〜生まれて初めて日記つけます〜
日記のバックナンバーはこちらから
10月30日(木) にわかにざわついてきた

「論文が終わったら、映画見たり展覧会に行ったり買い物したり、できれば温泉にも行きたーい」と、夢を膨らませていたのですが、いざ論文が終わって提出を済ませ、今日仕事が休みだったのにもかかわらず、私ったらず〜っと本を読んでいました。
論文製作中さんざん本ばっか読んでて、気持ちは外に出たがっているとばかり思ってたのに、今日外に出たのは夕飯の買い物に行ったくらいで・・・天気良かったのになぁ。やっぱり根っからのインドア体質だからかなぁ。

とにかくひと息つこうと思ってたのに考えてみたら、いろんなやらなきゃいけなかったことを全部先延ばしにしてたので、そうだそうだ、そんなにのんびりしてる暇はなかったんだワ!と、あらためて気持ちを切りかえました。日本一になった次の日にもう全日本の合宿に参加してたダイエーの城島みたいに(城島に比べたら何千分の一の大変さでしょうが)。

で、ここのところ仕事もひまだったのですが(論文にのためは良かった)、夕方くらいからなにやら予約のメールが舞い込み始め・・・。
こうして論文終わったのを見計らったように予約が入る・・・。ホント、偶然とは思えないこの波動の流れというかなんというかはいつもながら不思議です。


10月29日(水) ゴール〜〜〜!!!(論文終わったの、うれちー)

今の私は来たるべきハーモニック・コンコーダンスに向けて準備が整いつつあるみたいです。
なんのこっちゃという人もいるでしょうが、それは(20日の日記参照)太陽系の6個の星が空の上で六ぼう星を形作る現象のことです。この時期は地球規模の大きな変化の波がやってくるのです。この波を魂の成長のためのチャンスにするかしないか?

私はハーモニック・コンコーダンス(あ〜キーボードを打つのがめんどくさい、略してハモコン!?)の波を上手く乗り切るために、知人に私専用のエネルギーサポート・スプレーを作ってもらって、今それを使い始めて3日目です。それがもうばっちり!!イイのです!
ほんの1週間前までむしろいろんな意味で調子が悪かったのです。・風邪引き・連日の悪夢・論文締め切り・オーラソーマの2本目のレッドなど、あと精神的にもいろんなものが迫ってきているような圧迫感があったのですが、スプレーを使い始めてから・風邪治る・悪夢からの脱却・論文終わる・レッドからミカエルへ(←分かりにくい話ですみません)・・・と良いこと尽くめなの〜。そんなこんなですっかり精神的にも落ち着いている今週の私です。

※さっきテレビで久々にスティングを見ました。カッコよさに磨きがかかってたよー。日本に来てたのね、知らなかった。最近来日公演もとんとご無沙汰で寂しいじゃないの。大好きだったので、スティングのライブは皆勤賞してたのにな〜。またライブやらないかな。この前出た新譜もイイよ〜。


10月28日(火) 夢を操作してみました

最近毎晩夢見が悪くて、朝どんよりした気分で目を覚ましていました。特にここ1週間くらいは何かから逃げる夢ばっかり見ていて、私の持っている「夢辞典」によると、逃げる夢が意味するものは自分の直面している問題から逃げていることだって書いてあったりして、そんなつもりないのに〜なんてますますヘコんじゃったりしていたのです。

なんとかしたいと考えるうちに、最近実行しているアファメーション(←25日の日記参照)を夢にも応用してみようと思いつき、夕べ寝る直前にベッドの中で「私を追いかけてきた人達はみんな私の分身だということが分かりました。だからもう怖がるのは止めます。もう怖くありません。もう逃げたりしません」みたいなことをべらべらしゃべって、今まで夢で私を追いかけてきた人達と向かい合ってる自分をイメージしてから眠りにつきました。

そしたら今朝は逃げる夢見なかったんです〜、うれしー。
今朝の夢は、おとといの夢で私を追いかけてきた女の子と、どら焼きみたいな食べ物を分け合っている夢でした(笑)。食べる夢は精神的な滋養を与えることだそうです。ということは自分で自分に滋養を与えてあげられたってことね。
良かったー。今日もアファメーションしてから寝ようっと。


10月27日(月) 競技場に戻ってきました!

もうゴール間近!(論文のことです)

話は変わって、「なりたいと思う自分には必ずなれる」って信じていますか?なぜそうかというと、自分が持っていないものは、そもそも最初から欲しいと思わないからですって。一見逆のような気がしますよね。「持ってないから欲しいんじゃないの?」って。でも違うみたい。「持ってるのに持ってることに気づいていない(もしくは気づいてても使ってない)から欲しい」と思うんですって。
確かにそう言われるとそうかもしれません。私がメイクするお客様も「松島奈々子みたいにしてください」ってリクエストする人は、必ず奈々子的な要素を持ってるもん。顔の造作のことじゃありませんよ、雰囲気というかオーラのことです。みーんな自分に似た人に憧れるの。結局みーんな自分が好きなのよ〜。

私が憧れる人物ベスト3はアイルトン・セナ、ビートたけし、山口百恵です(順不同)。
趣味がばらばらって思いますか?私には3人とも似たタイプの人にしか思えません。そして、私自身も同じ要素を持っていると思います。昔はああなりたいけど私にはとてもなれないと思ってたけど、今はなろうと思えばなれると思ってます。なるために大事なことは、憧れの人を真似するんじゃなく参考にすることだと思います。

持っている道具は同じ。あとは使いこなせるかどうかなんですよね〜、くー(苦)。


10月26日(日) 夫婦愛

今日の夕食は外食でした。だんなさんと「どこで食べようか〜」と迷った挙句、家の近所のステーキ屋さんに入りました。そこは近所なのですが、なんとなく店の外観がうす暗くて古っぽくて(ごめんなさい・・・)入る気がしなかったので、行ったことがなかったのです。

お店は、ボ〜ッとしたカンジのやる気なさそうなおじいちゃんが淡々と肉を焼き、それとは対照的にいかにもしっかりもののおばあちゃんが皿洗いから、お会計、ウエイトレスなどその他すべての作業を担当しているらしく、おじいちゃんの何倍も忙しくテキパキと動き回っていたのですが、おばあちゃんのチャキチャキした応対や明るくて優しそうな笑顔がなんともいえずステキでした。おじいちゃんも、無愛想だけど「おばあちゃんがいないと俺ナンにもできないよ」って雰囲気が伝わってきて、微笑ましかったのです。
なんといってもおふたりがとっても仲が良さそうなのが短い時間の間でも伝わってきて、こちらまでほわ〜っと幸せな気分になってしまい、あれから3時間くらい経った今でも気分が良いくらいです。

「あんな甲斐性なさそうな(笑)だんなさんでも愛してるんだな〜。だっておばあちゃん幸せそうだモンな〜、素敵だな〜」
というわけで、すっかりそのお店のファンになってしまい、また行こうと思っちゃいました。


10月25日(土) アファメーション

なにか実現したい事があるときに、その実現したい願いを、思っているだけじゃなく声に出してみるというのはすごく効果的なんだと、いろんな人から言われていたけど、最近になってようやく本当にその効果を実感し始めています。
というのも、今まではオーラソーマのポマンダーを施すときに、家でひとりでやっているとどうしてもやりながら雑念が頭をよぎってしまって、ポマンダーの繊細で微妙なエネルギーを感じ取りにくかったのです。
それである日ポマンダーを施しながら、なんとなく口から言葉がついて出てしまったのですが、これがなかなか良いのです。「今〜頭から〜グリーンの〜エネルギーが〜降り注いでいます〜」などとブツブツ言いながら施していると、その言葉のイメージがわきやすく集中できるのです。
これはイイ!と思いつき、瞑想するときにもブツブツ言葉を発しながら瞑想してみると、やはり意識を集中しやすくて瞑想自体も上手くいくのです。これはイイ!

今、ある夢をイメージしてそれを声に出して部屋でひとりでしゃべる、ということを実行しています。あたかももうひとりの自分が夢を実現している自分の様子を実況中継しているようなかんじで、しゃべりまくっています。
その夢がどんなイメージかは恥ずかしくて言えませんが、近いうちに実現したいなーと思ってることなんですよ。
まあ、私が部屋でひとりで(しかもけっこう大きな声で)しゃべりまくってるところは人にはお見せできないわ〜、さすがに。自分でも「我ながらバカみたい」って思いますモン、ふと我に返ると(笑)。

でもやってるうちに、実現できそうな気になってきちゃったんですよ、最近。具体的なイメージが沸いてきました。さて、果たして本当に実現するのでしょうか(笑)?


10月24日(金) フラメンコ

スペイン国立バレエ団の公演を観てきました。
バレエというわりには足を上げるわけではないし、ピルエットをするわけでもない、トウシューズも履いてないし。女性ダンサーはトウシューズのかわりにフラメンコシューズを履いています。そしてときには足を鳴らしたり、カスタネットを鳴らしたりします。フラメンコとバレエをミックスしたような踊りで新鮮でした。
そして男性ダンサーのカッコいいことったらもう!男性のフラメンコダンサーって例外なくカッコよく見えます!黒いぴたっとした衣装のせいでしょうか?それとも情熱に満ちたあの踊りのせいでしょうか?
昔マドリードでフラメンコのお店に行ったとき、男性のダンサーのあまりのカッコよさに見惚れてしまったのですが、終わって飲んでいたら、となりに座ったしけたオヤジがなんとさっきのカッコいい彼だったんです、もーびっくり!私も教えてもらって初めて気づいたくらい、全然オーラが違ったのよ〜。

・・・今日の公演の話に戻りますが、でもなによりも良かったのは衣装でした!具体的には衣装を含めた舞台の色彩感覚です!まるでゴヤの油絵を観ているようでした、マジな話。
ダンサー達はブラウン、グリーン、オレンジなどいろいろな色のドレスを着ているのですが、すべての色がちょっと日に褪せたような色調なので、舞台上は非常に色の統一感があるのです。ああいう色合いってスペインの強い日差しの下でこそ生まれるものなんだろうなぁ。日本人の感覚じゃないですね〜、美しい〜ステキ。

そんなわけでとても良い公演だったのですが、ひとつ不満が。私の席の横が照明か音声か分からないけどスタッフの調整席だったんです。で、公演途中あたりからスタッフどうしで(もちろんスペイン語で)ベラベラしゃべりだしてすごくうるさかった。小声じゃないんですよ、普通の声でしゃべってるんですよ、ぷんぷん!


10月23日(木) 40キロ過ぎたあたりかな?論文

あーーー、もうちょっと!もうちょっとで終わります!論文!!やってみて分かったけど、論文って書き出すまでが大変なんですね。

論文を書くためには、まずそのテーマを自分の頭の中でまとめて理解していなくては書き始めることすらできないことも分かりました。そして、資料集めで本もたくさん買って、それをまた読波するのに一苦労だし。ホント、こんなに時間がかかるとは思わなかった。でもちゃんと理解して書き始めてしまえばけっこう書けちゃうみたいです。

今日も1日パソコンに向かって論文書き。でも今日はかなりいっぱい書いたので、もう規定の枚数には達しました。このまえまで「こんなにたくさん書けるかな〜まだまだ道のりは長いな〜」と心配してたけど、なんとかなるものですね。それどころかまだまだ書きたいことがあるので、この調子で行くとかなり枚数オーバーしそうなんだもん。

よし、あと一息。今日はノッてるから今からもうちょっとやるゾー。


10月22日(水) 難関に突入

ついに友人に言われてしまいました。彼曰く私は・ストイックすぎる・今の自分の水準で将来を規定しないほうが良いのではないか・もっと人に甘えたら?だそうで、挙句の果てに「孤高の人」だって。
最初に「ついに」と書いたのは、自分でもそれらのことを自覚していたからです。もともとそういうタイプの人間ではありますが、特に最近その傾向が強くなっていることは分かっていたのです。特にきっかけがあったわけじゃないけど、少しずついろんなことが重なってだんだんそっちの方向へ行ってしまったってかんじです。
でも私のような性格の人間って自分で自分の首を絞めてるだけだから、言い訳はできません。あ、こういうとこでまた首を絞めちゃうのかな。もっと甘えていいのかな?けっこういろんな人に甘えてると思うんだけど、もっと甘えてもいいのかな?う〜ん、甘えるってなんだ?分かんなくなってきたゾ。

人のことはどうとでも言えます。問題は自分のことです。私もこの壁を越えなくては!ていうか越えたい!まずはそこから。

友人「しんどそう」。・・・そうなのよー、しんどいのよー。


10月21日(火) 学び方

例えば週1回2時間のレッスンで英会話を習うにしても、1年経ってもたいして上達しない人もいるだろうし、かなり上達する人もいるでしょう。その二人は何が違うかというといろいろ理由はあるかもしれませんが、やはり「集中力」の差ではないかと思います。
たった週2時間でも、その間は自分の意識を英語に集中するのです。だらだらと2時間その場にいるだけでは確かに上達はしないだろうな〜。
サッカ−の中田選手も昔行ってましたよ。「イタリア語を勉強するのは1日20分だけ。ただその20分はイタリア語だけに集中する」って。

オーラソーマのボトルを使うときもそれをおすすめしますよ。ボトルを塗ってるときだけはボトルの声を聞くことに意識を集中するのです。そうすれば必ず聞こえます。だってささやいてますもんボトルは、小さな声で。「今あなたはこうですよ〜」って。


10月20日(月) ハーモニック・コンコーダンス

占星術に興味ありますか?私は少しあります。詳しいわけでは全くないのですが占星術っていろいろ知ってみると、占いというよりも非常に精妙な確率の問題なんじゃないかと思います。だとすれば俄然、内容にも信憑性が出てくるというものです。

11月9日とその前後にかけて「ハーモニック・コンコーダンス」が起きます。これは太陽系の6つの惑星が、天空上で六ぼう星を形作る配置になることです。この時期には、私たちは・意識の進化・新しい始まり・ヴィジョンを地上にもたらす・・・などのことを実現するエネルギーがサポートされるそうです。

これは知人から得た膨大な情報の一部なので、その人の生まれた星座によっても特に強く影響を受ける傾向などもあるようですが、なんにせよなにか実現したいことがある人、自分をさらに磨きたい人。この波に乗っていきましょう!

※藤田恵美のソロ第二弾アルバム「Camomile blend」やっぱり良いー!なんで日本でもっと売れないんだろう。


10月18日(土) 美容室にて

私は美容室で髪を切ってもらいながら雑誌を読むのが好きです。美容室にいる約2時間の間に4〜5冊くらいは読破します。
髪を切ってもらってるときは本の上に切った髪が落ちるので本を立てて読んだり、頭を動かしちゃいけなさそうな場面でも一冊読み終わるとすぐにでも別の本を取ろうと無理やり机に手をのばしたりしてしまいます。読むのに夢中でつい下を向いてしまうみたいで、しょっちゅう美容師さんに頭をクイッと持ち上げられてしまいます(笑)。
そんなだから、話しかけてくれるタイプの美容師さんだとちょっと困ります(笑)。

今日髪を切ってきたのですが、今お世話になっている美容師さんは話しかけてくれないので、私も心ゆくまで雑誌を読めてとても心地よいです(笑)。まあその美容師さんも、話したいタイプのお客様には話しかけるんだろうけど。
こういうことを考えると私も同じような状況で仕事しているので、メイクしているときのお客様の様子をもっと見なくてはと肝に銘じてしまいます。

私の仕事場のサロンにも雑誌が置いてあるのですが、そういえば昔、タダで雑誌が読み放題だという理由で、しょっちゅう来てくれるお客様がいましたね〜(笑)。


10月17日(金) 自宅に他人を呼びたくない

オーラソーマ関係の友人の中には、自宅でコンサルテーションをしている人もけっこういます。でも私には考えられないことですね、自宅でやるっていうのは。
自宅で仕事をするっていうのもいやですが、なによりもいやなのは自宅に他人があがることです。両親や友人がくるならまだしも(ホントはそれもあんまり好きじゃない)、たとえお客様とはいえ知らない人にプライベートな部分を見られるのはいやです〜。裸にあまり抵抗のない私には、ある意味裸以上に恥ずかしいかもしれません〜いやん。
たとえ部屋を片付けていても家具の配置とかで家のカンジがでちゃうだろうし、ましてや本棚の本とかCDとか食器棚の調味料とか・・・見られて困るわけじゃないけど、なんか人に見せるものでもないような・・・。でももし生活感のないステキなおうちに住んでいたとしても・・・やっぱりいやだな〜。なんか家の空気が乱される気がするのかもしれません、うまく言えないけど。それが一番の理由ですね。
そんなだからホームパーティーなんてもってのほか!なんじゃそりゃってカンジ。我が家でホームパーティーが開かれることなんて、多分一生ありえねぇ〜。

三谷幸喜のエッセイを読んでいたら、三谷家もおんなじみたいでした、自宅に人を呼ぶのが嫌いで、実際全然人が来ないんだって。なんだかホッ。


10月16日(木) 美容室に行くために

私は美容室に行くときは必ず、して欲しい髪型の載っている雑誌の切り抜きか、良い写真が見つからなかったときは自分でイラストを描いて持っていきます。口頭で伝えることはしないな。
自分がお客様のご要望を聞いてメイクするときにも、やっぱり口頭だけよりも希望のメイクの写真などを見せてくれるほうが、分かりやすいし間違いがないです。

今日、本屋さんでTVガイドを買ってしまいました。このテの雑誌はほとんど買わないのですが・・・。表紙はミニモニです。
またしてもモー娘。の話になってしまいますが、これはホント偶然!偶然表紙のミニモニの高橋愛ちゃんの髪のウェーブが、ちょうど私がしたいと思ってるかんじのうねり具合だったんですっ!
でも後から考えたら、ミニモニの写真を見せて「この髪型にしてください」って言うの、ものすごく恥ずかしくなってきました。どうしよー、今週末美容室の予約とってあるんですよー。


10月15日(水) 原因究明

今日の夕方家に帰る途中で、急に足に力が入らなくなりフラフラしてきて、体を暖めたりほぐしたくなったので、家に帰って即効お風呂に入りました。

お風呂をあがってもまだフラついていたので、「今、私の体はどうしたいだろう?」と自分の体の声を注意して聞いてみて、軽く食べ物を胃袋に入れたくなったので少しごはんを食べました。いつもなら残さず食べてしまうのですが、今日は「もういらない」と感じたので感じたままに従って少し残しました。
次にベッドに横になり、次に漫画を読みました。体感温度に合わせて服を着たり脱いだりしました。いつもなら一度横になってしまうとめんどくさくて、多少寒かったり暑かったりしても余程我慢できなくなるまでそのままなのですが、今日は感じたらすぐ行動するようにしました・・・というか、しないと気持ち悪い感じがしたのです。きっと身体感覚に敏感になっていたんだと思います。

数日前から時々、足元がおぼつかない感じというかフラフラすることがあったのです。そして最近毎晩見る後味の悪い夢。そしてそれらが始まったのとタイミングを同じくして使い始めたオーラソーマ55番(クリア/レッド)のボトル。更に言えば今日の地震も。

これらのことの原因を55番と繋げて考えてみると、今自分に必要なことが分かってきます。もうちょっとではっきり分かりそうです。この日記を書き終わったら寝る前に瞑想してもう一度考えてみようと思います。


10月14日(火) 自分の値段

ありがたいことに、ある人からお仕事のお話をいただきました。

ひとりで仕事をしていると、仕事をひとつ受けるたびにギャラの交渉をしなくてはいけません(ギャラなんて言うと芸能人みたいだ)。
その際、向こうから金額を提示してくれる方が私としては楽なのです。何故なら、提示してくれた金額に自分が納得すれば引き受ければいいし、納得できなければ断るか交渉するかすれば良いのです。

しかし今回のお仕事は、私が金額を決めて良いと言われてしまいました。これは悩む、う〜ん。
この場合の選択肢は3つあると思います。1.今私がその仕事をしているときの金額と同じ金額を提示する2.それよりも高い金額を提示する3.それよりも低い金額を提示する。
まあ3にするつもりはありませんので、これは除外。キャリアを重ねるごとにランクダウンしてどうするってネ。で、1も除外かな〜。やっぱりランクアップしたいですもんね、仕事してるからには。故に2に決定!パチパチ・・・しかし、ここからが大変!いくらくらいランクアップしようかな・・・う〜ん、難しい。

でも自分のギャラを自分で決めるって、いろいろな面ですごく勉強になりますね。何故なら自分が自分の仕事に対して、どのくらいの自信と責任を持ってやろうとしているのかじっくり考える、良いきっかけになりましたもの。

うん、決めました。現状の20%アップってことでどうでしょう(野球選手みたいだな)。


10月13日(月) 有意義な時間の使い方

今恋人のいない友人A(37歳)が「40歳までに彼氏作ろう!」って言ってたんですよ。
別の友人B(29歳)は「3年以内に転職する!」って言ってました。

私としてはどちらにも「なんだかな〜」と思ってしまいました。自分の経験上、何か目標があってそれを実現するまでの期限を決めたときに、その期限が長いときってまず実現しないんですよね〜。だって彼氏作ったり転職したりするのに3年もかかる?どちらも本気になれば1ヶ月でできることじゃん(彼氏のほうは必ずとは言い切れませんが)。ようするに本気じゃないってことなんですよね。

私もそんな風に目標を決めて実現しなかったことは何度もあるので分かります。今やってる論文もホントは去年じゅうに終わらせる予定でしたもん(笑)。でもどうしてもやらなきゃいけないわけじゃなかったから結局やらずじまいでした。今はどうしてもやらなきゃいけない状況に自分を追い込んだのでやらざるを得ないのです。

友人A「40歳まであと3年しかないし」私「え?まだ3年もあるじゃん」A「転職もしたいけど今年中はもう無理だから春までに・・・」私「え?今年ってまだ3ヶ月もあるじゃん。3ヶ月あればいろんなことできるじゃん」A「かおりちゃんってほんとポジティブでアクティブね〜」・・・そうかな〜。私アクティブでもなんでもないよ〜。

私は別に自分の自慢をしたいわけではなくて、ホントにもったいないと思うんですよ。3年以内に彼氏作るなんて言ってたら、ぜーったい最初の2年6ヶ月はなんにもしないで終わるもん。3年以内に転職なんて言ってたら、ぜーったい最初の2年9ヶ月はなんにも考えずに終わるもん。それでその間「あーあ」なんてため息ついてるのかな〜。私だったらそんな状態いやだもん。
おーい、A。こないだも言ったけど、すべてはAしだいだと思うよ〜。がんばってよ〜。


10月12日(日) 母の死

といっても今日の夕方うたたねをしてしまったときの夢の話ですが。我が家はまだ両親とも健在です。
母が死ぬ夢はもう何度目でしょうか。父が死ぬ夢はほとんど見ないのですが。

誰かが死ぬ夢は文字通りその人の死を表していることは稀で、ほとんどの場合は自分の中にあるその人的な要素を捨てることを意味しているんだそうです。父や母の死の場合は、特に自分の中の男性性か女性性の一部を捨てる、または変化させることなんだそうです。

今日の夢では、私はどこかのホテルに滞在していて、チェックイン後そのまま暗くなるまでうたたねしてしまい、夕飯を食べに行こうと部屋を出たら隣の部屋のドアが少し開いていて、覗いてみたら部屋の真ん中に病院のベッドみたいなのがあり、そこにチューブだらけで瀕死の状態の母が寝ていたのです。驚いて「お母さん、どうしてここにいるの?」と聞いたら、母は必死で笑顔を作りながら「もう・・・少し・・・」と言いました。
・・・そこでうわーっとなって私は目を覚ましたのですが、冷や汗びっしょりかいていました。今思い返しても恐ろしい夢です。死にかけた母を見るのは(夢でも)辛い。

母の言葉の意味もよく分からないけど、その夢では他にぬいぐるみの犬が突然動き出したり、母のベッドの横にモー娘。の加護ちゃんがいたり(笑)、まあ夢ってそんなものでしょうが、やっぱりよく分からんです。


10月11日(土) 憎しみの連鎖

最近起きる不条理な事件の被害者は昔に比べて怒りや憎しみをあらわにします。「犯人を許せない」とか「謝罪しろ」とか「極刑を望む」とか。被害者の権利などもよく話題になります。被害者の気持ちを思えばそうした被害者の言動を責めることはできません。当然の感情だと思います。「犯人を許せ」なんてとても言えません。
でも、思ってしまうのです。「憎しみは憎しみしか生まない」って。

大阪の児童殺傷事件の宅間被告は社会に対して憎悪を剥き出しにしています。でももしあの事件の遺族達が宅間被告を許していたら?どうなっていたんでしょうか。彼は憎悪の対象を失うことになります。彼の人生を支えていた(おそらく)唯一の柱(=憎悪)が無くなったら、今のような憎悪の塊の人間ではいられなくなるのではないかと思うのですが・・・。

23年前に、あるダムで男性の水死体があがるという事件がありました。不審な点はあるものの警察は死因を自殺と断定して、事件は解決したように見えました。ところが最近になって別件で逮捕されて服役中だった男が、23年前の事件は自分が殺したと自供したため(すでに時効)、息子を殺された母親が犯人に面会しに行ったそうです。
母親は笑顔で「私はなぜ息子が死んだのかが知りたかっただけなのです。だから本当のことを話してくれてありがとう」と言ったそうです。そうしたら最初はふてくされたような態度だった犯人が最後は「本当に申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げて謝ったそうです。
母親は記者会見でこうも言っていました。「犯人を憎んだところで息子が帰ってくるわけではない。それよりも犯人が二度とこのようなことをしない人になってきちんと生きていって欲しい」

「憎めば憎むほど相手は脅威となる。ただ許すことができれば相手は消えてゆく」


10月10日(金) ハトムギ茶

今、家の冷蔵庫にはハトムギ茶が常備されています。ティーバッグを煮出して作り置きしているのです。
でも以前飲んでいたときほど体調が変化しなくてがっかりしていたのですが、最近論文のおかげで家にいる時間が長いので、ハトムギ茶を飲む量も自然と増えていて(そうはいってもせいぜい1日500mlくらいだと思うけど)、そうしたら最近トイレ(小のほう)が近いのなんの!2時間に1回は行っています。普段、1日せいぜい3回行けば良いほうな私が一体どうしちゃったの!?ってくらいの勢いです。
前にハトムギ茶を飲んでたときもそうだったので、やっぱりハトムギ茶の利尿作用ってホンモノなんだということが実証されちゃいましたね。
まったく動いてないから太り気味だったのに、ハトムギ茶を飲み始めてから、生活は変わらないものの少し体重は戻ってきたし、そういえば便秘もあんまりしてないかも。なんだか体の中がキレイになってゆく感じがして良いです〜。
ということは、やっぱりある程度の量を飲まないと効き目はないのね、当たり前か。

美白作用や抗酸化作用もあって美容にもとても良いとされるハトムギ茶ですが、お味もグー。麦茶みたいで美味しいです。おすすめですよ。


10月9日(木) お気に入りのコスメ探し

昨日の話ですが、コスメやエステ関係の展示会に行ってきました。

業者関係の人が集まる展示会だったので、どのブースでも商品のサンプルやらパンフレットやら配りまくりで、私ももらいまくりです。しばらくはこれでお手入れもまかなえそうだワ。
100くらいのブースが出ていたけど、このテの展示会では小規模なほうだと思いました。健康飲料とか飲みすぎるくらい試してしまったので、もしなにか効果が感じられてもどの商品に効果があったのか分かんないな、これじゃ。

それにしても聞いたことないメーカーや商品が日本だけでもこんなにあるんだな〜と実感。これではどんなコスメおたくの人でも、すべてを使ったり知っていたりするのは不可能です、絶対。だからどの化粧品が自分に合ってるかなんて、ホントのところは分からないんですよね。今使ってる化粧品が自分に合ってたとしても、もしかしてもっと良いのがあるかも・・・とつい考えてしまうものだと思いますが、それだとキリがなくなります。

私もそうして一番合う化粧品を探してさすらっていた時代もあります。
今使っている化粧品に出会って早10年近いお付き合い。そして変えるつもりも特にありません。
自分に合っていたからというのはもちろんですが、なんだろう・・・タイミングなのかな〜、これに落ち着こうという気に自然になったのです。効果があっただけでなく、飽きが来なかったし、これでいいかな〜という気になったのでした。なんか結婚の話みたいですね。


10月8日(水) 夢診断

私の場合は、毎晩夢を見る時期と全然見ない時期が周期的にやってきます。今年になってからはあんまり夢を見ていなかったのですが、ここ1週間くらいまた毎晩見るようになっています。
おとといの夢は、沸騰したやかんの火を慌てて消すというもので、夕べはピストルでバンバン撃たれる夢でした(でも当たらないんだけど)。
私は夢辞典を持ってるので見た夢は必ず意味を調べます。ちなみにやかんが沸騰してる夢は「度を越したマイナスエネルギー」「怒り」「バランスをくずす」を意味するのだそうです。・・・・・。そして撃たれる夢は「自分の側面を傷つけたり殺すこと」「エネルギーを失うこと」だそうです。サイアクだ・・・。

そういえば最近自分のオーラソーマでも2本目にレッドばっかり選んでるし、この夢の結果と大いに重なるところありです〜。身に覚えもあるけど、ここまでキテるとは自覚してなかったな〜。もう一度自分の中をどぶさらいしてみよう、ストレスにならないうちに。

でもでも、先週の土曜日にモー娘。のライブに行った日の夢は、モー娘。のメンバーと一緒にどっかの山にハイキングに行く夢だったのよ(恥)。


10月6日(月) 食事

今日は家から一歩も出ず論文を書いていました。そんな私が今日食べたものは・・・。

食パン(黒胡麻バターを塗って)2枚、焼き芋プリン、ポッキー、もろみ酢1杯、紅茶と水・・・以上。

昨日の日記の舌の根も乾かぬうちにこれだもの。いくら動いてなくてお腹すかなかったとはいえ、いくら家にロクな食料がないとはいえ、これじゃ酷すぎる。激しく自己嫌悪。反省します。


10月5日(日) 下町のイスキア

毎日外食やレトルト料理が続くと心がすさみます。大学時代、一人暮らしでそんな生活が続いたときにそれを実感しました。だからやっぱり毎日の食事は大切なんです。

家の近所に、大好きな行きつけの食堂があります。
平日の昼間はご主人がパスタ屋さんを営業しているのですが、同じ場所で奥さんのほうが日曜日だけ営業している食堂が大好きで大好きで、仕事さえなければ毎週通っています。
平日のパスタとは違って、日曜日はカレーやオムレツの定番メニューと日替わりの定食、トーストやケーキセット、おにぎりセットなどメニューも豊富。私はいつも日替わり定食(メイン・付け合せ・サラダ・味噌汁・ごはん)と自家製パンを単品で、あとデザートと飲み物というフルコースをいただきます。ちなみに今日の日替わりメインは「日向鳥のトマト煮」でした。

毎週通いつめる理由は、安いし、近所だから便利だし、ごはんと味噌汁って日頃外食がちな私にはうれしいメニューだし、奥さんは楽しい人だしなどいろいろあるものの、一番の理由はやはり「美味しいから」です。
料理の味が美味しいお店は他にもたくさんあると思うんだけど、そのお店の場合は小さいお店のせいか、なんというか「私に作ってくれている」感がうれしいのです。なんといってもお母さんの手料理が一番!みたいな感覚です。愛情のこもったお料理。ひとつひとつのお料理をていねいに作ってくれてるのが伝わってくるのです。私はそこのお料理を食べると本当にシアワセな気持ちになれるのです〜。食べ終わった後は気持ちがゆったりスローになっててしばらく動きたくなくなります(食べ過ぎるせいもあるけど)。

また佐藤初女さんを思い出してしまいました。初女さんの「森のイスキア」でおにぎりを食べて自殺をとどまった人の気持ちが分かる気がします。私も毎週「門前仲町のイスキア」で癒されてるんです〜。


10月4日(土) モーニング娘。

やばい、やばいですー。

今日、モーニング娘。のライブに行ってきました。私はモーオタですが(カミングアウト)ライブに行くのは初めてで、アイドルのライブだから「質」にはまったく期待してなかったのですが、これが予想以上に面白かったんです!
歌の合間にはコント?やゲームのコーナーがあって、こちらはかなりお寒い内容だったのですが、やっぱり歌は良い!ダンスもみんなテレビで見るよりも上手だし、あの大人数で踊られるとやたら迫力モノで、特に「ザ・ピ〜ス」「恋レボ」あたりでは、もうみんなノリノリで歌い踊ってました!もちろん私も踊りましたよー、モー娘。の曲けっこう踊れるんだ〜、えへ。←誰も羨ましがらない自慢
それになんといってもみんなカワユイのですぅ〜。私と友人もすっかり気分は男となって、「なっちぃ〜」「みきていカワイイー」と絶叫。

私の女の子アイドル好きは自分が10代の頃からです。おにゃんこクラブや森高千里も大好きで、同じくアイドルオタクな兄といつも新曲批評とかしてました(笑)。
カワイイ女の子が一生懸命頑張ってるとこ見ると、ホント応援したくなっちゃうんですよ〜。野郎が頑張っててもまったく興味ないんですがね〜。だからジャニーズには興味なし。なんでこんなに女好きなのかしら。


10月3日(金) 金木犀

漢字で変換するとこうなるんですね、キンモクセイ。綺麗な字ですね。

ここ数日、街のあちこちからキンモクセイの良い香りがしますね。私はキンモクセイの香りが大好きです。ちょっとずつ寒くなってくる今頃の季節が一年で一番好きだからかもしれません。
キンモクセイの香りは私をとてもセンチな気分にさせます。そしてそんな気分に浸っているひとときが大好きなのです。

キンモクセイが咲いている時期はとても短いので余計にじっくりと味わいたいのかもしれません。
昨日近所のマンションの庭に咲いていたキンモクセイを、申し訳ないのだけど一枝だけ拝借してきて、お皿に水をはって枕元に置きました。ほんのり香ってとっても安らかな気持ちになれました。これってなにげにアロマテラピー効果!?なんて思いながら。
ほんでもって、そういうことをしてる自分に酔ったりもするんですよね(笑)。「気持ちに余裕のある女」とか「身近なものでセンス良くコーディネート」とか、雑誌に載ってそうなコピーが頭をよぎる・・・。

あーホントにバカ。シアワセモノだわ、私。


10月2日(木) 反省

今、昨日の日記を読み返してみて、な〜んか私つっぱってるなーって思いました。
愛や天使や癒しとかが心地よい言葉じゃないなんて、本気で思ってないくせに。本当はそういうものと深く関わりながら生きていきたいと思ってるくせに。なんだか自分に素直になれてないみたい。

この間までは天使に好かれてると思っていたのですが、最近天使さんのことすっかり忘れていたせいか、天使は私のことなんか好きじゃないんだわみたいに思ってしまってすねてるのかもしれません、なんのこっちゃ。
天使とコンタクトをとる友人の話なんか聞いちゃったからかな〜。ひがんでるのかな〜いやだな〜我ながらこんな自分が。

こういうひがみっぽいところは自分の中の嫌いな側面なのですが、最近こんなときは「ならば私はどうしたいの?」と自問自答します。「あなた(=私)が○○に対してそう思ってるのは分かった。で、今あなたはどうしたいの?」と自分に尋ねると、けっこう答えが見えてくるんですよ。
そしてこのポイントは声に出して言うことです。やってる自分がバカみたいだけど、でも声に出したほうが絶対良いです!自分の中にちゃんと入ってくるカンジ。

あ、でも、俗な世界に染まっていたいのはホントに事実です。俗に染まりきりたくはないけど、今はそっち側の世界にいるほうが楽しいな。しつこいようですが、佐藤初女さんが言うように「生活そのものが祈り」に思える瞬間をときどき発見するもので、最近。
それにそもそも愛だ天使だ癒しだなんだっていっても、現実に応用して生かしていかなきゃ意味ないじゃーんってね。前から思ってたけど、最近ますます現実を大事にするようになりました。こんな自分は好きなところです(笑)。


10月1日(水) 聖と俗

愛とか天使とか癒しとか、最近あまり心地よい言葉じゃなくなっています。もちろんそれらを否定しているわけじゃありません。私は昔から、人間同士が愛によって争いのない平和な世界を築くことができると信じている、ユートピアを夢見ている人間です。天使もいると信じてます。それは変わりません。
でも最近の私は、ユートピアよりも俗っぽい世界が好きになってきました。関心が高いといったほうが近いかもしれませんが。

そんなこと考えなくたって誰だっていやでも俗世間に生きてるんだからって言われそうですが、それはもちろんそうなんですが、私が自ら俗な世界に浸かっていたい心境になったのは初めてかもしれないんです。いままでは理想と現実のギャップにいつも苦しんでいたので、今のこの心境になっている自分は昔の自分からは考えられない状態なのです。
聖なる世界に住みたいとも思わない、けど俗な世界に染まりきりたくもない。できるなら両方の世界に足を突っ込んでいたい。どっちつかずの曖昧な状態でいたい。白黒はっきりつけたくない、白であり黒でもありさらにいえば灰色でもありたいのです。

量子論では、電子は粒子であり同時に波動でもあるのです。相反する要素が混在している事実。矛盾です、難解です。でもそれが世界なんだそうです。

佐藤初女さんも言っていたではないですか、生活そのものが祈りだって。それこそ私が目指している生き方なんですよ〜。

a ・ m ・ a ・ r ・ l ・ i ・ e
a t e l i e r
getting to know you
 内なる声にそっと耳を傾けてみよう・・・ アマーリエへ
ようこそ

welcome to amarlie
コース一覧表
オーラソーマ
ミスティカオイル
エステ
メイクアップ
プロフィール スケジュール・予約状況
ご予約・お問い合わせ
お客様の声・感想
リンク
日記
お気に入り
ホーム