・まあ、費用を貰ったところははっきりとは分かりませんでした。ただ最後に男が女に封筒を渡していたので、話の流れからしてそうかなと推察されるだけです(笑)。

「あたしと結婚すんの?しないの?どっち?」「・・・」「どっち?」「・・・」「(だんだん大きな声で)どっち?」「・・・でも俺は・・」「(さえぎるように)どっちって聞いてんの!」「でも・・」「だからどっちだって聞いてんだろーがっ(絶叫)!!」

ばびょーん、怖いーー。
で、なにが言いたいかといいますとね、その場の空気の悪いこと悪いこと。ネガティブエネルギーってほんと、パワフルなんですよねー。そこで人と待ち合わせしてるんじゃなければ、私も即効出て行ってました。

心が重ーくなりました。胸が痛くもなりました。こちらまでムカついてしまいました。良いことないですね。


1月7日(水) かいまきの思い出

東京は寒いですね〜。

私は首が寒いのがとにかく苦手で、冬はタートルネックを愛用しています。でも肌が弱いので、ちくちくするセーターとかを着ると一発で首にニキビができてしまうので、その辺が悩みの種なんですよねー。
夜寝るときも、首がスースーして寒いのがず〜っと悩みの種でした。特に掛け布団を羽毛布団に変えてからは、布団が軽いから体と布団の間に隙間があって、やっぱり首が寒いんです〜。

去年の冬、そんな話を義母としていたら「あら、じゃあかいまきにすればいいじゃない」と言われ、私は生まれて初めてかいまきというものを知りました。みんな知ってる?かいまき。
見た目は「丈が足元まであるちゃんちゃんこ」みたいな物体(?)です。最初義母からこれが送られてきたとき、使い方がよく分かりませんでした。
とりあえず袖を通して、つまりかいまきを「着て」寝てみたのですが、なんか体の下がもこもこして(着物を着たまま寝てるようなかんじだったんです)寝返りが打ちにくいし、首周りももこもこして朝起きたら首が痛くなってたりして「かいまきってミョーなものね」と思いながらも使い続けていました。

ある日義母から「かいまき使ってる?」と聞かれ、使い心地の話などをしたら義母に大笑いされ、「それ、使い方が違うわよ〜」と言われてしまいました。
かいまきって「着て」寝るんじゃなくて、布団のように体の上に「かけて」寝るものだったんです!でも布団のようにただかけるだけじゃなくて、かいまきの首の部分を肩に巻き込むことによって、肩の露出がカバーされ暖かい、という風に使うものなのでした。なぁ〜んだ、そうだったのか。

でもそうやって使うならなんで袖があるのかしら?まぎらわしいじゃない。きっと私と同じように使い方を間違えて、かいまきを「着て」寝てる人たくさんいると思うよ、絶対。


1月5日(月) 物件探し開始

「アマーリエ」サロンのオープンのための物件を探しに、不動産屋さんに行ってきました。いよいよ具体化に向けて動き出してみたというかんじです。

なんかねー、やろうやろうと思って随分前から気分的にはその気になってたんだけど、いまいち収入面での自信がなかったんですね。しかしオーラソーマのティーチャーになったことで、あとは人集めさえできればなんとかやっていけるだろうという見込みができたので、具体的に動き始めたというわけです。その人集めがたいへんなんだけどさ。

しかも年明けから、おみくじを引けば「待ち人は来ない(そんな断言しなくても〜神様)」とかたまたま開いた本には「時期が来るのを待て」とかある人からは「果報は寝て待て」とかのキーワードばっかりきていて、「今の私のこのやる気を削ぐようなシンクロばっかり起きて、これってどういうことなのっ!?今はまだやるなってことっ!?」と、かなりナーバスになってしまったのでした(笑)。
で、瞑想の中で出てきた答えは「そこに愛があるなら、いつなにをやってもOKよ」というものでした。そーか、愛については去年の11月から12月にかけていろいろ学ばされたから(日記にも書きました)、自分の感情や行動が愛に基づくものかエゴに基づくものかは以前よりずっとよく分かるようになってるワ!今の私のやりたい衝動は愛に基づくものなのよ、だからつまりやって良いってことよね。

・・・という経緯で、具体的に動き出したのです。
でもやっぱりしょっちゅう「やっぱりシンクロが起きてるって事はやめといたほうがいいかな〜」と迷ってしまいます。でもでも、一番大事なのは自分の感覚でいいはず!だからやっぱりやっていいのよ、自分を信じて!でもな〜、自分の本当の感覚って感じにくいからそれをシンクロによって現してるんじゃないのかな〜ってことはやっぱりやめといたほうがいいのかな〜、でもやっぱり・・・・・(エンドレスに続く、笑)。


1月4日(日) お正月休み終了

この1週間の私は、ほんっとーーーにぐうたらでした。
かろうじて呼吸法だけは毎日続けたものの、食生活の乱れと睡眠の時間のずれは日を追うごとにひどくなりました。いまや、寝るのは04:00、起きるのは12:00です。あとテレビも見過ぎて疲れました(笑)。
でもそんなぐうたら生活も今日でおしまい。明日からは気を引き締めて、まずは食生活を元のペースに戻します。

呼吸法を始めてからの私の食生活は、朝は水分を採るだけ、午後仕事の合間にパスタ等の軽食と大好きなコーヒーを外食ですませ、帰宅後はヨーグルトやりんごかもしくは納豆ご飯とお味噌汁程度を食べて終わりです。1日1.5食のペースがとても快適だったんです。
なのに年末年始は、例えば今日食べたのは、お雑煮・あべかわ餅・磯部餅・ラーメン・サラダ・ケーキ・コーヒー・ビスケット・チョコレートなどなど。こんな調子で1週間、こりゃあかん。胃はもたれるし、体重も3キロ増えたし。

今月実現したいビジョンのひとつは「体重と体脂肪が1ヶ月前の状態に戻っている自分の姿」なんですよ〜(笑)。
なーんだ、そんなつまらんことかって思われそうですが、もちろん他にもっと真面目なビジョンもありますよっ!(いや、これだって真面目に考えて決めたビジョンなんです!)。ま、一応私も女の人らしく体重を気にするところもあるのね〜ってことですね。


1月3日(土) 体と心は一緒なのだ〜

呼吸法を始めてから、食生活が随分変わりました。まず食べる量が減ったし(水分を取る量は逆に増えた)、甘いもの好きだったのにそんなに甘いものが欲しいと思わなくなりました。
それによって体が浄化されてゆくのがはっきり分かり、更には精神的にも非常にクリアになって「これは良い傾向だ」とニンマリしていたのですが、年末年始の魔力(?)にはまって、お付き合いなどもあり外食の機会が多かったし、しかも夜中にたくさん食べるという状況で、この1週間ほどかなり暴飲暴食気味でした(しかも一度乱れると歯止めが効かなくなるからコワい、この1週間ほど、夜中のチョコ食いが復活して止まりません〜)。

そしたら最近、呼吸法の後の瞑想があまり深く入れなくなってしまったんです。数日前の日記には「マンネリ気味」と書いていて、確かにその原因もあるとは思うんだけどよくよく考えると、不規則な食生活が原因で体の反応が鈍感になってしまっているみたいなんです。なんというか、体内でエネルギーが滞っているかんじ。よく健康番組で「不規則な食生活が原因で血液ドロドロ」とかってやってるあれが、血液だけじゃなくエネルギー的にもドロドロしてるかんじなんです、最近。
以前、断食直後に体が浄化されたおかげで味覚にも敏感になっていて、いつもなら普通に飲めるジュースに入っている化合物に反応しすぎて、咽がヒリヒリして飲めなかったことがありましたが、それの逆の状態になってしまったようです。
体の反応が鈍感=心の反応にも鈍感=魂の反応にも鈍感=瞑想に深く入れない・・・な、悪循環が起きている今の私。
でもこれじゃいかんと思い、食べ物は無理でもせめて気持ちだけでも整えようと思って、夕べは久々にお風呂にゆっくりはいって、時間をかけて寝る前のくつろぎの時間を作ってからおつとめしたら、ちゃ〜んと深い瞑想状態に入れました。
つまり体(食べ物など)を整えることから始めても良い瞑想はできるし、心(お風呂でリラックスなど)を整えることから始めてもいいんですね。う〜ん、やっぱり体・心・魂は一体なんだと改めて思い知らされますね。

しかしなかなか瞑想に深く入れないので、おとといの日記に書いた今月のアファメーションがいまいちはっきり決まらないんです。
今日立て続けに3つのあるシンクロが起きたのですが、それがどういうメッセージなのかもイマイチはっきり分かりません。今日これからおつとめをするので、その後の瞑想でまた探ってみたいと思います。

そんな今日、今年初めて自分で選んだオーラソーマの4本のボトルで、「甘いものを食べることで別の不満を解消しようとしている」とでてしまいました!ずばり!恐るべし、オーラソーマ!


1月2日(金) メールがこない

今気づいたんですけど、今日来たメール、全部で3通です。

日本人1人あたりが1日にやりとりするメール数が平均何通か知りませんが、私の場合は受信だけだとだいたい15〜20通くらいです。
受信したメールはすべて携帯のアドレスに転送されるように設定してるので、けっこう携帯のメール用着信音がしばしば鳴るのがあたりまえになっていたのですが、昨日今日と着信音が全然鳴らない!シーンとしててとっても新鮮です。
去年は元日にはけっこうおめでとうメールが来たけど、今年はそれもほとんど来ないな〜。いやいや、別に来なくて寂しいってことじゃないのヨ。来たら来たでうれしいけど、来なければ来ないでほっとする・・・、私の気持ちとしては、メールのやりとりから解放されてうれしいってのもあるし。だからどっちでもいいんです。
しかし、こんなことでお正月を実感できる世の中になったんですね〜。

さらにお正月を実感してしまったのは、10時間テレビの前に座りつづけてしまったことです。12チャンネル恒例のお正月特番時代劇「竜馬がゆく!」を見てしまったのでした。坂本龍馬ファンなもんで。

あとテレビに関して言えば、お笑い芸人が出る番組がいっぱいあるとこがお正月らしさを実感できますね〜。「爆笑オンエアバトル」の昔のを再放送してたり、「はねる」の総集編をやってたり。ピンク・ハレルヤ最高!栞も最高!お笑い大好き!


1月1日(木) お正月

新年明けましておめでとうございます今年一年、みなさまにとっても実り多き一年になることを願っています。どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

新しい年が明けました。みなさんはどんな気持ちで今日の朝を迎えましたか?そりゃあいろいろだったと思いますが、私は幸いなことにワクワクした思いで、素晴らしい初日の出を部屋のベランダから見ることができました。

ビルの隙間からオレンジ色に輝く太陽が登るのを見ていて最初に感じたのは、ますます楽しくなるであろう自分の人生に対する期待感と、それと同時に引き受けなければいけない責任に対する緊張感、の両方でした。正確に言うと、責任は「引き受けなければならない」ではなく「引き受けたい」になるかもしれません。
大変なことを大変と思わずにやる気満々の今の私。なんにせよ心身ともにとても良い状態の今の私です。あとはこの状態を継続できるように、日々がんばりまりますか〜。

具体的な実現したいビジョンもいくつかあります。行動するのはもちろんのことですが、イメトレ(アファメーション)もがんばりますよー。
そういえば去年の1月2日にふと浮かんだ「玉置神社に行く」というビジョンは去年の4月に実現しました。

そうだ、実現したいビジョンを紙に書き出してみようかな。それで今年の大晦日に、そのうちのいくつが実現したか実験してみるのも面白そう。
あ、そうだ、ならばとりあえず今月実現したいビジョンを書き出してみよう!それなら結果がすぐ出るもんね。よし、やってみます。それでこの場で結果発表します!
ビジョンの実現率がどのくらいのものか、ああなんか楽しくなってきちゃった!

さ〜て、どうなることやら(笑)。

a ・ m ・ a ・ r ・ l ・ i ・ e
a t e l i e r
getting to know you
 内なる声にそっと耳を傾けてみよう・・・ アマーリエへ
ようこそ

welcome to amarlie
コース一覧表
オーラソーマ
ミスティカオイル
エステ
メイクアップ
プロフィール スケジュール・予約状況
ご予約・お問い合わせ
お客様の声・感想
リンク
日記
お気に入り
ホーム